準決勝: 石田格 vs 森田雅彦

Posted in Event Coverage on August 25, 2002

By 平林和哉

決勝前に対峙する優勝候補グランプリ神戸に続いての優勝を狙う石田は白青 Quiet Screech。

幾度となく個人戦タイトルの欲しい森田は Budde 型:《灰毛の定め/Grizzly Fate》中心のフラッシュバック青緑。

Game 1

初手に《平地/Plains》しか無かった石田がやむを得ずマリガン後、 2 ターン目の《巡視犬/Patrol Hound》での幕開けとなる。

森田が《熊人間/Werebear》《野生の雑種犬/Wild Mongrel》《触媒石/Catalyst Stone》と並べていくのだが、《聖餐式/Divine Sacrament》ぐらいしか手札に無い石田は 4 ターン目に早くも X = 3 の《打開/Breakthrough》。

これによって《栄光/Glory》《綿密な分析/Deep Analysis》を墓地に送り込む。

《綿密な分析/Deep Analysis》フラッシュバックから《不屈の部族/Tireless Tribe》《巡視犬/Patrol Hound》とじわじわ戦線を拡大していく石田を前にして、森田は《被覆/Envelop》《灰毛の定め/Grizzly Fate》(墓地は 1 回の《入念な研究/Careful Study》で 3 枚のみ)《一瞬の平和/Moment's Peace》という手札でせっかくの《野生の雑種犬/Wild Mongrel》が攻めあぐねる手格好に。

待っていては《一瞬の平和/Moment's Peace》があるといっても《聖餐式/Divine Sacrament》《栄光/Glory》で押し切られる可能性が高いのだが、 石田が手札から放った 2 回目の《綿密な分析/Deep Analysis》から増えていくクリーチャー群を前に動けない森田。

致命傷になる《物静かな思索/Quiet Speculation》は《被覆/Envelop》したものの、土地を並べ続けていた石田が《栄光/Glory》の複数起動を構えてついに動く。

《巡視犬/Patrol Hound》 2 体による突進、さんざん悩んだ末に《野生の雑種犬/Wild Mongrel》でブロックするが《栄光/Glory》によって手札を消耗させられてしまう。

これは別の意味で見れば《灰毛の定め/Grizzly Fate》のスレッショルドに近づいたということだ。
だがいくら熊トークンを量産しようとも《栄光/Glory》があれば無意味に等しく、やむを得ずターンを返した森田の前に現れたのは《金切るときの声/Battle Screech》から導かれる鳥トークン。

Battle Screech
その鳥トークンたちを前にして 2 回の《留意/Mental Note》でも《不可思議/Wonder》を得られなかった森田は追い詰められていく。

必死に打開策を求める森田は《留意/Mental Note》の過程で得た《綿密な分析/Deep Analysis》をフラッシュバックするが、すでにクリーチャーの絶対的な物量が違い過ぎている。

《一瞬の平和/Moment's Peace》しながら熊トークンを量産してチャンスを狙うが、メインデッキに 1 枚きりの《一瞬の平和/Moment's Peace》を使い切った森田に物量差を逆転する術は残されていなかった。

石田 1-0 森田

Game 2

Sideboarding

石田
Out
4 《聖餐式/Divine Sacrament》
2 《綿密な分析/Deep Analysis》
3 《巡視犬/Patrol Hound》
In
2 《虹色の断片/Prismatic Strands》
2 《カーターの怒り/Kirtar's Wrath》
1 《司令官イーシャ/Commander Eesha》
4 《被覆/Envelop》

森田
Out
1 《留意/Mental Note》
3 《被覆/Envelop》
2 《ワームの咆哮/Roar of the Wurm》
In
1 《現実の修正/Alter Reality》
2 《激動/Upheaval》
2 《一瞬の平和/Moment's Peace》
1 《吠えたける強風/Howling Gale》

東の石田格 森田がマリガンから《留意/Mental Note》から 2 体の《熊人間/Werebear》スタート。
対する石田は 2 体の《不屈の部族/Tireless Tribe》と芳しくない切り出しになった。

森田《入念な研究/Careful Study》から《物静かな思索/Quiet Speculation》-《綿密な分析/Deep Analysis》《吠えたける強風/Howling Gale》《ワームの咆哮/Roar of the Wurm》によって《熊人間/Werebear》がスレッショルドを達成する。

だが石田はそれに《司令官イーシャ/Commander Eesha》で応える。

その防御網を何とか突破しようと森田が《灰毛の定め/Grizzly Fate》、加えて《触媒石/Catalyst Stone》から《綿密な分析/Deep Analysis》とライブラリーを掘り進み、さらに《留意/Mental Note》で《灰毛の定め/Grizzly Fate》を墓地に落としつつ保険となる《一瞬の平和/Moment's Peace》を手にしたのは対照的に、石田は《吠えたける強風/Howling Gale》のために《金切るときの声/Battle Screech》が生きてこない。

Grizzly Fate
ただ悪くなっていく状況を待つだけの石田。
墓地に《栄光/Glory》まで加わり容易には突破できない石田の防御網を破るために《灰毛の定め/Grizzly Fate》をフラッシュバックして突撃に備える森田。

だがもとよりクリーチャーの数で負けている石田は《栄光/Glory》があっても熊トークンたちを支えきることができない。

《吠えたける強風/Howling Gale》も森田の墓地に控えている。
その上《カーターの怒り/Kirtar's Wrath》には 1 マナ足りない・・・・

石田 1-1 森田

Game 3

《物静かな思索/Quiet Speculation》があるが青マナが無い手札をキープした石田。
森田は《島/Island》しか無いが《留意/Mental Note》《野生の雑種犬/Wild Mongrel》 2 体に《灰毛の定め/Grizzly Fate》を悩んだ末にマリガンしないことにする。

西の森田雅彦 森田は 2 ターン目には無事《森/Forest》を確保しての《野生の雑種犬/Wild Mongrel》 2 体、《ワームの咆哮/Roar of the Wurm》フラッシュバックとつなぎ、石田も遅れて 3 ターン目には《物静かな思索/Quiet Speculation》から 2 枚の《虹色の断片/Prismatic Strands》、《綿密な分析/Deep Analysis》とセットすることに成功し、まあ立ち上がりは五分五分といったところだろう。

森田の攻撃は《拒絶魔道士の代言者/Spurnmage Advocate》(《留意/Mental Note》《激動/Upheaval》を返す)と《敬愛される司祭/Beloved Chaplain》が支えるが、《入念な研究/Careful Study》から《物静かな思索/Quiet Speculation》を引かれてしまい、《激動/Upheaval》用に取っておいた《被覆/Envelop》を使わされてしまう。

だが返しで石田は欲しかった保険用の《被覆/Envelop》をドロー。

《拒絶魔道士の代言者/Spurnmage Advocate》が下の軸線を支えている間に鳥トークンと《敬愛される司祭/Beloved Chaplain》がひたすらに殴り続ける。
だが森田がプレイするスレッショルドしている《灰毛の定め/Grizzly Fate》にたまらず《被覆/Envelop》をプレイするはめになり、《激動/Upheaval》の前に無抵抗状態の石田。

ここで森田は《激動/Upheaval》でリセットをかけるか、もしくは《灰毛の定め/Grizzly Fate》をフラッシュバックするかの 2 択を迫られる。

覚悟を決めた森田が熊トークンを量産すると、石田の《栄光/Glory》による突撃は計ったかのように 1 点足らないのだ。
だが待っているわけにもいかないし、《カーターの怒り/Kirtar's Wrath》を使うには 1 マナ足らない石田はぎりぎり足元を支えられる《拒絶魔道士の代言者/Spurnmage Advocate》《不屈の部族/Tireless Tribe》だけ残して攻撃。

Upheaval
これをスルーした森田の手札は《激動/Upheaval》、 2 枚の《一瞬の平和/Moment's Peace》と切り札が揃っているが、石田が持つのもまた《カーターの怒り/Kirtar's Wrath》《物静かな思索/Quiet Speculation》。
だが《激動/Upheaval》というカードは他の全てを台無しにしてしまうのだ。

森田は総攻撃で《物静かな思索/Quiet Speculation》から石田の墓地に眠る《虹色の断片/Prismatic Strands》を使わせた後に、満を持しての《激動/Upheaval》。

全てがリセットされた後に《不可思議/Wonder》によって空飛ぶ《野生の雑種犬/Wild Mongrel》が現れては石田は石田にはどうすることもできなかった・・・・

石田 1-2 森田

Final Result:石田 1-2 森田

森田雅彦 Wns! Advance to Final

Ishida Itaru

Download Arena Decklist

Morita Masahiko

Download Arena Decklist

Latest Event Coverage Articles

December 19, 2019

Grand Prix Oklahoma City 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Carlson, Matt [US] 37 $6,000 2 Foreman, Matt [US] 37 $3,000 3 Cole, Conor [US] 36 $1,500 4 Majlaton, Alex [...

Learn More

December 11, 2019

Grand Prix Brisbane 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Gibson, Kyle [AU] 36 $6,000 2 Yeh, Chih-Cheng [TW] 37 $3,000 3 Thompson, Chris [AU] 37 $1,500 4 Lee, Anthon...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All