Feature: スタンダード全勝デッキのできるまで

Posted in Event Coverage on September 2, 2005

By Yusuke Yoshikawa

鍛冶 友浩は今大会で唯一のスタンダード全勝者だ

最終戦も見事勝利し、スタンダードを飾った鍛冶 友浩(埼玉)に話を聞いた。

鍛冶

イチローさん(志村 一郎)とトモハル(斉藤 友晴)の3人で、泊まり込みの調整をしながら作りました。

ちょうど日本選手権予選がやっていたころ、自分もスタンダードやりたいなって思って、Magic Onlineでかなりやっていたんですね。そのころは緑トロンとかを使っていたんですが、相手が使っていたこのデッキが強かったんですね。《凶運の首輪/Jinxed Choker》とか頭いいじゃん、間に合わないじゃん、って。

自分も(緑トロンに)《金属モックス/Chrome Mox》を入れたりして間に合わせようとしていたんですが、それなら結局自分で使ってしまおう、と。その後しばらくブロック構築シーズンが続いて放置していたんですが、この選手権に向けて調整を始めよう、って時にトモハルから「今は青トロンが強いよ」って聞いて。

モックス入りの緑トロンでも間に合わなかったのに、青トロンが間に合うわけないじゃん、と考えて、Magic Onlineからコピーしてきて原型を作りました。

最初は《尖塔の源獣/Genju of the Spires》はサイドだったんですが、《太陽のしずく/Sun Droplet》を突破できるところが良くて、採用しました。一度、《太陽のしずく》4枚張られても殴り勝ちましたよ(笑)。

逆に、青にはあまり効かない《ヴァルショクの魔術師/Vulshok Sorcerer》とかはサイドに落としてます。

あとは《花崗岩の破片/Granite Shard》ですね。同キャラ戦などで、クリーチャーだけ除去されて装備品だけ残るシーンが多かったので、なら(クリーチャーではない除去である)これだ、と。

サイドボードの《火と氷の剣/Sword of Fire and Ice》はわりとありがちですが、《光と影の剣/Sword of Light and Shadow》も使っています。そもそも《尖塔の源獣》でクリーチャー化した土地には《火と氷の剣》はつかないし、もともとメイン《尖塔の源獣》なんだからこっちかなと。白ウィニーの《オーリオックのチャンピオン/Auriok Champion》を突破したり、黒のネズミにチャンプブロックされなかったり、便利ですよ。

そういうこともあって、ミラーマッチでは15枚入れ替えてました。

今回は組み合わせも予想通りで、青と黒ばっかり。ネズミに対して《凶運の首輪/Jinxed Choker》を残したりとか、考え通りにできました。

ドラフトで3-4しちゃって、すごいもったいなかったんですが、イチローさんが残ったので、調整を頑張って協力します。

“Rage against the Machine” by Tomohiro Kaji

Download Arena Decklist

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All