2004 World Championships Feature

Posted in Event Coverage on September 4, 2004

By Event Coverage Staff - translated by Yoshiya Shindo

Kamiel Cornelissen

カミエル・コーネリッセン

年齢: 23

地元: エンスヘーデ

職業: 学生

プロツアー参加回数: 27回ぐらい

世界選手権招待基準: プロポイント

GP/PTでのトップ8回数: PT5回、GP4回

これまでのマジックの特筆すべき戦績: 2001年シカゴ2位、2001年ロサンゼルス2位、2004年アムステルダム5位、2004年シアトル1位。

今回の成績 初日: 5-1 二日目: 6-0 三日目: 3-1-2

ブロック構築のデッキは? 選んだ理由は?親和。このデッキは複数の方法で勝つことができるから。神話デッキはビートダウンで攻めきることもできるし、《電結の荒廃者/Arcbound Ravager》と《大霊堂の信奉者/Disciple of the Vault》のコンボで勝つこともできるから。

スタンダードのデッキは? 選んだ理由は?親和。みんなはこのデッキのパワーを過小評価しすぎだと思うよ。

日曜日の見通しは? まだデッキリストを見ていないけど、厄介な相手は反対側の山にいっているみたいだね。

この18ラウンドで、面白い話は? 2回目のドラフトが、僕18ラウンドの中で《霊気の薬瓶/AEther Vial》をデッキに入れなかった唯一の機会だったね。

人物紹介:彼はテニスやフットサルを楽しみ、Magic Onlineも時には遊ぶが、ほとんどはイベントの準備のためで、友達とバーでたむろしている方が好きだ。彼は夏休みのために、オランダ選手権を欠席した。

ユリエン・ヌイテン

年齢: 15

地元: オランダのアムステルダム

職業: 高校生

プロツアー参加回数:1回

世界選手権招待基準: オランダ選手権2位

GP/PTでのトップ8回数: GPのトップ8が1回

これまでのマジックの特筆すべき戦績: グランプリ・ボーフムでチームが10位、 オランダ選手権で2位、GPボーフムで3位

今回の成績 初日: 4-2 二日目: 6-0 三日目: 4-2

ブロック構築のデッキは? 選んだ理由は?親和。とにかく最強デッキだから。このデッキに勝てるって言ってる人は嘘つきだね。

スタンダードのデッキは? 選んだ理由は?緑白スライド。赤緑ゴブリンや電結親和に勝てるし、テストでもそんな感じだったから。

日曜日の見通しは? 親和は強いけど、ほとんどのゲームはサイドボード後なんで、いい感じだよね。でも《マナ漏出/Mana Leak》は怖いね。

この18ラウンドで、面白い話は? 僕の第1ラウンドの相手は《歯と爪/Tooth and Nail》で、勝てる可能性は1割しかなかったけど勝てて、その後の2ラウンドで立て続けに有利な対戦に負けちゃったこと。

人物紹介: 歴代最年少のトップ8の一人。彼は映画が非常に好きだ――お気に入りは「パルプ・フィクション」だが、彼はこれを公式には見れる年齢ではないらしい。彼はMagic Online上でのゲームを数多く戦い、個人戦のトップ4でカイに負けている。

テリー・ソー・ハン・チュン

年齢: 17

地元: クアラルンプール

職業: 高校生

プロツアー参加回数:2回

世界選手権招待基準: マレーシア選手権3位

GP/PTでのトップ8回数: GPのトップ8が2回

今回の成績 初日: 5-1 二日目: 4-2 三日目: 4-0-2

ブロック構築のデッキは? 選んだ理由は?赤緑コントロール。親和に対抗するにはベストだから。みんな親和が最強だって言ってるけど、すべてのフォーマットには対抗策があるって信じてるよ。

スタンダードのデッキは? 選んだ理由は?緑白スライドにタッチ《稲妻の裂け目/Lightning Rift》。《稲妻の裂け目》は、緑白で対応できないものに良く効くよ。

日曜日の見通しは? みんなにチャンスがあるね。

何か他に言いたいことは? ビートダウンデッキがフォーマットを席巻しているときは、常に対抗策がある。対抗策でいくべきだね。

人物紹介: 彼はMagic Online上で数多くプレイしている。彼はまた映画を見るのが好きで、お気に入りは「デイ・アフター・トゥモロー」だ。彼はげんを担いで6山切りをやっている。また彼は、世界選手権に出るために大学入試を欠席している。

イーオ・パケット

年齢: 19

地元: カナダの バンクーバー

職業: プロの怠け者

プロツアー参加回数:2回

世界選手権招待基準: レーティング

GP/PTでのトップ8回数: PTトップ8が1回

これまでのマジックの特筆すべき戦績:GPデトロイト23位、 Magic Online世界選手権予選2位

今回の成績 初日: 5-1 二日目: 5-1 三日目: 3-2-1

ブロック構築のデッキは? 選んだ理由は?親和。デッキを作ったのが三日目の5分前だったんで、集まるカードがこれしかなかったんだ。

スタンダードのデッキは? 選んだ理由は?親和。スタンダードで親和をテストしていて、結構うまくいったんで。

日曜日の見通しは? 少なくとも1ゲーム勝てればハッピーだろうね。

人物紹介: CoolAeo(彼のMTGOのニックネーム)の名で知られる彼は、Magic Onlineを1日1~2時間ほど遊んでいる。彼はカウンターストライクのプレイヤーでもあり、非常に迷信ぶかい。彼と友人は今週3日続けてIHOP(訳注:パンケーキのチェーン店)で食事をし、2ラウンドごとにいつもスナップル(訳注:ソフトドリンクのブランド)を買っていた。

ガブリエル・ナッシフ

年齢: 20

地元: パリ

職業:学生

プロツアー参加回数:20回

世界選手権招待基準:プロポイント

GP/PTでのトップ8回数:GP2回、PT5回

今回の成績 初日: 5-1 二日目: 4-2 三日目: 4-1-1

ブロック構築のデッキは? 選んだ理由は?《創造の標/Beacon of Creation》と《爆破基地/Blasting Station》入り緑単。ミラーマッチにかち合わないようにするためと、親和を倒すため。

スタンダードのデッキは? 選んだ理由は?青白。このデッキが手になじんでるんだ。

日曜日の見通しは? わかんないね。

人物紹介: 先日の床屋に1時間以上かかったらしい。彼はアメリカにここ三週間ほど滞在していて、 月曜に帰る予定。彼曰く「神戸はよかったねぇ。」

小倉 陵

年齢: 20

地元: 名古屋

職業:学生

プロツアー参加回数:3回

世界選手権招待基準: APACレーティング

GP/PTでのトップ8回数:GP神戸と名古屋

今回の成績 初日: 4-2 二日目: 5-1 三日目: 4-1-1

ブロック構築のデッキは? 選んだ理由は?赤緑。親和に分がいいので。

スタンダードのデッキは? 選んだ理由は?赤単ゴブリン。これも親和に相性がいい。

日曜日の見通しは? 1%しかないですよ。

この18ラウンドで、面白い話は? ブロック構築用のデッキを忘れてきたこと。

何か他に言いたいことは? 今回はすごくラッキーだったです。18ラウンドやってきて、マジックは本当に運ゲーだと思いましたね。

人物紹介: 彼はPT東京と大阪に参加している。彼は映画の大ファンで、特に宮崎アニメが好きだ。彼はアメリカに間違ったデッキ箱を持ってきてしまい、家にブロック構築デッキを丸ごと忘れてきたため、友達からデッキを借りなければいけなくなってしまった。

マーレー・エヴァンス

年齢: 18

地元: カナダのエドモントン

職業:学生

プロツアー参加回数:8~10回ぐらいかな?

世界選手権招待基準: カナダ選手権2位

GP/PTでのトップ8回数:0

これまでのマジックの特筆すべき戦績: 2000年カナダ選手権2位、その年の世界選手権チーム戦2位。

今回の成績 初日: 4-2 二日目: 4-2 三日目: 5-0-1

ブロック構築のデッキは? 選んだ理由は?親和。テストプレイでやったのがMagic Online上の親和だけだったんで。

スタンダードのデッキは? 選んだ理由は?親和。コントロールを倒したかったんで、《マナ漏出》みたいなアンチコントロールカードを入れた。

日曜日の見通しは? 今回のデッキは白緑を倒せるように組んで、まさしくその相手と準々決勝で当たるんで、少なくともこれは勝たないとね。

この18ラウンドで、面白い話は? 最初に2連敗して、そこから最後は7-0-1したこと。

何か他に言いたいことは? 両親と兄弟にあいさつしておくよ。彼らがこの記事を見てくれるといいね。貧乏なんで電話できないんだ。

人物紹介: 彼は10歳のときに当時の最強プレイヤーだったオーレ・ラーデを倒し、以来「ぶった切り屋(ザ・モーラー)」のニックネームで呼ばれている。彼はMagic Online上で数多くプレイし、暇な時間にはゴルフを楽しんでいる。彼はトップ8に入るには最終日を5-0-1しなければいけなかったが、それを見事に達成した。彼は第13ラウンドでフィンケルと当たり、1ゲーム目をミスで落としたが、以降の2ゲームを《酸化/Oxidize》入りのろくでもない手札をキープして連勝した。

マヌエル・バヴァン

年齢: 27

地元: フランスのパリ

職業: コンピューターゲームデザイナー

プロツアー参加回数:16回かな?

世界選手権招待基準: ヨーロッパのコンポジットレーティング

GP/PTでのトップ8回数: GPのトップ8が3回

これまでのマジックの特筆すべき戦績: フランス選手権で2位が1回と5位が1回、PTローマでトップ32入り。

今回の成績 初日: 6-0 二日目: 4-2 三日目: 3-3

ブロック構築のデッキは? 選んだ理由は?ヤン・ホランドの青白ほぞデッキ。うまく回せば、何を相手にしても勝てるから(僕はダメダメだったけどね……)。

スタンダードのデッキは? 選んだ理由は?《クラーク族の鉄工所/Krark-Clan Ironworks》コンボ。これは変わり続けるメタゲームにぴったりだから。

日曜日の見通しは? ナッシフが相手なら勝てないだろうね。それ以外なら、不可能は無いよ。

この18ラウンドで、面白い話は? 最初の9ラウンドは、コインフリップにもマッチにも勝ち続けたよ。

何か他に言いたいことは? リチャード・ガーフィールドには感謝を言いたい。このゲームのおかげで、ゲームデザイナーになるきっかけをもらったんだから。

人物紹介: 彼はかなりのゲーマーで、テニスをプレイし、また教えることも好きだ。彼はまた映画の大ファンで、お気に入りは「ファイト・クラブ」だそうだ。彼はこのフォーマットで《黒騎士/Black Knight》が有効じゃないことが非常に嬉しいらしい。というのも、以前の世界選手権で、白ウィニーのデッキリストに間違って《黒騎士》と書き込んでしまったばかりに、それを入れてプレイせざるを得なくなったからだ。

Latest Event Coverage Articles

December 19, 2019

Grand Prix Oklahoma City 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Carlson, Matt [US] 37 $6,000 2 Foreman, Matt [US] 37 $3,000 3 Cole, Conor [US] 36 $1,500 4 Majlaton, Alex [...

Learn More

December 11, 2019

Grand Prix Brisbane 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Gibson, Kyle [AU] 36 $6,000 2 Yeh, Chih-Cheng [TW] 37 $3,000 3 Thompson, Chris [AU] 37 $1,500 4 Lee, Anthon...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All