Day Two: Introduction

Posted in Event Coverage on June 12, 2004

By Wizards of the Coast

スタンダード3回戦とブースタードラフト4回戦という熾烈なジグザグフォーマットの7ラウンドを終えて、二人のプレイヤーが全勝という栄誉を掴み取った。

中村修平と志岐和政はともに去り行く《頭蓋骨絞め/Skullclamp》を堪能すべく親和デッキでスタンダードに3連勝し、フィフス・ドーンいりのドラフトでは不人気色といわれている緑をドラフトして金曜日を駆け抜けた。中村も志岐も自身がドラフトしたデッキに関して「2-2程度、3-1できたら上出来程度のクオリティのデッキしか構築できなかった」そうなのだが、スタンダード全勝の勢いそのままに勝ち星を重ねる事が出来た、と謙遜する。

そんなトップグループを追う6勝1敗ラインには藤田剛史をはじめとしたスタープレイヤーが名をつらねているわけなのだが、中でも圧巻なのが藤田憲一だ。ゲームぎゃざ誌でプレビュー記事を執筆していた彼だから、もちろんプレリリース・トーナメントには出場できない身の上だった。ただ、それどころか・・・なんと藤田は正式発売後にも一度も実際のフィフス・ドーンのパックを開封した事が無いというのだ。そんな、「今日がプレリリースだよ」と苦笑する藤田憲一が《弧炎撒き/Arc-Slogger》をフューチャーした見事な赤青のデッキを構築し、そのままドラフト全勝を飾ってしまった。実は藤田は「練習していないときほど結果がついてくる」というジンクスで知られており、実際に「ほとんど練習しなかった」というプロツアー・アムステルダムでベスト16に入賞していたりもする。

ともあれ、明日の土曜日はドラフトが3回戦、スタンダードで4回戦という具合で戦いがおこなわれることになる。はたして、ここではどのようなドラマが待ち受けているだろうか。緑のデッキをドラフトし、そして親和をスタンダードで選択したプレイヤーたちは好調を維持することができるだろうか? 熱戦の行方をお見逃し無く。

Latest Event Coverage Articles

December 19, 2019

Grand Prix Oklahoma City 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Carlson, Matt [US] 37 $6,000 2 Foreman, Matt [US] 37 $3,000 3 Cole, Conor [US] 36 $1,500 4 Majlaton, Alex [...

Learn More

December 11, 2019

Grand Prix Brisbane 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Gibson, Kyle [AU] 36 $6,000 2 Yeh, Chih-Cheng [TW] 37 $3,000 3 Thompson, Chris [AU] 37 $1,500 4 Lee, Anthon...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All