準決勝: 森 勝洋(東京) vs. 鍛冶 友浩(埼玉)

Posted in Event Coverage on December 4, 2005

By Yusuke Osaka

準決勝に臨む森 勝洋(東京)

今期エクステンデットで、セプターチャントの原型を鍛冶 友浩斉藤 友晴が作り、森 勝洋がそれを昇華させ、完成させた。スタンダードやリミテッドを一緒に調整する間柄でもあり、森 勝洋と鍛冶は友達である。

しかし、プロマジックとして同じレベルで戦う、森と鍛冶は、お互いには負けたくないという考えを持っている。この試合に勝つと来期にプロプレイヤーズクラブでレベル6になり、ツアーに参加するだけで多額の報奨金が貰える鍛冶。今回優勝すると森勝洋もレベル6になる。来年度の報奨金の額が倍近くになると、より集中して練習に取り組むことができるようになる。この試合にかかっているものは大きい。

しかも今回の世界選手権で1日目、2日目、3日目と森、鍛冶が直接対戦し、対戦成績は1勝1敗1分けと完全に拮抗した戦績だ。今年度において、二人のどちらが強かったのかは、この試合で決まるという事だ。

そんなライバルの二人が大舞台でぶつかりあう。

友人の二人は、なごやかに会話をしながらデュエルを始める。

Game 1

ダイスロールで森が先攻を取る。陽気にレイザーラモンHGの「セイセイセイ」を真似しながらキープする森。テレビ中継される為、放送の都合で待機している時の会話。

 「ハンド強いし」

鍛冶 「負けないし」

 「燃えろ俺のコスモ!!」

などと意味のわからないやりとりもあったが、試合は始まった。

森の手札は《寺院の庭/Temple Garden》、《セレズニアの聖域/Selesnya Sanctuary》、《ウッド・エルフ/Wood Elves》、《制圧の輝き/Glare of Subdual》、《明けの星、陽星/Yosei, the Morning Star》、《北の樹の木霊/Kodama of the North Tree》、《夜明けの集会/Congregation at Dawn》といった内容。順調に周りそうではあるが、特別強いハンドではない。

勢いにノってる森は《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》を引き1ターン目に出す。

鍛冶は1ターン目に《ラノワールのエルフ》をキャストし、続いて《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》も展開する。森は《ウッド・エルフ》から《真髄の針/Pithing Needle》で《梅澤の十手》を指定。

鍛冶は4マナを立たせてターン終了。続くターンに森は《北の樹の木霊/Kodama of the North Tree》を出し、エンドステップに鍛冶が《真髄の針》に《火花の結実/Seed Spark》をキャストし、トークンを2体出す。

鍛冶も《北の樹の木霊》を出して対消滅。森は《制圧の輝き/Glare of Subdual》と《ラノワールのエルフ》をキャストし、《梅澤の十手》を牽制する。鍛冶のアップキープに《ラノワールのエルフ》をタップして鍛冶に6マナを出させないようにする。鍛冶は《ロクソドンの教主/Loxodon Hierarch》を追加。

Yosei, the Morning Star

森は《明けの星、陽星/Yosei, the Morning Star》をキャスト。鍛冶はトークンに《梅澤の十手》をつけて攻撃を試みるが、《制圧の輝き》によって《梅澤の十手》つきのトークンはタップされる。森のクリーチャーがすべてタップ状態になったのを見計らって、《ロクソドンの教主》とトークンで攻撃を加え、土地や細かいアタックからダメージを食らっていた森のライフは9。更に鍛冶は《真髄の針》で《制圧の輝き》を指定し、《梅澤の十手》を有効活用しようとする。

森の《明けの星、陽星》が攻撃し、鍛冶のライフは16。森は嵐を場に出す。鍛冶は《ロクソドンの教主》に《梅澤の十手》を装備し、1体でアタック。森は《ウッド・エルフ》でチャンプブロック。戦闘後に鍛冶は《梅澤の十手tte》をトークンに移し変える。

森は《梅澤の十手》を出して対消滅を狙うが、カウンターが乗った鍛冶の《梅澤の十手》が《ラノワールのエルフ》を除去し、トークンに+2修正を与え、《空を引き裂くもの、閼螺示》の攻撃を牽制する。

森は《北の樹の木霊》を展開し、次のターンに《明けの星、陽星/Yosei, the Morning Star》までも展開し、攻撃を加えた。ドロー、《明けの星、陽星》キャスト、《空を引き裂くもの、閼螺示》と《北の樹の木霊》でアタックというターンだったのだが、森の素早く行動し、約1秒でこのターンを終えた。

次のドローを見て、鍛冶は投了。

森 1-0 鍛冶

手札に《明けの星、陽星/Yosei, the Morning Star》を持っていた鍛冶だが、二つ目の白マナが出せずに苦しんでいた。

Greater Good

森サイドボード:

+2《よりよい品物/Greater Good
+2《帰化/Naturalize
+1《種子生まれの詩神/Seedborn Muse
+1《神の怒り/Wrath of God
+1《木霊の手の内/Kodama's Reach
+2《明けの星、陽星/Yosei, the Morning Star

-3《真髄の針/Pithing Needle
-3《制圧の輝き/Glare of Subdual
-1《北の樹の木霊/Kodama of the North Tree
-1《ロクソドンの教主/Loxodon Hierarch
-1《空を引き裂くもの、閼螺示/Arashi, the Sky Asunder

鍛冶サイドボード:

+3《木彫りの女人像/Carven Caryatid
+1《種子生まれの詩神/Seedborn Muse
+2《明けの星、陽星/Yosei, the Morning Star
+2《帰化/Naturalize
+2《よりよい品物/Greater Good

-3《真髄の針/Pithing Needle
-1《梅澤の十手/Umezawa's Jitte
-2《空を引き裂くもの、閼螺示/Arashi, the Sky Asunder
-4《ロクソドンの教主/Loxodon Hierarch

Game 2

先攻鍛冶。

森は《森/Forest》3枚、《寺院の庭/Temple Garden》、《セレズニアのギルド魔道士/Selesnya Guildmage》、《明けの星、陽星/Yosei, the Morning Star》、《空を引き裂くもの、閼螺示/Arashi, the Sky Asunder》という手札で悩んだ後にマリガン。同キャラ対戦でマナ加速できないとすぐに《明けの星、陽星》でハメられてしまうので、このマリガンはしょうがない。

マリガン後の初手は《セレズニアのギルド魔道士》2枚、《火花の結実/Seed Spark》、《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》2枚と《セレズニアの聖域/Selesnya Sanctuary》という土地が1枚の初手だが、後手で土地を引ければ、通常の展開ができるため、森はキープを宣言。

森は後手1ターン目に土地を置かずにエンド。2ターン目に土地を引き込む事に成功するが、鍛冶は《セレズニアのギルド魔道士》、《北の樹の木霊》《明けの星、陽星》と展開するのを見て、一旦は《神の怒り/Wrath of God》で流したが、更に後続をキャストされ、森は投了した。

森 1-1 鍛冶

ここで撮影の都合上、待たされるが、森はトイレに行く。

 「ここでトイレに行けるのがプロだよ」

準決勝で戦う鍛冶 友浩

Game 3

先攻は森。

森はマリガン1回。

鍛冶が2回目のマリガンをした後にモリカツは筆者に対し「おまえ今、『鍛冶は2回のマリガンをした』って書いただろ?」と筆者に話しかけてきた。

鍛冶は2回のマリガンをした。

1ターン目に互いに《都市の樹、ヴィトゥ=ガジー/Vitu-Ghazi, the City-Tree》を出し合う展開で不安を感じるが、森は2ターン目に《セレズニアの聖域》を置く。対する鍛冶は《都市の樹、ヴィトゥ=ガジー》一枚で止まってしまった。

森が《ウッド・エルフ》、《空を引き裂くもの、閼螺示》、《明けの星、陽星》と展開すると、少し遅れて土地を引いた鍛冶はカードを片付け始めた。

森 2-1 鍛冶

鍛冶は日本選手権からスタンダード公認大会で14連勝中らしい。ここで負けるとその記録が破られてしまう。

Game 4

先攻の森は《平地/Plains》、《寺院の庭/Temple Garden》、《セレズニアのギルド魔道士》2枚、《ウッド・エルフ》、《明けの星、陽星》、《ラノワールのエルフ》という絶好の手札を喜んでキープ。

初手から決まっていたように、《ラノワールのエルフ》、《ウッド・エルフ》、《セレズニアのギルド魔道士》2体と流れるように展開し、最速で《明けの星、陽星》までもが出てきそうだったのだが、鍛冶の《制圧の輝き》に《ラノワールのエルフ》をタップされてしまい、森は《空を引き裂くもの、閼螺示》を出すのみとなった。

返しで先に鍛冶が《明けの星、陽星》を出し、森が《明けの星、陽星》で返して何もしない互いのターンが一回ずつ。

森と鍛冶

鍛冶は《よりよい品物/Greater Good》を出すのみでエンドし、鍛冶にフルアタックをしかけ、鍛冶のライフを8にする。更に《明けの星、陽星》と《ラノワールのエルフ》を追加し、場には《セレズニアのギルド魔道士》2体と《ラノワールのエルフ》2体、《明けの星、陽星》、《空を引き裂くもの、閼螺示》で鍛冶のライフは9。鍛冶は《制圧の輝きl》と《ラノワールのエルフes》をコントロールするのみ。

森のエンドステップに鍛冶は《夜明けの集会/Congregation at Dawn》を打ってライブラリーをじっくり見ながら考えるが、何をどうしても次のターンに死んでしまうため、ライバルの森を祝福するために右手を差し出した。

森 3-1 鍛冶

森は試合前に「鍛冶君には3-1で勝つよ」と言っていたのを思いだした。

決勝のKarstenには3-2で勝つと言っているので、その言葉が現実になると信じよう。

森、決勝進出!

Katsuhiro Mori

Download Arena Decklist

Tomohiro Kaji

Download Arena Decklist

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All