Feature: 勝負駆けとMVP争い

Posted in Event Coverage on December 1, 2005

By Koichiro Maki

13ラウンドの開始時に、ちらりと上位陣のデッキ選択を確認してみた。ちら見なので少し違っているかもしれないが、見た範囲の分布は大まかにこんな感じになる。

 セプターチャント  5
 サイカトグ 4
 BGアグロ 4
 BDW 3
 親和 2
 Madness-tog 1
 Balancing 1
 CAL 1
 ロック 1

単純に第一印象を述べるとすれば、無難。

それもそのはず、彼等上位陣はそれほど無理をする必要がないからだ。世界選手権でのトップ8通過ラインはおおよそ40点と言われている。(昨年は、39点一人で、残りは40点以上)だとすれば、ほぼ27点以上を持っている彼等にとって必要なのは13点。4-1-1と割と普通の好成績で達成可能。

これが、現在トップの森 勝洋にすると更に話は簡単になる。森は既に33点を叩き出しているので、7点、2-3-1でいい計算だ。手堅くいかない理由がない。

だが、現在22点付近のプレイヤーにとっては、明らかに事情が異なる。今日全勝すると、獲得できる点数は18点。40-18=22。そう、つまり彼等はもはや一敗も許されないのだ。一度でも躓けば、競馬でいうなら予後不良。ダビスタで言うなら悲しげな空。ドラクエで言うなら、死んでしまうとは何事だ。残念ながら、王様による復活はない。

なので、彼等は必死の思いで6-0できるデッキを選んだはずだ。例え多少の無理は内包しようとも、爆発できる可能性の高いデッキを。それについては、また別記事でまとめてみたい。

前文が長くなってしまった。

世界選手権王者を目指す戦いの他にも、今現在火花を撒き散らす戦いがもう一つ同時進行している。そう、ご存じプレイヤー・オブ・ザ・イヤーの最終コーナーが、この世界選手権なのだ。

オリバー 80、津村 77、大礒 71。これが、世界選手権開始時点での上位三人の点数状況だ。初日の別記事でオリバーの順位を元にした津村と大礒の必要順位を表にしたが、ここでそれをもう一度参照しておこう。

オリバーの点数津村大礒
 1位 25点××
 2位 20点1位×
 3-4位 16点2位以上1位
 5-8位 12点4位以上2位以上
 9-16位 8点8位以上2位以上
 17-24位 7点8位以上4位以上
 25-32位 6点8位以上4位以上
 33-48位 5点16位以上4位以上
 49-64位 4点24位以上4位以上
 65-128位 3点32位以上8位以上
 129+ 2点48位以上8位以上

1-5。二日目でOlivier がまさかの大崩。これで話がかなり簡単になるかと思いきや、津村と大礒も割と小崩。三人揃ってトップ8入りしたグランプリ北京の活躍ぶりからは全く想像できない展開が待ち受けていた。現在の三人の状況はこうだ。

津村 24点 33位
大礒 21点 64位
Olivier 15点 195位

現状のまま進んだとすると、Olivier の点数は2点追加で82点。津村も5点追加で82点。大礒は4点追加で75点。更に大礒には、ナショナルチームの点数が加算される。現在は7位なので3点。つまり、78点だ。

Olivier 82、津村 82、大礒 78。まとめると、二日目終了時点でのレース最新状況はこうなるわけだ。

世界選手権で優勝すると、獲得できるポイントは25点。では、完全に他のプレイヤーには可能性が無いのだろうか? Olivier は最低でも82点に到達する。なので、25点を足してこれに到達できるかどうかが、フィルターとなる。82-25=58。

彼等三人以外で、58点を達成しているプレイヤーは、Resident Genius こと藤田剛史と、プロツアーフィラデルフィアで優勝した Gadiel Szlifier の二人のみ。

藤田 剛史 18点 124位

残念。では、もう一人は?

Gadiel Szleifer 27点 14位

お! 

十分なトップ8圏内だ。というわけで、優勝した場合のみ、Szleifer にも可能性があることを追記しておこう。

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All