準決勝: 山口 聡史(愛知) vs.
梅原 啓(大阪)

Posted in Event Coverage on June 22, 2012

By Wizards of the Coast

 ジャンドの山口と、青単フェアリーの梅原。

 山口は準々決勝で、《出産の殻》デッキを破ってきた。そのドローは力強く、勢いに乗っている。
 梅原もまた、相性の悪いはずの親和との対決を制してきた。フェアリーのブン回りは相手に何もさせない力がある。一度マウントポジションを取ってしまえばフェアリーほど強いデッキもそうは居ない。

 どちらが勝ってもおかしくないこの戦い、それぞれ使い込んできたであろうデッキを手に、決勝への切符を争う。

ゲーム1

 1位通過の山口はもちろん先手を選択。7枚には土地が無いため即マリガン。6枚の手札は《タルモゴイフ》2枚、《ヴェールのリリアナ》、《血編み髪のエルフ》とあるが、土地から緑マナが出ない。

 一方梅原は《呪文づまりのスプライト》《ヴェンディリオン三人衆》《霧縛りの徒党》《謎めいた命令》、そして土地が3枚という強力な手札だ。

 緑マナのなかった山口だが、2ターン目にはしっかり《銅線の地溝》を引いた。やはり勢いに乗っている。《タルモゴイフ》を展開し、さらに3ターン目の《ヴェールのリリアナ》から[+1]能力の起動まで梅原は何もできない。それぞれが《タルモゴイフ》《ヴェンディリオン三人衆》を捨て、梅原はターンエンドに《呪文づまりのスプライト》。これが申し訳程度に《ヴェールのリリアナ》を攻撃し、3マナを立てたままターンを終了。先ほど《ヴェンディリオン三人衆》を捨てたことを考えれば、何かを構えているのは明らかだ。

SF_umehara_VS_yamaguchi.jpg

 何を構えられているのか? 確認のため山口は《思考囲い》。ここに《ヴェンディリオン三人衆》が合わせられ、《血編み髪のエルフ》と《樹上の村》が公開される。この手札をそのままとした梅原は、空からのクロックで勝利する構えだ。

 山口の《思考囲い》に戻って、梅原の《霧縛りの徒党》《謎めいた命令》《呪文嵌め》の中から《霧縛りの徒党》を奪っていく。

 《ヴェールのリリアナ》の[-2]能力が使用され、梅原の《呪文づまりのスプライト》が生け贄に。現在2/3の《タルモゴイフ》は《ヴェンディリオン三人衆》との相打ちを嫌い攻撃しなかった。  《ヴェールのリリアナ》は《ヴェンディリオン三人衆》の攻撃により破壊され、梅原は4マナを構えてターンを終了する。

 山口としては《謎めいた命令》が見えているところに《血編み髪のエルフ》をプレイするのは嫌なのだろう、《樹上の村》と《タルモゴイフ》で6点のダメージを与える。そして梅原のアップキープに《ヴェンディリオン三人衆》へ《稲妻》を打ち込んだ。

 思うようにクロックを展開できなかった梅原、こうなってくると残した《血編み髪のエルフ》が辛い。ここから《台所の嫌がらせ屋》がめくられ、《台所の嫌がらせ屋》こそ《謎めいた命令》により打ち消し、さらに《タルモゴイフ》も手札に戻すが、《血編み髪のエルフ》によるダメージは通ってしまう。

 次の《血編み髪のエルフ》と《樹上の村》の攻撃には《ヴェンディリオン三人衆》を合わせて自分の手札整理を図るも、さらに《樹上の村》が追加され、結局梅原は最後までこれを止めることができなかった。

山口 1-0 梅原

 《不忠の糸》などを追加した梅原と《最後のトロール、スラーン》や《暗黒破》といったカードを追加した山口。

 それぞれが相手に干渉するカードや、干渉を無視できるカードを追加していく。

ゲーム2

山口 聡史

 梅原は《呪文づまりのスプライト》《不忠の糸》《霧縛りの徒党》と土地4枚をキープ。
 山口は《終止》と《血編み髪のエルフ》2枚と土地4枚をキープ。

 ゲームは静かに立ち上がり、お互い土地を並べていく。3ターン目の終わりに梅原が《ウーナの末裔》をプレイするが、アンタップする前に《終止》が飛ぶ。

 山口は相手がマナを構えているうちは《血編み髪のエルフ》をプレイしない。必然的にお互い土地を並べ合う展開となるが、《》ばかり6枚並べた梅原に対して、《樹上の村》2枚を含む土地を展開した山口。《樹上の村》が攻撃を開始し、梅原も《呪文づまりのスプライト》を展開。

 さらに梅原は自身のメインフェイズに《呪文滑り》。これを通してしまうと《霧縛りの徒党》に安全に着地されてしまうため、《呪文づまりのスプライト》に《稲妻》を打たざるを得ない。

 返しの山口のターン、温存していた《血編み髪のエルフ》をプレイ。そしてそこから導かれるのは、たった今対象ができた《古えの遺恨》。これには思わず梅原も苦笑。

 とりあえずクロックを作らせまいと、エルフ本体は《謎めいた命令》でカウンター+ドローする梅原。それを確認したうえで山口は《樹上の村》で攻撃を加える。

 結局盤面は変わらず静かになったが、《樹上の村》のぶん山口有利か。

 梅原もこれを止めるべく、改めて《呪文滑り》を追加する。当然墓地から《古えの遺恨》が飛ぶが、これに合わせて《ヴェンディリオン三人衆》をプレイ。公開された《終止》《血編み髪のエルフ》といった手札から《血編み髪のエルフ》を下に送り、そのうえで《呪文嵌め》で《古えの遺恨》を打ち消した。見えている《終止》は《呪文滑り》に移し替えられ、《ヴェンディリオン三人衆》は場に残ることになった。

 ついにクロックを展開されてしまった山口、しかしなんと《ヴェンディリオン三人衆》で引いていたカードが《タルモゴイフ》! 現在4/5、強烈なクロックを展開することになった!

 …が、そのクロックは梅原の《不忠の糸》で瓦解する。山口は《血編み髪のエルフ》で解答を求めてみるも、そこから出てきたのは《コジレックの審問》。盤面の解答にならないばかりか、見えたのは《霧縛りの徒党》という絶望。

 アップキープに《霧縛りの徒党》、さらに《謎めいた命令》がプレイされると、山口の残り9点のライフはぴったり削りきられてしまうのだった。

山口 1-1 梅原

ゲーム3

梅原 啓

 山口は7枚をマリガンし、土地が3枚と《思考囲い》《古えの遺恨》《最後のトロール、スラーン》という手札をキープ。ただし、緑マナが無い。順調に《最後のトロール、スラーン》がプレイできるかが勝負になるだろう。

 梅原は《呪文づまりのスプライト》と《マナ漏出》、そして《フェアリーの集会場》を含む土地5枚の、少々不安な手札をキープした。

 早速飛ぶ《思考囲い》が、《マナ漏出》を叩き落す。これで梅原に残された呪文は《呪文づまりのスプライト》だけだ。

 しかし緑マナを引けず《原基の印章》を引くなど、なんだかちぐはぐな山口。梅原、まずは少しでもクロックを用意するために《呪文づまりのスプライト》を。

 緑マナこそ引けないものの、今引いてきた《闇の腹心》を展開した山口。梅原はこれを通したうえでなんと《ヴェンディリオン三人衆》!先ほどまで持っていなかった強烈なクロックに山口の顔も厳しいものになる。《原基の印章》《終止》《最後のトロール、スラーン》《古えの遺恨》を確認したうえで、《終止》を下に送る。

 これだけでも辛い山口のアップキープ、梅原はなんとここで《霧縛りの徒党》!

 見えていなかった強烈なカードを連打された山口、せめてもの抵抗にと《コジレックの審問》から仕掛けに行くが、そこに合わせて出てくるのはこれまた見ていない《ウーナの末裔》。除去を引けてない山口は、《思考囲い》という名の自分への《ショック》を呪いながらただ握手を求めることしかできなかった。

山口 1-2 梅原

 梅原 啓、決勝進出!


By Masami Kaneko

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All