準決勝: Phoenix Foundation vs. Car Acrobatic Team

Posted in Event Coverage

By 松井健治

Phoenix Fondation
Player A:Marco Blume
Player B:Dirk Baberowski
Player C:Kai Budde

Car Arcobatic Team
Player A:Aaron Forsythe
Player B:Andrew Cuneo
Player C:Andrew Johnson

予選ラウンドの時点から各自の分担はしっかり決まっていたようで、 Andrew Johnson は初手パックに Thornscape Apprentice と、 Obsidian Acolite などいろいろあるところで、 Johnson は強く Soul Burn を主張し、対する Kai Budde は流れてきた Obsidian Acolite をしっかりキャッチと言った様に、ドラフトは開始する。
この Budde は 2 日目のロチェスタードラフトでは 5 回とも緑 5 色のデッキを選択しており、メインカラーには必ず緑を据えている。
インベンションは比較的落ち着いたドラフトで終了し、 Anorew Johnson が Probe 、 Faerie Squadron 、 Agonizing Demise 、 Phyrexian Infiltrator 、などを持つ良い形の青黒でがき上がりつつある。

プレーンシフトでは、 Rushig River を Car Arcobatic 側が 2 枚持つかわりに、 Phoenix Fondation 側は、 Sunscape Battlemage を 2 枚、 5 色の Budde に Allied Strategies 、 Tahngarth, Talruum Hero 、 Doomsdey Specter など、カードの質では完璧に Phoenix Fondation 側が勝っている。
質のいい青黒に育っている Andrew Johnson のデッキに対し、 Gainsay を 2 枚手に入れるチャンスのあった Budde は Dirk Barderowski の指示ミスにより、 Gainsay を一枚、流してしまう。
それも、ドロマーカラーのデッキに仕上げている Dirk Barderowski の相手、 Andrew Cuneo の手に渡ってしまう。

そして、カードパワーの不公平さは、最期のアポカリプスまで影響を及ぼす事になる。
Car Arcobatic Team 側のが手にした優良カードは Urborg Uprising 2 枚と、 Illuminate が関の山であるところ、 Phoenix Fondation が手にしたカードは、 Minotaur Illusionist が 2 枚 、 Prohetic Botl 、 Jilt 、そして、 Pernicious Deed . . .

純粋なカードパワーの前に Car Arcobatic Team は如何に立ち向かうか。

Kai Budde ( 5cG ) vs. Andrew Johnson ( Crosis Color )

Game 1

先手は Johnson 。
Suluer Vent 、Swamp と、土地は足りているようだが、クリーチャーが足りていないようだ。
対する Budde は、 2 ターン目に Quirion Sentinel をキャストし、 次のターンには Primal Growth で生贄に捧げ、 一気に 5 色を揃い上げることに成功。

回る 5 色は当然強く、 4 ターン目に Kavu Howler をキャストし、 Kavu Climber をゲット。
Kavu Howler こそ、 Agonizing Demise で除去されてしまったものの、 Kavu Climber がライフを削りにかかる。
Sea Snidd 、 Stormscape Familier 、 Marsh Crocodile と並べたところで、 Pernicious Deed をキャストし、すぐさま 4 で起動。
無人の荒野を Climber が Johnson のライフを削り続ける。
まだ抵抗の手段はある Johnson は、 Urborg Uprising で Marsh Crocodile と Stormscape Familier を拾い上げている頃、 Budde は Allied Strategies で 5 枚引き、 手札も、場も完全に圧倒。
次のターンには Minotaur Illusionist 、 Gaea's Skyfolk 、 Amhibious Kavu と正に順風万般。

この揃いあがった場を Hunting Drake 、Rushing River と撃ち、Budde の場を Gaea's Skyfolk のみにし、その場を凌ぎつつダメージを懸命に与えに行くが、 Budde の次のターンに起した行動はキッカー付きの Probe と、Jilt で Johnson の場を完全に空ににし、 手札差は正に 5 対 1 とあまりにもひどい状態であった。
Johnson の手札に残るのは、ただ一枚の Marsh Crocodile だけ。
Budde は落ち着いて、先程バウンスされたクリーチャーを着々とならべ、 アドバンテージゲームに勝利する。

Budde 1 - 0 Johnson

Game 2

5cG の Budde は必ず後手を欲しがるので、 ここは Johnson 、後手を宣言。
先手の Budde はマリガンを宣言し、 6 枚からのスタート。
土地は何とか揃っている様子の Budde であるが、対する Johnson は 2 ターン目に Nightscape Familier 、 3 ターン目に Castal Drake 、 4 ターン目には Stormscape Familire 、 Phyrexian Infiltrator と、殆ど 青黒 2 色のデッキの持ち味を十分に生かして、デッキが回る。
十分にキャストできるカードがない Budde は、ゆっくりと 5 ターン目に Minotaur Illusionist をキャスト。
これを除去する術を持たなかった Johnson は Minotaur を放置するしかできず、 飛行での攻撃に徹する。
この次のターンに Primal Growth で何とか 5 色を揃えるが、手札に十分なスペルが無い為、 防御体制に入る Budde 。
地上のクリーチャーを止める為に Minotaur を取っておいたのだが、 Sea Snidd の存在が邪魔になり、これに Minotaur を投げ、メインに Pernicious Deed を張り、 アドバンテージの取り直しを行なう。

そこから Stone Kavu 、 Gaea's Skyfolk と攻め立てるのは良いのだが、 Johnson が Faerie Squadron をライブラリからドロー。
このまま飛行で押し切る事が出来そうな雰囲気の中、 Budde は様々な事を考え、ターンを Johnson に渡すが、序盤の飛行クリーチャーの攻撃が思った以上に Budde のライフを減らしており、 Johnson の攻撃の後の Soul Burn で Budde はこのゲームを落す事となる。

Johnson 1 - 1 Budde

現時点で、チームの勝敗の行方は Phoenix Fondation の 1 勝となっている。
最終的にデッキを組みきる事の出来なかった Andrew Cuneo が敗北したのだ。
後のない Johnson 。
この大きなデッキの差の中くぐり抜け、何としても勝利に結び付けなければならない。

Game 3

先手の Johnson は初手に 2 枚の島を有し、 Worldly Counsel があることを確認して、その手札をキープ。
土地事故を危惧したが、そんな心配も無く、 Johnson のデッキは回り始める。
Stormscape Familier 、 Nightscape Familier 、 Pherexian Infiltrator とデッキを回している所で、 Budde は落ち着いて Pincer Spider をキャストし、 攻撃を止めた上で、手札があまり芳しくないのか、 Temporal Spring で Infiltrator をライブラリの上に返し、少し遅れてもらったところで、 Kavu Climber をキャストして行き、手札をキープしていく。

だが Budde の顔色は思わしくない。
そう、土地が Island と Forest しか引いておらず、他の色のカードが手札で腐りきっている為である。
Infiltrator の取り合いには困らない程度に青マナはあるのだが、如何せん埒があかない。
とりあえずは Kavu Climber と交換されてしまった Infiltrator を返してもらう為に Budde は能力を起動するのだが、それに大して Johnson は Rushing River で Infiltrator をバウンスされてしまい、完全にトリックにはまりきってしまう Budde 。

相変わらず他の色を出す方法の無い Budde は Pinser Spider と Ceta Disciple をキャストし、ここを凌げばなんとかなろうと言うところで Johnson の引いてきたカードは、無常にも Hunting Drake 。
Pinser Spider がライブラリの上に帰り、 Johnson の手札に抱えているのは Wahs Out 。
Johnson は攻撃し、 Budde のライフは 2 まで減り、 Budde が Ceta Disciple から Pernisious Deed を出すしか勝ち目はないところで、 Budde がキャストしたカードは、青キックの Sunscape Battlemage 。

カードパワーの差を、 Infiltrator トリックで全てをコントロールした Johnson が見事、この戦いに勝利した。

Win Johnson 2 - 1 Budde

この勝負が終った時点でゲームの結果は 1 - 1 。
奥の席で Marco Blume と Aaron Forsythe が決勝戦への権利をかけて戦っているが、場を見てみると Blume の Tahngrth が Forsythe のクリーチャーを片っ端からなぎ倒しているではないか。
勝負の行方は明らかであった。

Johnson 戦に負けて、表情の暗かった Budde の顔に笑顔が戻り、高らかに勝利の雄たけびを上げ、 Phoenix Fondation は決勝戦に駒を進める。

Phoenix Foundation Wins

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All