準決勝: Jon Finkel vs. Kai Budde

Posted in Event Coverage on January 19, 2003

By Keita Mori

◆Pod

Eugene Harvey
William Jensen ★Jon Finkel
Nicolai Herzog Abraham Snepvangers
Fabio Reinhardt Kai Budde
Dustin Stern

7冠を視野に驚異的な強さで驀進するKai Buddeと、史上最多10度目のPro Tour Sunday出場を記録したJon Finkel。まさしく世界最高のマッチアップがついにプロツアー決勝ラウンドで実現したのだった。

かつて、「世界最強」というのはFinkelに冠されるための言葉だった。しかし、今やそれは間違いなくKai Buddeを修飾するための常套句となってしまっている。もちろん、Top 4進出を果たした段階でJonny Magicの復活は大いにアピールできているわけだが、Juggernautを直截下しての戴冠というストーリーに勝るものはないだろう。

そんなわけで、大観衆に見守られての準決勝戦となった。

Game 1

先手はJonny Magic、健闘を誓っての固い握手から試合は始まった。

Finkelが《霧衣の夢幻/Mistform Dreamer》、《情報屋/Information Dealer》と展開したところに、Buddeは《変異/Morph》のクリーチャーを送り込む。そして、で不意に正体をあらわした《スカークの猛士/Skirk Commando》が《夢幻》を葬り去り、その返しに《情報屋》が《猛士の襲撃/Commando Raid》によってその《スカーク》を除去するという一幕となった。

そして、Buddeは《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk》と《変異/Morph》で陣容を再編成。すると、Finkelは《変異/Morph》を《陽光の突風/Solar Blast》で、《鞘虫》を《脅しつけ/Threaten》で除去、と即応。ここでBuddeはハンドのクリーチャーが尽きてしまい、《焼けつく肉体/Searing Flesh》を叩き込むことしか出来なくなってしまった。

そして、黒赤ビートダウンの序盤攻勢を乗り切ったJonny Magicは《脅迫するオーガ/Menacing Ogre》を召喚。この5/5クリーチャーがFinkelに待望の先勝をもたらすこととなった。

Jon Finkel 1-0

Game 2

しかし、Finkelの見せ場はここまで、となってしまう。
本気になったJuggernautが...脅威のビートダウンを開始するからである。

《腐れ肺の再生術師/Rotlung Reanimator
《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk
《陰謀団の奴隷商人/Cabal Slaver
《腐敗を導く者/Shepherd of Rot

Buddeは次々と凶悪なビートダウンクリーチャーを展開しつつ、Finkelが最後の望みをこめて展開した《脅迫するオーガ》も《死の脈動/Death Pulse》であっさりと屠り...まさしく瞬殺してしまったのだった。

唯一観衆がわいた場面...それは、Buddeが《ショック/Shock》した《変異/Morph》のクリーチャーが《非凡な虚空魔道士/Voidmage Prodigy》だったことがわかった瞬間だった。

Kai Budde 1-1

Game 3

先手Finkelが3ターン目に展開した《変異/Morph》を即座に《ショック》し、《切り刻まれた軍勢/Severed Legion》、《変異/Morph》と連続展開したKai Budde。エンジン全開のスタートだ。

一方のFinkelも《うつろう爆発/Erratic Explosion》で《切り刻まれた軍勢》を除去し、5ターン目には《激浪の多相の戦士/Riptide Shapeshifter》を召喚して対抗。しかし、《堕ちたる僧侶/Fallen Cleric》、《突進する石背獣/Charging Slateback》、《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk》、《針刺の殴り獣/Spined Basher》、《腐敗を導く者/Shepherd of Rot》...と次々にアタッカーとダメージソースを引き当ててくる絶好調のBudde。

それでも...Finkelも《流水の長魚/Slipstream Eel》や《変異/Morph》を展開し、《戦慄の葬送歌/Dirge of Dread》からの総攻撃もなんとか《締めつける綱/Choking Tethers》で被害を小さくしようと善処した。

しかし...やはり、圧倒的な物量をどうしようもできないのだった。

Kai Budde 2-1

Game 4

絶好調のKai Buddeは後手ながら第2ターンに《火花鍛冶/Sparksmith》召喚というファーストアクション。Finkelもこれをサイクリングでの《陽光の突風/Solar Blast》で除去してみせたわけだが、Buddeのドローはまだまだこんなものではない。

ここで《腐敗を導く者》と《腐れ肺の再生術師》が連発され、Finkelも《ナントゥーコの鞘虫》を《変異/Morph》から表返らせた《非凡な虚空魔道士》によってカウンターしてみせたのだが...即座に2匹目の《鞘虫》が登場してしまい、追い討ちとばかりに《切り刻まれた軍勢》まで...

...やはり、いつ見ても日曜日のBuddeは異常だとしか表現しようがない。

かくて、王者Kai Buddeはその圧倒的な強さを「もっともわかりやすい形で」見せ付けることに成功したのだった。

Final Result:Kai Budde 3-1
ツアー7勝目まで...あとひとつ。

PT Chicago Top Eight Draft: Red-Black

Download Arena Decklist

PT Chicago Top Eight Draft: Blue-Red

Download Arena Decklist

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All