3rd Rochester:檜垣貴生

Posted in Event Coverage

By 森慶太

Pro Tour Sandiego の初日突破ラインは 4-2-1 の 13 point。
辛うじてそのライン上に踏みとどまった檜垣は、Standing を確認しながら高ぶる気持ちを抑えられなかったという。

それもそうだろう。何せ Seating が...

<名前(位置):色>
上田直(Budde の上):赤白
★Kai Budde(Geertseenの上):緑青
★Sven Geertseen(上家):黒赤緑
☆檜垣貴生:青白
★Jon Finkel(下家):赤緑
★Tom Van de Logt(Finkel の下):青黒
★Ryan Fuller(Van de Logt の下):赤緑
Reinhard Blench(Fuller の下、上田の上):青白

という具合。

そう、完全に世界のトップに包囲されてしまったのだ。
いわゆる「全勝縛り卓」で世界王者三名とともに Rochester を行うことになったのだから、たしかにプレイヤー冥利に尽きる展開かもしれない。

以下、檜垣のインタビュー。

SBJ:今回の Pod が発表されたときの感想は?
檜垣:そら、オイシイようなキッツイような複雑な気持ちでした。(苦笑)

SBJ:なるほど、それで実際はいかがでしたか?
檜垣:ローリーさんにアドバイスしていただいたってのもあるんですけど、とにかく徹底した協調ドラフトでした。僕も《リスの巣/Squirrel Nest》を Finkel と Geertseen に配ってますし、そのかわり《操作室/Chamber of Manipulation》がある状況で《獣の墓場/Animal Boneyard》も取らせてもらえたし、Budde から《文化交流/Cultural Exchange》もまわってきましたから。...日本人はクラッシャーで糞野郎というイメージが少しは払拭できたかなあ(笑)

SBJ:卓内での成功者は?
檜垣:頭一つ出てるのは Tom Van de Logt の青黒。《忍び寄る吸血者/Stalking Bloodsucker》が初手取り出きてるだけじゃなくて、すごいしっかりした構成だと思います。《セファリッドの物あさり/Cephalid Looter》とか《中略/Syncopate》とかが絶妙のタイミングでとれてますしね。あと、個人的には Fuller の赤緑も凄く厭ですね。何せコッチが細いんで。Budde も《踏み荒らし/Overrun》を協調の結果としてとれてるしなあ。... Finkel なんかは初手で《ドルイドの抒情詩人/Druid Lyrist》とか《くすぶり獣/Ember Beast》とか取ってるんですけどねぇ(笑)

animal boneyard
chamber of manipulation

SBJ:ところで、檜垣さんご自身のデッキはどうでしょう?
檜垣:ともかくシステムデッキなんで。《操作室/Chamber of Manipulation》&《獣の墓場/Animal Boneyard》のコンボはもちろん、2 枚ずつの《霊気の噴出/AEther Burst》と《公証人/Scrivener》とか、頑張れ《ミラーリ/Mirari》って感じで。「Looter」関係が Budde と Van de Logt にしか取れてないんで、《セファリッドの斥候/Cephalid Scout》頑張ってくれ!ってトコですかねえ。まあ、《文化交流/Cultural Exchange》まで耐えられれば何とか。個人的には卓内で 3 番目くらいのポテンシャルだと思ってます。

...Finals 準優勝という飛躍のきっかけを得た檜垣にとって、まさしく試練の四番勝負となった。マネーフィニッシュを目指して、険しい道のりに挑む。

Takao Higaki

Download Arena Decklist
Sorcery (1)
1 Cultural Exchange
Instant (2)
2 Shelter
Artifact (1)
1 Mirari
Land (17)
8 Island 9 Plains
Other (5)
1 Abondoned Outpost 1 Dream Winder 1 Kirtar's Justice 2 AEther Burst
41 Cards

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All