準決勝:

Posted in Event Coverage on February 28, 2004

By 松井 健治

栄光の優勝への道を 1 歩進んだ 2 人のプレイヤー。

Peset はプロツアー初出場初優勝を狙い、黒田は個人での初優勝を願ってこの戦いに望む。

この試合も Big Red 同士の対決であり、Peset は《煮えたぎる歌/Seething Song》入りの 3 ターン目に《弧炎撒き/Arc-Slogger》を呼ぶ事が出来るタイプに対して、黒田はメインボードからバーンモードの GO ANAN DECK になっている。

互いに目指す所は同じ。
 
そこへ行き着く事が出来るのはどちらのプレイヤーか。

Game 1

ダイスロールにより先手は Peset に。

両者共にゆっくりとマナを貯め、《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》を出してにらみ合いに。

5 ターン目、Peset は《真面目な身代わり》で攻撃し、これに対して黒田は相打ちを選択。

そのまま Peset 、《煮えたぎる歌》から《炉のドラゴン/Furnace Dragon》を出し、これによって取り除かれるアーティファクトは Peset の《大焼炉/Great Furnace》 2 枚。
5/5 飛行の登場により、Peset 一歩リードに見えたが、黒田はこれを冷静に《静電気の稲妻/Electrostatic Bolt》と《とげの稲妻/Barbed Lightning》を打つ事によって、事なきを得る。

返す Peset のターン。

マナと大切なクリーチャーを失い、それに続く手段を持たない Peset はターンを譲り、黒田の場に《弧炎撒き》が現れる。

それはなんとか、 Peset も《火炎崩れ/Flamebreak》と《静電気の稲妻》の合わせ技によってこれを除去するが、先程の黒田の《とげの稲妻》の双呪、《火炎崩れ》のダメージなどで彼のライフは確実に削れて行っている。

そこへ黒田、Peset の除去に対応して、《弧炎撒き》の能力を起動して Peset 本体にダメージを追加。

それによって積み重なったダメージは計 12 点にも上り、黒田が自分のメインターンに戻ると、そのまま Peset へ 4 点の《火の玉/Fireball》を打って王手をかける。

Peset もライフ差を利用して《溶鉱炉の脈動/Pulse of the Forge》で黒田のライフを削ってはいるが、現時点で黒田のライフは 13 と、とてもではないが、メインボードのままでは逆転もありえない。

抵抗を見せずに Peset はターンを黒田へ返すと、黒田はもう一枚の《火の玉》を提示して、 Peset 投了。

Peset 0 - 1 黒田

Game 2

先手は再び Peset 。

一本目と同じく序盤の動きを見せない展開であるが、 Peset の土地が一旦 3 枚で止まってしまい、黒田が一足早く《真面目な身代わり》を場へ。

返すターンに Peset も山を引き、なんとか《真面目な身代わり》をキャスト。

だが、この 1 ターンの遅れが非常に大きく、先手と後手が入れ替わった感じで、黒田が Peset より早く場へ《弧炎撒き》を放つ。

これを Peset 、なんとか 3 点の《火の玉》と《静電気の稲妻》の合わせ技で除去するが、リソースの差が大きく黒田側がリード。

一旦場は平らに戻り、《真面目な身代わり》たちも墓地へ送られ、互いに土地が平然と並ぶ。

さて、そこから手札に溜まった思いを場へぶつけるように《弧炎撒き》を 2 連打するが、黒田はこれを 2 枚の《爆片破》によって除去し、それも引き直した《真面目な身代わり》を生贄にしつつなど、お徳な方法でゲームを展開。

場は動けどライフは動かずの状態が続き、次のライフが動いたのは、黒田が引いた 3 枚目の《真面目な身代わり》が攻撃を加えた時だった。

一時、黒田が《爆片破》を 2 枚もっていた時は、 Peset のライフの射程圏内近くまで手札が育ったのだが、彼のデッキに《分流/Shunt》が入っている限り、安心してこれらのバーンスペルを撃つことが出来ない。

確実なのはパーマネントからの攻撃ダメージと、黒田の《真面目な身代わり》は 2 点ずつ、緩慢に Peset の首を絞めて行く。

現在の時点で、Peset のライフが 12 、黒田のライフが 16 。

そこで Peset は黒田のターンエンドに、タリスマンから色マナを出してダメージを 1 点食らい、そこから《溶鉱炉の脈動》を黒田に打ち、手札に戻る。

《溶鉱炉の脈動》があるかぎり、ライフの優位など無いも同然だが、ここから突然死もあるだけに、黒田は一旦考える時間を貰い、それから再び Peset にターンを渡す。

Peset も考えるが、自分のターンにまだ行う行動はないと、黒田にターンを戻す。状況を整理しよう。

Peset のライフは 11 で、黒田の場には 10 枚の山と《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》、《真面目な身代わり》。手札には《火の玉》と《溶鉱炉の脈動》。

どう見ても黒田が勝っている状況なのだが、どうしても《分流》の存在が勝利を脅かす。

また考え、黒田が《真面目な身代わり》で攻撃せずにターンを終えると、 Peset はタリスマンで色マナを 2 つ出してターンを終え、そのままマナバーンによって、ライフを 7 まで減らす。

Peset のターン。

意を決したか、ここでようやく Peset が魔法をキャスト。

厳かに黒田へ《溶鉱炉の脈動》を撃って、手札に戻し、ここで《煮えたぎる歌》をキャストし、3 マナ残しつつ黒田に《溶鉱炉の脈動》を。
これによって黒田のライフは 4 となり、Peset の手札は残り 2 枚。

そのまま、手札に残っていたもう 1 枚の《溶鉱炉の脈動》を本体へ撃つと、黒田は投了を宣言した。

Peset 1 - 1 黒田

Game 3

先手が黒田に移る。

《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》セットから入り、 2 ターン目には攻撃に移る。

後手 2 ターン目に Peset が出した《耽溺のタリスマン/Talisman of Indulgence》は《爆破》で破壊できた。続く 4 ターン目にも手札にある《溶鉄の雨》を Peset の土地に撃ちたいのだが、赤マナが揃わず。かなわないままターンを譲ると、 Peset はそのままセットランドから《真面目な身代わり》を呼ぶ。

歯車が噛みあわない。

微妙にずれたドローを続け、黒田ががんじがらめになっていると、Peset は次のターンに《弧炎撒き》を場へ。

これも、山を 1 枚引けば《とげの稲妻》と《静電気の稲妻》でどうにかなるのだが、引く事が出来ない黒田は《ダークスティールの城塞》をコストに、これへ《爆片破》を。

それでもまだ、返すターンに Peset は《弧炎撒き》を呼んで来るが、ここでやっと山を引けた黒田は上記に記した合わせ技でこれを葬る。

なんとか危機は脱出したかと思えた黒田。

だが、まだ《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》が Peset の場にあり、その場へ更に 2 枚の《黄鉄の呪文爆弾》を設置している。

黒田のライフは 14 で、Peset は 15 。

そこで黒田がターンエンドを宣言すると、 Peset は《黄鉄の呪文爆弾》を 2 枚とも黒田に投げつけ、自身のメインステップに 6 点の《火の玉/Fireball》を黒田に打ち込んで、残りは 4 。

ここまで自信をもって動いて来たと言う事は、次のターンに自分は負けると確信にいたる黒田。

だが、残り制限時間 1 ターンの間に 15 点を削る方法は見つからず、出来る限りのプレイをし、黒田は Peset にターンを渡すと、《溶鉱炉の脈動》を見せられ、投了。

Peset 2 - 1 黒田

Game 4

ファイナリストの座まであと 1 歩となった Peset 。
冷静なプレイなどを見ていると、確実に強者としての貫禄はついてきたであろう。

そんな 4 本目は黒田先手で、互いに《真面目な身代わり》を出すまで動かず。そのまま《弧炎撒き》を黒田が先に出し、《真面目な身代わり》で攻撃。

その状況を、Peset は《火炎崩れ》で、《真面目な身代わり》もろとも場に 3 点与え、《黄鉄の呪文爆弾》を《弧炎撒き》にぶつけて除去。

返すターン。

黒田はもう 1 枚《真面目な身代わり》を出してマナを伸ばし、《ちらつき蛾の生息地》で 1 点でもとダメージを与えにかかる。対する Peset は《弧炎撒き》を場へ。

Peset のライフは 14 で、場に《弧炎撒き》と山が 6 枚で、アンタップ状態の物が 1 枚。

そこへ黒田、少し計算を始め、《真面目な身代わり》と《ちらつき蛾の生息地》で攻撃を開始。

まだ多少ライフに余裕があると言え、《真面目な身代わり》を通す訳にもいかないし、《弧炎撒き》でブロックすると《とげの稲妻》が飛んできて、除去される恐れもある。

そこで Peset のとった行動は、《弧炎撒き》の能力を《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》に起動し、《ちらつき蛾の生息地》をスルーするものであった。

ここで黒田が一気に攻め立てる。

まずは除去されかかている《真面目な身代わり》を《爆片破》で Peset の本体へと投げてライフ 9 。そして戦闘ステップを終えて、《ちらつき蛾の生息地》のダメージでライフ 8 。

そのままメインに戻り、《とげの稲妻》と《爆片破》を Peset に叩き込むと、丁度ライフが 0 に。マッチカウントを 2 - 2 のイーブンまで一瞬でもちなおした。

Peset 2 - 2 黒田

Game 5

先手 Peset は序盤から土地を壊されないようにと、《ダークスティールの城塞》、《隠れ石/Stalking Stones》から《耽溺のタリスマン》を出し、黒田はそれを《残響する破滅/Echoing Ruin》で破壊。

そして返す Peset のターン。
・・・なんとここで彼のマナソースは途絶えてしまった。
 
無色しか出ない上に 2 マナで止まっては何も出来ない。

そこへ黒田、壊せる土地である《隠れ石》に《溶鉄の雨》を打ち、次のターンには《弧炎撒き》を場へ。

諦め顔の Peset を前に、黒田は攻撃を続け、《弧炎撒き》で Peset の本体を削り、《溶鉱炉の脈動》と最後の《弧炎撒き》の攻撃とによって決着をつけたのだった。

栄光の決勝戦だ。

Final Result : Peset 2 - 3 黒田

Kuroda Masashiro

Download Arena Decklist

Alexandre Peset

Download Arena Decklist

Latest Event Coverage Articles

December 19, 2019

Grand Prix Oklahoma City 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Carlson, Matt [US] 37 $6,000 2 Foreman, Matt [US] 37 $3,000 3 Cole, Conor [US] 36 $1,500 4 Majlaton, Alex [...

Learn More

December 11, 2019

Grand Prix Brisbane 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Gibson, Kyle [AU] 36 $6,000 2 Yeh, Chih-Cheng [TW] 37 $3,000 3 Thompson, Chris [AU] 37 $1,500 4 Lee, Anthon...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All