Draft Report: Draft 1- Pod 2 浅原 晃&志村 一郎&中村 修平

Posted in Event Coverage on December 1, 2005

By Daisuke Kawasaki

左から志村、浅原、中村

初日、全勝者の鍛冶を含め、15点以上に9人を送り出す快進撃を見せた日本勢だったが、同点数域に集まっているという事はつまり、ドラフト上位卓は日本人同士でのつぶしあいにもなりうるという事だ。

実際の上位3ポッドの日本人をみると

第1ポッド 鍛冶・諸藤・森
第2ポッド 中村・志村・浅原
第3ポッド 高桑・斎藤・津村

とそれぞれ3人ずつ振り分けられている。それぞれに取材チームがついているが、ここでは志村→浅原→中村(1パック目)と日本人が3人並ぶこととなった第2ポッドに焦点をあてて行きたい。

■Draft1 #2pod / Worlds 2005

1 Sale,yves
2 Dushkevich,atrem
3 Song,hua chao
4 Eigner,nikolaus
5 Jeong,hyunwoo
6 Shimura,Ichiro
7 Asahara,Akira
8 Nakamura,Shuhei

ドラフト終了後に浅原はこう語った。

「住みわけが上手くいきましたね」

ご存知の通り、浅原の言葉は、言葉どおり受け取っていい場合といけない場合の差が激しい。

はたして住み分けが本当に上手くいったという感想なのか、それとも色被りが激しかったことを踏まえた上での浅原流のシニカルなジョークなのか。実際のピックを見ながら判断してみようではないか。

まずは、日本人三人のファーストピックから。

志村:《セレズニアの福音者/Selesnya Evangel
浅原:《腹わた抜き/Disembowel
中村:《ディミーアのドッペルゲンガー/Dimir Doppelganger

中村が、ほぼノータイムでピックを決めていたのに対して、志村が時間ギリギリまで使って悩んでいた。最終的にパックの中に《ゴルガリの腐れワーム/Golgari Rotwurm》や《臭い草のインプ/Stinkweed Imp》といった黒緑系のカードが多かったからか白緑のキーとなる《セレズニアの福音者/Selesnya Evangel》をピックする事に決めたようだ。

ファーストピックだけを見ると、白緑→黒→青黒と、一色ずつ被りながらも上手く住み分けが出来そうな予感だ。

ちなみに、志村の一人上のJeongは《ウルサパイン/Ursapine》ピックで緑、中村の一人下のSaleは《信仰の足枷/Faith's Fetters》ピックで白となっている。浅原が黒緑になった場合、緑が3人並ぶのが気になるものの、Jeongは緑が濃くなることが想像され、そこから志村は白よりに浅原は黒よりに構築することによってお互いが十分なカードをピックする事も可能だろう。

といっても、ファーストピックはその後の流れ次第では使用されない可能性すらあるわけで、重要なのは以降のピックである。いつまでもファーストピックを中心に検討していても仕方がないので、続くピックを一気に見てみよう。

■Pack 1 ラヴニカ:ギルドの都

志村のピック

1 《セレズニアの福音者/Selesnya Evangel
2 《議事会の乗馬兵/Conclave Equenaut
3 《棘茨の精霊/Bramble Elemental
4 《砂蒔き/Sandsower
5 《遥か見/Farseek
6 《セレズニアの聖域/Selesnya Sanctuary
7 《尊い祖霊/Benevolent Ancestor

浅原のピック

1 《腹わた抜き/Disembowel
2 《ゴルガリの腐れワーム/Golgari Rotwurm
3 《深き闇のエルフ/Elves of Deep Shadow
4 《すがりつく闇/Clinging Darkness
5 《大いなる苔犬/Greater Mossdog
6 《ガラスのゴーレム/Glass Golem
7 《破れ翼のドレイク/Tattered Drake

中村のピック

1 《ディミーアのドッペルゲンガー/Dimir Doppelganger
2 《潮水の下僕/Tidewater Minion
3 《臭い草のインプ/Stinkweed Imp
4 《幻の漂い/Drift of Phantasms
5 《強迫的な研究/Compulsive Research
6 《現実からの剥離/Peel from Reality
7 《隠れ潜む密通者/Lurking Informant

見事に志村が白緑、浅原が黒緑、中村が青黒といった具合にすみわけが完了している。特に志村は白緑の基本的なパーツを順調に集めており、ほぼ白緑が確定した状況である。

中村は、全体のカードパワーとしては劣るものの、白と緑のカードがほぼ上でとまっている状況であるのをカードの流れから察したのと、単純に初手(《ディミーアのドッペルゲンガー/Dimir Doppelganger》)のカードパワーの高さを生かして、青よりの青黒へと生きる道を決めたようである。

浅原は、7手目の《破れ翼のドレイク/Tattered Drake》を見てもわかるように、緑の流れに対して何かしらの怪しさを感じ取ってか(2個上のJeongが極端に緑に偏ったドラフトをしている)、自身が黒よりのドラフトであるのも踏まえて青黒への以降の足掛かりも残しているようだ。だが、下に「青と心中するしかない」中村がいる以上、2パック目での青黒への移行はなかなかに難しいと思われ、また、二人下(中村の下)が白スタートから《野良剣歯猫/Sabertooth Alley Cat》などをかき集めて赤白に行っているのも踏まえて十分な黒緑のカードがピックできることが期待できるため、黒緑がほとんど確定していると考えていいだろう。

文中でも触れているように、日本人3人を中心にした5人の色の並びは、

緑(黒)→緑白→緑黒→青黒→赤白

となっており、ある程度の住み分けが出来ている、かのように見える。

一見、緑も黒もかぶっている浅原が厳しいように見えるが、初手《ウルサパイン/Ursapine》のJeongは緑以外の色を主張したカードが《暗黒破/Darkblast》くらいしかなく、まだまだ色が確定しない状況だ。逆回りになる2パック目では浅原・中村と黒をメインカラーとしたい2人がいる以上、白よりになることも十分に考えられるために、浅原にも十分にチャンスはある。

というわけで、浅原の冒頭の言葉はそのままの意味で受け取ってもよさそうだ。

よさそうか? 念のために卓全体の色分布を見てみよう。

1 赤白 Sale,yves
2 緑黒 Dushkevich,atrem :タッチ白気味
3 赤白 Song,hua chao
4 緑黒 Eigner,nikolaus  :タッチ白気味
5 緑黒 Jeong,hyunwoo
6 白緑 Shimura,Ichiro
7 黒緑 Asahara,Akira
8 青黒 Nakamura,Shuhei

明らかに偏っているのが見るからにわかってもらえると思う。

例えば浅原の場合、4人並んだ緑の4人目であり、更にまだ緑が卓にいると言う状態だ。さらに卓の緑勢は白緑よりも黒緑に拠っている。

もちろん、それだけの状況を作り出せるくらいに黒緑のカードが強かったというのがあるのだが、2パック目以降もその状況が続くとは限らない為、この内何人かは強制的な色変更、もしくは3色構築を強いられる事になりそうだ。

一方で卓全体のカードの出現率が低かったせいもあって、青が極端少なく、実質中村の独占状態である。といっても、現状中村がピックしている青のカードたちもいわゆる「弱くはないけれども強くもない」といったレベルが中心であり、この傾向が続くようならば、青黒は中村一人すらも抱え切れないだろうと思われる。当然、青が強くなった場合、緑中心のピックをしている緑黒勢などは、良くてタッチくらいにしか使用できないため、中村独占状態になる。

このあたりで住み分けがどう移行していくかも留意しつつ全員のファーストピックを見てみよう。

1 《夜番の巡回兵/Nightguard Patrol
2 《信仰の足枷/Faith's Fetters
3 《ボロスの怒りの盾/Boros Fury-Shield
4 《叫び回るバンシー/Keening Banshee
5 《ゴルガリの腐れワーム/Golgari Rotwurm
6 《瓶詰めの回廊/Bottled Cloister
7 《よろめく殻/Shambling Shell
8 《ディミーアのギルド魔道士/Dimir Guildmage

全体的にそれぞれの色を補強する形のカードをピックしている。注目するべきは、2番シートのDushkevichが白のカードを取って緑白寄りへのビジョンが見えてきている一方で、4番シートEignerと5番シートJeongが黒緑への足場を固めているという事実だ。浅原を含めたこの3人は非常に近い位置でカードを取り合う形になってしまっている為、非常に厳しい。特に浅原は、逆周りの時に3人で一番下である上に、緑としては志村もはさんだ4人の一番下となる為、上が赤白→黒緑白→赤白→青黒と比較的めぐまれた状況である2パック目である程度のカードを確保しておきたいところだ。

それを踏まえた上で、3人の2パック目のピックを見てみよう。

■Pack 2 ラヴニカ:ギルドの都

志村のピック

Dark Confidant

1 《瓶詰めの回廊/Bottled Cloister
2 《信仰の足枷/Faith's Fetters
3 《護民官の道探し/Civic Wayfinder
4 《ゴルガリの腐れワーム/Golgari Rotwurm
5 《棘茨の精霊/Bramble Elemental
6 《セレズニアの印鑑/Selesnya Signet
7 《ウォジェクの号笛/Wojek Siren

浅原のピック

1 《よろめく殻/Shambling Shell
2 《ゴルガリの腐れワーム/Golgari Rotwurm
3 《よだれ垂らしのグルーディオン/Drooling Groodion
4 《臭い草のインプ/Stinkweed Imp
5 《腹わた抜き/Disembowel
6 《死足虫/Mortipede
7 《深き闇のエルフ/Elves of Deep Shadow

中村のピック

1 《ディミーアのギルド魔道士/Dimir Guildmage
2 《脳崩し/Brainspoil
3 《闇の腹心/Dark Confidant
4 《ディミーア家の護衛/Dimir House Guard
5 《噛みつきドレイク/Snapping Drake
6 《臭い草のインプ/Stinkweed Imp
7 《妄想の誘導/Induce Paranoia

ごらんの通り、浅原の所に黒緑の強力カードや必要カードが怒涛のように押し寄せている。3パック目では余程のことがなければ最低限のカードくらいしかピックできないであろう事が容易に予想できる為、この時点でデックの骨組みをほぼ完成させられたのは幸運といえる。

一方で志村だが、白が固まっている為、やはり苦戦させられている。浅原が取りこぼした緑のカードを取りに行くのが精一杯であり、場合によっては2色で十分なカードを取りきれない事も考慮して《ゴルガリの腐れワーム/Golgari Rotwurm》などで3色を視野に入れなければいけないかもしれない。志村の辛いところは、3色にしたとしても、上2人が黒緑であるため、それでも十分なカードを集められるとは限らない、というところだ。かなり厳しいドラフトを強いられていると言えるだろう。

さて、そんな中で一人青黒独占地下組織祭開催中の中村であるが、困った事に一向に青のカードの質が上がってこない。待望の黒除去や《ディミーアのギルド魔道士/Dimir Guildmage》《闇の腹心/Dark Confidant》のアドバンテージエンジン、《臭い草のインプ/Stinkweed Imp》など、なんとかデックの形になりそうなところまでもっていけそうな感じには仕上がってきてはいるのだが、席順のアドバンテージを考えればまだまだ不満な結果であると言っていいだろう。3パック目で地下組織ナカシューに光が差し込むことはあるのか。

ちなみに2パック目終了時の色分布は以下の通り。

1 赤白  Sale,yves
2 緑白黒 Dushkevich,atrem
3 赤白  Song,hua chao
4 緑黒白 Eigner,nikolaus
5 緑黒  Jeong,hyunwoo
6 白緑  Shimura,Ichiro
7 緑黒  Asahara,Akira
8 青黒  Nakamura,Shuhei

幾つか補足説明を。

まず、完全に三色になるであろう事が確定した2番シートDushkevichと4番シートEignerの2人。1パック目では緑黒を中心にピックしていたが、卓全体で緑黒が飽和状態であるのは誰もが感じていたことであるので、2パック目では取りやすい緑白系のカードを中心にピックする方針に移行している。ファーストピックでは黒緑を主張していたEignerではあるが、前述の通り、浅原のところで黒緑系の強力カードはほぼストップしてしまっている為に方針を変更せざるをえなかったと言う所か。この変化が浅原と志村の今後のピックに与える影響は大きいと思われる。特に志村はただでさえ厳しい闘いの中、より厳しい方向へとおいつめられていっている様ですらある。

3番シートSongは上に赤がいない状況を活かし、赤のカードを中心にピック。ボロスカラーのキーとなる《空騎士の軍団兵/Skyknight Legionnaire》がこのパックで多めにでたのはSongにとっては追い風だろう。

5番シートJeongはそれでもまだ緑のカードを中心にピックしている。正直黒緑とさえ断定できない状況であり、パックの状況によっては白緑への以降すら理論上はありうる状況だ。正直Jeongが白に参入すると、浅原・中村を除いた6人が白を選択する事になるのでありえないのだが、Jeongが白を選択する事はありえないということは、ありえない位置で白を続けざるをえない志村が苦戦することを証明しているに過ぎない。「やる気のイデア」といえども、この状況にはさすがにやる気も萎えるのではないだろうか。いやいや、きっとこんな状況でも志村はやる気を見せてくれるはず。それでこその志村だ。

ちなみに、この時点で赤白を選択している2名を除いて全員が緑ベースになる事はほぼ確定している。強いて言えば黒よりの緑黒である浅原が青にタッチできるが、浅原の2パック目でのピックの完成度を考えればタッチのメリットが色を増やすデメリットを上回ることがあるとは考えにくい。これはどういうことかというと、2パック目の時点では競合相手が現れる可能性のあった中村だが、3パック目ではかなり青が強いカードプールだったとしても取り放題だということだ。何しろ赤白2人と浅原以外の4人はカットする余裕さえないピック状況なのだから。

そんなわけで、ある程度デックが完成している浅原はともかく、苦戦の志村と地下組織中村のデック完成度を大きく左右する事になる3パック目、まずは前置き無しでピックを見てみよう。

■Pack 3 ラヴニカ:ギルドの都

志村のピック

1 《虚無魔道士の番人/Nullmage Shepherd
2 《誓いを立てた巨人/Oathsworn Giant
3 《信仰の足枷/Faith's Fetters
4 《セレズニアの聖域/Selesnya Sanctuary
5 《いかさま師の刃/Grifter's Blade
6 《尊い祖霊/Benevolent Ancestor
7 《潮水の下僕/Tidewater Minion

浅原のピック

1 《戦利品狩り/Trophy Hunter
2 《ゴルガリの腐れワーム/Golgari Rotwurm
3 《脳崩し/Brainspoil
4 《臭い草のインプ/Stinkweed Imp
5 《噛みつきドレイク/Snapping Drake
6 《ヴィダルケンの幻惑者/Vedalken Entrancer
7 《深き闇のエルフ/Elves of Deep Shadow

中村のピック

1 《ヴィダルケンの幻惑者/Vedalken Entrancer
2 《噛みつきドレイク/Snapping Drake
3 《悲哀をもたらす悪魔/Woebringer Demon
4 《ごみ引きずり/Junktroller
5 《暗黒破/Darkblast
6 《破れ翼のドレイク/Tattered Drake
7 《噛みつきドレイク/Snapping Drake

Shuhei Nakamura

Download Arena Decklist

中村 「いやー、やばいです。強すぎます」

デック構築中の中村の様子を見に行くと、デックに入れる最後の1枚を5枚のカードから悩んでいる最中であった。その5枚とは

《悲哀をもたらす悪魔/Woebringer Demon
《隠れ潜む密通者/Lurking Informant
《検分するスプライト/Surveilling Sprite
《闇の腹心/Dark Confidant
《ゴルガリの印鑑/Golgari Signet

どれも、通常であればデックに入れることを悩む必要のないカードである。

例えば、第1ポッドでかなり苦労して青黒デックを構築した森などからは贅沢すぎなどと罵声ともつかない意見が出されていたくらいだ。

リストには入っていないが、中村は8手目でも《ヴィダルケンの幻惑者/Vedalken Entrancer》をピックするなど、3パック目全体を通して強力カードをピックできている。目標は?という筆者の質問にも「3-0です」と力強く答えてくれたくらいだ。

ちなみに、5枚のセレクション、最終的に中村は《悲哀をもたらす悪魔/Woebringer Demon》を選択したが、3戦終わった時点で聞いたところ正解は《ゴルガリの印鑑/Golgari Signet》だったとの事。

なぜか?

中村のデックは中盤以降に強いデック構成になっており、また全体的にマナ喰い虫なカードが多い。さらに中村は事故で1戦落としてしまっているのだ。

Ichiro Shimura

Download Arena Decklist

一方の志村。

志村 「つらいっすね」

さすがの「やる気のイデア」も今回のドラフトには参ったようだ。「2-1したいけど…1-2が限界かも…」と珍しく弱気のコメントを残している。

Round 8でのDushkevich戦3ゲーム目でほぼ負けだろうと思われた場から執念の大逆転をはたし、意地を見せつけたものの、最終的に1-2という残念な結果に終わっている。

志村 「いや、次3-0してベスト8狙いますよ」

さすがは「やる気のイデア」。

Akira Asahara

Download Arena Decklist

さて冒頭の浅原の「住み分けがうまくいった」の発言は結局どのような意図だったのだろうか。

浅原は他にも茶番中心のあまり役に立たないようなコメントしかしてくれなかったので推測するしかないが、このコメントは、住み分け自体は非常に厳しかったが、自分はそこしかないタイミングで波を捕まえられて結果的に強いデックを作ることが出来たということに対して自嘲も含めた意見であった、と考えるべきであろう。

ここまで見てきたように色の分布で考えれば浅原は(それしか選択肢がない状況だったものの)決してうまくいったとは言い難い。

ちなみに、浅原はRound 9で志村・中村と打ち負かし、一躍日本人キラーとなっていたEngnerをストレートで打ち負かし、第1ドラフトで3-0、総合成績でも8-1という好成績をあげている。そんな浅原に感想を聞いてみよう。

「ボブメイヤーは宇宙」

やはり浅原のコメントは役に立たない。

R9 StandngPlayer Name1st DraftTotal PtsStandard Deck
1鍛冶 友浩2勝1敗24pts白緑
2森 勝洋3勝24pts白緑
4浅原 晃3勝24pts暦伝
13高桑 祥広2勝1敗21ptsGodo-Ghazi
15中村 修平2勝1敗21pts白緑
16津村 健志2勝1敗21pts白緑
20石川 錬3勝21ptsヤソコン
23岡本 尋3勝20pts白緑
24藤田 修2勝1敗19pts白緑
27斉藤 友晴1勝1敗1分19pts白緑
29三原 槙仁2勝1敗19pts青黒
34大澤 拓也2勝1敗18pts白緑
38志村 一郎 ☆1勝2敗18pts白緑
41大礒 正嗣 ☆2勝1敗18pts
42塩津 龍馬2勝1敗18pts白赤ウィニー
49有田 隆一2勝1敗18ptsトリコロール
55大塚 高太郎2勝1敗18pts白緑
67諸藤 拓馬 ☆3敗16ptsGodo-Ghazi
74黒田 正城2勝1敗16ptsけちコン
84藤田 剛史1勝2敗15pts白緑
88板東 潤一郎1勝2敗15ptsヤソコン
100猪野 健太郎2勝1敗15ptsけちコン
107池田 剛1勝2敗15pts白緑
108石田 格2勝1敗15pts白緑
114射場本 正巳2勝1敗15pts早摘み
117有留 知広2勝1敗15ptsヤソコン
118小倉 陵2勝1敗15pts白緑
119八十岡 翔太1勝2敗15pts青黒タッチ緑
134平林 和哉1勝2敗14ptsGodo-Ghazi
166森田 雅彦1勝2敗12pts白緑
214笹川 知秀3敗10pts白緑
216小室 修1勝2敗10pts白緑
229田中 久也1勝2敗9ptsトリコロール
■参照データ
StandngPlayer Name Deck
157Olivier Ruel3敗12ptsけちコン

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All