Feature: 第2ドラフト1番卓、志村 一郎

Posted in Event Coverage on September 2, 2005

By Yusuke Yoshikawa

志村 一郎

初日で素晴らしいスタートを見せた猛者たちが集う第2ドラフト1番ポッド。その中から、今大会での飛躍を狙う志村のドラフトに注目して、ピックの流れを彼のコメントとともに振り返ってみたい。

神河物語

1《兜蛾/Kabuto Moth
他の候補:《山賊の頭、伍堂/Godo, Bandit Warlord》《義理に縛られし者、長雄/Nagao, Bound by Honor

「《長雄》を流してしまうので、下が白くなるのは覚悟していました」

《兜蛾》が強いカードであることは間違いないが、その後のドラフトに制約がかかることが約束されたピック。それを十分承知の上、志村はドラフトを進めていくことになる。

2《狐の刃遣い/Kitsune Blademaster
他の候補:《野太刀/No-Dachi

3《消耗の渦/Consuming Vortex

4《空民の雲乗り/Soratami Cloudskater
他の候補:《祝福の息吹/Blessed Breath

ここでは手なりで白いカードも考えられたところだが、「下に白青は絶対にやってほしくない」というラインを敷き、青いカードを優先した。

「救済が入って、手札を増やすカードの価値が高くなりましたしね」

5《川の水神/River Kaijin
他の候補:《小走りの死神/Scuttling Death

上記路線の継承となる。

6《百爪の神/Hundred-Talon Kami
7《蝋燭の輝き/Candles' Glow
8《未達の目/Eye of Nowhere

9《狐の裂け目歩き/Kitsune Riftwalker
他の候補:《ねじれた鏡映の神/Kami of Twisted Reflection

返しになる謀叛の白は期待できないが、ここで白白のカードを取りに行った。

「救済で《月翼の蛾/Moonwing Moth》とかが取れるかもしれないので、一応白が濃くなったときのことも考えました。結果的には青が濃くなってデッキに入りませんでしたけど」

ここは《ねじれた鏡映の神》を取ったほうがよかったのかも、とも考えられたが、この時点での材料からよく考えられた選択だったといえるだろう。

10《霧中の到達/Reach Through Mists
11《精神のくぐつ/Psychic Puppetry
12《沈黙の歌のずべら/Silent-Chant Zubera
13《孤独の守護者/Guardian of Solitude
順目はかなり遅かったのだが、かなりの大活躍を見せたカード。

この時点で、上の信下は黒赤、下の野瀬は白赤を中心にピックしていた。

神河謀叛

1《深き刻の忍者/Ninja of the Deep Hours
他の候補:《水面院の視線曲げ/Minamo Sightbender》《信心深い従者/Faithful Squire

2《幻影の翼/Phantom Wings
ちょっとこの順目で取りたいカードではないが、
「ここであがくこともないですし、使うカードだけ取っておけば」

3 《深き刻の忍者/Ninja of the Deep Hours
4《霧刃の忍び/Mistblade Shinobi
5《涙の神/Teardrop Kami
6《天羅至の掌握/Terashi's Grasp
7《水面院の視線曲げ/Minamo Sightbender
8《日夜の苦役/Toils of Night and Day
9《水面院の翻弄/Minamo's Meddling
10《繕いの手/Mending Hands
11《秘密の帷/Veil of Secrecy

想定どおり、青が濃く白はほとんど見えない流れに。

神河救済

1《朧宮の特使/Oboro Envoy
謀叛まではやや小粒の印象があるカード群だったが、ここでようやく制圧力のあるカードを入手。

2 《鳥居を見張るもの/Torii Watchward
他の候補:《月弓の幻術師/Moonbow Illusionist

「《鳥居を見張るもの》は個人的に気に入ってて、《兜蛾》にも転生しますし。でも、さすがにここでは《月弓の幻術師》の方がよかったです」

3《清麻呂の末裔/Descendant of Kiyomaro
他の候補:《初めて立ったもの、清麻呂/Kiyomaro, First to Stand》《鳥居を見張るもの/Torii Watchward

これも結局入らなかったカード。
「序盤で出ないとちょっと…」

4 《飛行の翼の思念/Shinen of Flight's Wings
5《初めて立ったもの、清麻呂/Kiyomaro, First to Stand
6《夢捉え/Dreamcatcher
7《姿奪い/Shape Stealer
8《荒場の蛾乗り/Araba Mothrider
9《鳥居を見張るもの/Torii Watchward
10《夢捉え/Dreamcatcher

11《寄せる潮のずべら/Rushing-Tide Zubera
協調を貫いたところに思わぬプレゼント。

12 《夢捉え/Dreamcatcher

Dreamcatcher

「《夢捉え/Dreamcatcher》好きなんです。取りすぎて1枚余ったくらいで」

上の信下は最終的に黒単になり、その強い協調路線もあって十分なカードを入手できた。
一方、志村から下に向かっては3人の白使いが並ぶことになった。その中で志村は一番上に位置していたということもあるが、色が被ることを上手く考慮に入れてドラフトをしていた印象がある。

志村もドラフトには手ごたえを感じているようで、最終的には《清麻呂の末裔/Descendant of Kiyomaro》《狐の裂け目歩き/Kitsune Riftwalker》といった白白のコストを持つカードを除外して、より安定性の高いデッキに仕上げられたようだ。これは、質の高いカードが多く取れたからこそ実現できたことだという。

厳しい卓ながら、水準以上のデッキを持つことに成功した志村は、2勝1敗とまずまずの成績を残して第2ドラフトを終えた。

Top8に向けての快走を期待しよう。

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All