3位決定戦: 大礒 正嗣 vs. 志村 一郎

Posted in Event Coverage on September 2, 2005

By Yusuke Yoshikawa

王座はこのマッチにかかっていない。しかし、十分な輝きを放つ二人が席に着いた。
とはいえ、彼らが仲の良い友人関係であること、もしくは一度負けてしまったこともあってか、とてもカジュアルな雰囲気でゲーム前の準備は進む。

観客が少なめで、カメラもいなくてちょっと寂しい?
いやいや、その楽しみは世界選手権においておきましょうか。

ダイスロールまでは和やかに。初手を取れば、目が変わる。
ゲームが始まってしまえば、彼らはデュエリストなのだから。

Game 1

大礒の《血清の幻視/Serum Visions》からゲームはスタートする。占術に使う時間と表情が、決して馴れ合いではない雰囲気をかもし出す。

対する志村は《金属モックス/Chrome Mox》(刻印:《凍らし/Frostling》)から《かまどの神/Hearth Kami》のスタート。だが続くターンに土地を置けず、先に引きたい《炎歩スリス/Slith Firewalker》が遅れてやってくる、微妙に嫌な雰囲気だ。しかも、《炎歩スリス/Slith Firewalker》は《卑下/Condescend》に阻まれてしまう。

triskelion

しかし大礒も万全というわけでもない。こちらも土地が2枚で止まってしまったのだ。マナ基盤により依存しているデッキなだけに、これは苦しい。

《尖塔の源獣/Genju of the Spires》を1枚こそ《マナ漏出/Mana Leak》するものの、2枚目を通さざるを得ず、次に土地を引き当てられて殴られると、ライフの減りは相当早い。

大礒も《知識の渇望/Thirst for Knowledge》、《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》で先の展開を模索するものの、《ウルザの塔/Urza's Tower》を《溶鉄の雨/Molten Rain》されて揃う見込みがなくなっては、逆転の夢も見られない。

目には《尖塔の源獣/Genju of the Spires》。ライフは6。《トリスケリオン/Triskelion》は出ない。
大礒は静かにカードを片付けた。

大礒 –0 志村 –1

大礒のサイドボード:
Out:2《メムナーク/Memnarch》、2《忘却石/Oblivion Stone》、2《精神隷属器/Mindslaver》、1《接収/Acquire》、1《巻き直し/Rewind》、1《ヴィダルケンの枷/Vedalken Shackles
In:3《消し去りの水神/Kaijin of the Vanishing Touch》、3《選別の秤/Culling Scales》、2《曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror》、1《無効/Annul

志村のサイドボード:
Out:4《凍らし/Frostling》、2《マグマの噴流/Magma Jet
In:4《粉砕/Shatter》、2《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice

Game 2

志村がマリガンのスタート。第1ターンに《山/Mountain》《金属モックス/Chrome Mox》から即《マグマの噴流/Magma Jet》で土地を探しに行く志村だが、2ターンに渡って引けない。

対する大礒は《島/Island》《ウルザの鉱山/Urza's Mine》《ウルザの魔力炉/Urza's Power Plant》から《消し去りの水神/Kaijin of the Vanishing Touch》をプレイ。さらに2マナで苦しむ志村の《金属モックス/Chrome Mox》を破壊すべく《選別の秤/Culling Scales》をプレイするが、これは即《粉砕/Shatter》される。

だがメインで動き続けざるを得ない大礒に対し、志村はここで《山/Mountain》を引き当て《溶鉄の雨/Molten Rain》を《ウルザの魔力炉/Urza's Power Plant》に打ち込み、さらに《罰する者、ゾーズー/Zo-Zu the Punisher》で圧力をかける。

sword of fire and ice

さらには《凶運の首輪/Jinxed Choker》である。
大礒も必死でカードを手繰りながら戦っていくのだが、《曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror》もこの場ではインパクトが薄い。フルタップの大礒に対し、志村はさらに《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》を繰り出していく。
土地が《島/Island》3枚《ウルザの鉱山/Urza's Mine》《ウルザの魔力炉/Urza's Power Plant》の大礒はメインで《知識の渇望/Thirst for Knowledge》をプレイして方策を練るが…結局意味のあるプレイは何もなく、志村が勝利に王手をかけた。

大礒 –0 志村 -2

以下サイドボードなし。

Game 3

ここ2ゲーム土地が厳しい大礒だが、今回も厳しいのか苦笑いを見せる。
双方静かな立ち上がりで、志村の《炎歩スリス/Slith Firewalker》は《マナ漏出/Mana Leak》を浴びる。

大礒は3枚まで土地をひねり出すことには成功したのだが、3マナから《知識の渇望/Thirst for Knowledge》をプレイしても土地を引けない。苦渋の表情で2回目にチャレンジするが、今度は《島/Island》《ウルザの鉱山/Urza's Mine》でそう上手くもいかない。

一方、志村もここで畳み掛けたいところではあるのだが、《かまどの神/Hearth Kami》と《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》ではあまり速いものではない。その間に、大礒は苦しいながらに土地をじわじわと伸ばしていく。
志村の《罰する者、ゾーズー/Zo-Zu the Punisher》こそ通るが、6マナに達した《トリスケリオン/Triskelion》が出てきてしまう。仕方なく《粉砕/Shatter》を撃つが《かまどの神/Hearth Kami》ともども3対1交換を余儀なくされる。それでも、《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》で攻めるのは忘れない。

ようやく大礒の時間だ。《曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror》が場に現れ、邪魔な《罰する者、ゾーズー/Zo-Zu the Punisher》は《残響する真実/Echoing Truth》で戻す。さらにトロンを揃えて《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》を駆使し、《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》《消し去りの水神/Kaijin of the Vanishing Touch》と守りを固める。

志村も《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》を通して逆転を狙うが、大礒は先に決めるとばかりに《曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror》のトークンを1体から5体に増産。《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》含めて9点のダメージを志村に与える。次のターンは無いとの宣告だ。

ここで志村は《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》を《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》に装備させて攻撃することを選ぶが、ライフ9の大礒にはすぐに勝てない。

とりあえず3点のダメージを与え、大礒ライフ6。《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》でダメージを与える先を選ぶのだが、ここで志村は悩む。

自らのライフは11。残る《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》は1枚。大礒の土地は5枚だがトロンが揃っているのでトークンはさらに5体生産できる。10体の1/1と2/4、さらに《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》もいる。
手札を見ると《粉砕/Shatter》がある。これで《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》を除去できればいいのだが、大礒は明らかに《マナ漏出/Mana Leak》を構えていそうな雰囲気だ。

結局志村は、ここでは《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》を除去した。
対して大礒は全力でトークンを生産。自らのターンでフルアタックして、注文どおりに志村のライフが1になる。《島/Island》を1枚置いて、ディスカードの後ターンを返す。

志村の最後のターン。
《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》をまとった《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》が殴って、大礒もライフ1に。
ここで引いたカードが火力ならば簡単なのであるが、それは《山/Mountain》だった。志村は撹乱の意味も込めて《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》に《粉砕/Shatter》を放つ。いぶかしみながらも、大礒はこれをライブラリトップに退避。
そして最後のカードをプレイする。どちらにせよこれで決まる。
《凶運の首輪/Jinxed Choker》!

大礒は素早く対応した。
《無効/Annul》!

大礒 –1 志村 -2

Game 4

Shrapnel Blast

すんでのところで首の皮1枚繋がった大礒。わずかのところで取り逃した志村。流れは変わってしまうのか?
初手を見て志村が少し考えるが、キープ。《金属モックス/Chrome Mox》スタート、第2ターンに《罰する者、ゾーズー/Zo-Zu the Punisher》の滑り出しになる。背水の陣で後手の大礒は苦しいが、こちらも《消し去りの水神/Kaijin of the Vanishing Touch》スタート。
攻撃はできず《炎歩スリス/Slith Firewalker》を出すだけの志村だが、《罰する者、ゾーズー/Zo-Zu the Punisher》は徐々に大礒のライフを減らしていく。

しかし大礒も《選別の秤/Culling Scales》で場を徐々に平たくしに行き、そうなると土地が多めの志村は逆に二の矢が継げない。
第5ターンには、何もドロー呪文を使わぬままトロンを揃えた大礒。《曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror》を出して志村を待ち受ける。

《消し去りの水神/Kaijin of the Vanishing Touch》がいなくなり、《罰する者、ゾーズー/Zo-Zu the Punisher》の番が来てしまう志村は、なんとか突破口をこじ開けようと《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》と《罰する者、ゾーズー/Zo-Zu the Punisher》で攻撃し、《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》をコストに《爆片破/Shrapnel Blast》を《曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror》に放つ。しかしこれは《マナ漏出/Mana Leak》されてしまう。

そして注文どおり《罰する者、ゾーズー/Zo-Zu the Punisher》を葬った大礒は、《知識の渇望/Thirst for Knowledge》で手札を整えながら場を作っていく。
準備は整ったと見るや、《曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror》でトークンを大増産。一瞬のうちに志村を介錯したのだった。

志村が少しこぼしていたが、結局、《罰する者、ゾーズー/Zo-Zu the Punisher》2枚に《爆片破/Shrapnel Blast》という初手は厳しかったのだろう。
流れは戻り、勝負も最後のゲームへ。

大礒 –2 志村 -2

Game 5

志村が1枚ずつカードをめくると、そこには《金属モックス/Chrome Mox》《炎歩スリス/Slith Firewalker》という一気の展開が見込めるカードが。だが肝心の《山/Mountain》がない。
力をこめて7枚目のカードをめくるが、そこには《山/Mountain》はなく、別の展開を模索することになった。

ということで、志村は《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》《金属モックス/Chrome Mox》から《マグマの噴流/Magma Jet》を放つスタートになった。大礒は《血清の幻視/Serum Visions》から。

しかし、第2ターンに志村が《凶運の首輪/Jinxed Choker》をプレイしたことで、ゲームは一気にヒートアップしていく。
大礒も心なしか手を早める。志村は《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》を繰り出す。それを《マナ漏出/Mana Leak》で阻み、《選別の秤/Culling Scales》を設置して道筋を作る大礒。

《金属モックス/Chrome Mox》が壊れるなか、志村は《ちらつき蛾の生息地/Blinkmoth Nexus》で攻撃しつつ《尖塔の源獣/Genju of the Spires》をプレイし、《凶運の首輪/Jinxed Choker》の寿命を延ばす。

時計は刻み、クリーチャーはないが息詰まるダメージレース。

しかしここで大礒の気迫が勝ったか。
第4ターンにしてトロンを揃えると、豊富なマナを活かしてアップキープに1点のライフを残すべくカウンターを減らし、解決後には逆に増やして志村に押し付ける。

《凶運の首輪/Jinxed Choker》が移動する。
火力は、あるか。

志村は…手札をパッと広げ、
友を讃える笑顔を広げ、
右手を差し出した。

大礒 –3 志村 -2

マッチが終わるや否や今のマッチにおけるプレイングについて話を始める両者。実は、ゲーム中からも討論をしているくらいだったのだ。
ひと時の競争相手は、再び最強の同志へ。
この物語は、初冬の伝説にきっと続いていく。

Masashi Oiso defeats Ichiro Shimura.

大礒 正嗣が初の日本代表いり!

Latest Event Coverage Articles

December 19, 2019

Grand Prix Oklahoma City 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Carlson, Matt [US] 37 $6,000 2 Foreman, Matt [US] 37 $3,000 3 Cole, Conor [US] 36 $1,500 4 Majlaton, Alex [...

Learn More

December 11, 2019

Grand Prix Brisbane 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Gibson, Kyle [AU] 36 $6,000 2 Yeh, Chih-Cheng [TW] 37 $3,000 3 Thompson, Chris [AU] 37 $1,500 4 Lee, Anthon...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All