Feature: 2005年度日本代表チーム

Posted in Event Coverage on September 2, 2005

By Daisuke Kawasaki

■諸藤 拓馬/Takuma Morofuji - National Champion

「全ては三原(槙仁)のデックのおかげですよ。」

最終日開始前にトップ8に入った感想を尋ねた所、諸藤は笑顔でこう答えた。常に笑顔を絶やさぬ好青年である。かつては天才少年と呼ばれた諸藤も、大学を卒業し社会人となりマジックからも離れていった。それでも、日本選手権だけはなんとか毎年参加していたが、別に強く打ち込んでいたわけでもなかったし、ましてや勝っていたわけでもなかった。

そんな諸藤をトップ8に、そして日本チャンピオンへと導いたのは三原のデックだった。同じデックを使用している「九州のブルドーザー」三原は、0-3からの奇跡の大逆転でトップ8入りを果たし、初日のスタンディングの結果から、上位二名が権利を放棄した場合の代表チームのリザーバーとなっている。

「三原と勝負したいんですよね!」

 そんな諸藤は、三原を準々決勝で破った大礒を打ち破っての決勝進出を果たしている。

「できれば出たいけど…仕事次第かなぁ。でもでれるように努力します。」

世界選手権への出場が困難である事を口にする諸藤。

だが、今回の日本選手権で諸藤が発揮したパフォーマンスをもってすれば、必ずやその困難を切り抜け世界選手権でもその笑顔を見せてくれると信じている。


Takuma Morofuji - Razor Tron

Download Arena Decklist

■彌永 淳也/Jun'ya Iyanaga - National Team Member

「いや、そろそろ勝ってもいい時期だったんですよ。」

彌永の人となりを聞かれて斉藤 友晴(東京)はこう答える。今まであまり表舞台に立つ事のなかった彌永だが、母体とするコミュニティである池袋やネット上ではかなりの実力者として知られる男だ。

「とにかく努力家だし、負けた時なんてずっと席で自分が負けた理由を考え続けてるんですよ。」

高校受験で一時期引退だった彌永は、復帰後のPTアトランタでは、海外でのコミュニケーションの行き違いからDQをくらってしまう。だが、そんな中でも着々と自分を高め続けた「寡黙なる努力家」彌永の努力が、この日本選手権において遂に結実した。

高校受験で一時期引退をした様に、大学受験を控えた彌永は、今回の日本選手権を境に一時期引退する事を考えているという。したがって、世界選手権における代表チーム入りも辞退する可能性をほのめかせている。

一方で、大学受験後のPTホノルルから再びマジックに戻ってくる事も表明している。復帰後の彌永はきっと、その名前を日本中、いや世界中に知らしめてくれる事だろう。


Jun’Ya Iyanaga - Monored

Download Arena Decklist

■大礒 正嗣/Masashi Oiso - National Team Member

「今回はデックが強かったですよ。トロンもよく揃いましたし。」

今大会の感想を尋ねると、大礒は謙虚にそう答えた。唯一にして最高のパートナーである津村 健志(広島)とうまく連繋を取る事ができずに、十分な準備をできないままこの大会に臨んだ大礒としては、3位を取れた事はむしろ十分だという。

「リミテッド4-3ですからね。構築は一人でも練習できるけどリミテッドはなぁ…」

全体的に謙虚な大礒の態度の理由は、やはり思い通りにいかなかったリミテッドの成績からきているようだ。だが、そのリミテッドの成績を補うだけの成績をスタンダードであげ、トップ8に入ってしまうのは、流石の一言に尽きる。大礒の強さはよく底が知れない強さだと形容されるが、実際に話していても、その謙虚さからは過去の強豪プレイヤーが持っていた様な圧倒的な威圧感のようなオーラは感じられない。だが、日本人で数少ないレベル5プロプレイヤーであり、レベル6も、さらにはPlayer of the Yearも目の前にまで迫っているのだ。まさに新世代・新しい形の強さを持った男と言える。

そんな大礒に世界選手権への豊富を聞いてみた。

「津村にだけは負けたくないですね」

「世界のISO」の最大のライバルは案外身近なところにいた。


Masashi Oiso - NEWS

Download Arena Decklist

■志村 一郎/Ichiro Shimura - National Team Reserver

「あと2PTで来期のレベル4が確定するんですよ」

日本代表チームへのモチベーションを志村はこう語る。世界戦では国別対抗戦でもプロポイントが発生するため、可能性をふやす為にもとにかく代表チームに入りたかったという。来年は学校を休学して世界中のGPを周りたいと語る志村にとって、補欠という立場とはいえほぼ目標達成だという。

また、大礒との代表チーム入りも悲願であったようだ。もともと交流の深い二人、PTやGPでも一度くらい同じチームで参加したいと常々思っていたが、母体コミュニティの違いなどからなかなか実現には至らなかったという。そんな大礒と願ってもない形でチームを組む事になりそうだとなれば、志村のやる気が燃え上がらないわけがない。(上位二人が棄権した場合のリザーバーである)三原 槙仁ともプライベートでの親交がある志村としては、かなり理想的なチームでの世界選手権参加となりそうだ。

といっても、いい事ばっかりだったわけではない。

「そりゃ、くやしいですよ。今日は実質1勝2敗ですから。」

この悔しさをバネに世界戦にはさらなるやる気を持って臨みたいと語る志村。「やる気のイデア、イチロー」のやる気は尽きる事がない。


Ichiro Shimura - Mono-Red Stompy

Download Arena Decklist

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All