2nd Draft:Pod #1

Posted in Event Coverage

By 松井健治

予選ラウンドの最上位卓。
ここから確実に 4 人はベスト 8 入りする人間が現れる反面、 3 負けすると落ちてしまうと言う非常にプレッシャーのかかる局面でのロチェスターは、まさに鉄火場である。

では面子をご紹介しよう。

1 堂山    
2 羽田    
3 塩津    
4 森田    
5 森(勝洋)  
6 安藤(玲二) 
7 三津家   
8 鈴木    

1 番席の堂山でドラフトは開始。
早速ここで《 Kamahl, Pit Fighter 》をピックし、赤を開始。
いきなり 3 大レアカードが出てしまって場がどよどよし始めたと思ったら、2 番席では《 Thought Devourer 》と連続で登場してしまい、いきなり荒れていく 1 番卓。
だが荒れたのは始めのほうだけで、ある程度平穏のドラフトが続くのだが、三津家と鈴木がロチェスタードラフトになれていないのか、少々首を傾げたくなるようなドラフトを行っており、その影響が安藤に漏れ、森にも余波が及ぶと言う少し波風が立ち始めたりしたが、それ以外は普通のドラフトだったと言えるだろう。

だが、堂山のレアのピックだけは本当に恵まれたものと言えるだろう。

では、ここで全員のデッキの色と、特殊なカードだけ挙げてみよう。

1 堂山    → 赤黒
《 Kamahl, Pit Fighter 》、《 Cabal Patriarch 》、《 Stalking Bloodsucker 》《 Bomb Squad 》

2 羽田    → 青緑
《 Thought Devourer 》、《 Cephalid Retainer 》、《 Beast Atack 》

3 塩津    → 白青
特に無し

4 森田    → 赤緑
《 Beast Attack 》、《 Lithatog 》、《 Shower of Coals 》

5 森(勝洋)  → 青黒 Touch 赤
《 Persusion 》

6 安藤(玲二) → 緑黒
《 Nantuko Menter 》、《 Beast Attack 》

7 三津家   → 青黒
特に無し

8 鈴木    → 赤緑 Touch 白
《 Beast Attack 》

3 番席の塩津は特にデッキが弱いわけではないが、レアなどの特殊なカードはないので、特になしとの表記にしている。

以上の様に、卓中のカードパワーはなかなかのものである。
だがやはり全勝は一人、 3 負けは一人出るのだ。
勝負の行く末は、 3 時間後にはっきりする。

Latest Event Coverage Articles

October 14, 2019

Grand Prix Bangkok 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Sochurek, Petr [CZ] 37 $6,000 2 Tu, Nan [CN] 37 $3,000 3 Matsumoto, Yuki [JP] 37 $1,500 4 Guo, Cheng [CN] ...

Learn More

October 14, 2019

Grand Prix Utrecht 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Alberyd, Johannes [NL] 39 $7,000 2 Mun, Tian Fa [IT] 39 $3,500 3 Grafensteiner, Tobias [DE] 42 $1,750 4 Joa...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All

We use cookies on this site to personalize content and ads, provide social media features and analyze web traffic. By clicking YES, you are consenting for us to set cookies. (Learn more about cookies)

No, I want to find out more