Feature Match ラウンド 1: 中村聡 vs. 石田格

Posted in Event Coverage on May 3, 2002

By 松井健治

 プロツアーニース第 1 回戦。
 早速、強豪日本人対決が行われる。

 中村聡と石田格。
 世界でも名を知られる彼らの今回ドラフトしたデッキは、中村が、《怪奇な混種/Grotesque Hybrid》を 2 枚も搭載した青黒デッキで、石田は《くすぶり獣/Ember Beast》を 4 枚も手に入れた赤緑ビートダウン。
2 人とも、全勝を狙えるデッキではあるが、勝つのは一人。
 本日の初戦を勝利で飾るのはどちらか。

Game 1

 先手中村。
 タップインランドを 2 枚重ねて、 3 ターン目に《サイカトグ/Psychatog》をキャスト。
 対する石田は 2 ターン目に出した《狂犬/Mad Dog》を特攻させ、中村は《サイカトグ》でブロック。
 そこへ石田は更に《癇しゃく/Fiery Temper》を《サイカトグ》に撃ち、中村は大量のディスカードを迫られる。

 だが、《サイカトグ》が戦線を支えている間に、中村は《綿密な分析/Deep Analysis》や、《ボールシャンの協力者/Balshan Collaborator》などをキャストし、中村のペースである。

 押してはいるのだが、中村の《サイカトグ》を突破出来ずにいる石田。
 なんとか《ナントゥーコの養成者/Nantuko Cultivator》を引き、 4/4 でキャストしたところから石田が更に攻撃を開始。

 《日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla》、《熊人間/Werebear》、《くすぶり獣》と展開し、中村の本体に《焦熱の飛弾/Scorching Missile》を撃ち、これを《無政府主義者/Anarchist》で拾った所で、お互いのライフは中村が 5 、石田が 15 と、大きな開きを見せる。

 石田の手に《焦熱の飛弾》があることを考えると、中村のライフは実質 1 。
 この事実を 12 分に解っているのは当の中村本人。

 なんとか残り 1 点を削られまいと、必死にブロッカーをキャストする中村だが、中村がタップアウトした瞬間に引いてきた石田のドローは《炎の稲妻/Firebolt》。

 ホッとした表情で石田が中村に 2 枚のカードを提示すると中村は投了した。

中村 0 - 1 石田

Game 2

 再び先手の中村だが、後手 1 ターン目に石田は《日を浴びるルートワラ》を呼び、中村にプレッシャーをかけて行く。
 引きは決して悪くない中村なのだが、常に守りに回らないと押しきられてしまう。

 石田の《日を浴びるルートワラ》を《セファリッドの斥候/Cephalid Scout》と、《ハイドロモルフの守護者/Hydromorph Guardian》でブロックし、相打ちにしようとしたら《筋力急伸/Muscle Burst》でそのまま踏み潰され、石田が更に《くすぶり獣》を出せば、これを《ボールシャンの協力者》で相打ちを取らなければいけない状況と、事態は悲惨な方向へ。
 
 そこに合わせて、石田からの《焦熱の飛弾》を食らった中村のライフは 8 。
 ライフは減ったが、なんとか場を平らに戻す事の出来た中村は、そこから《綿密な分析》、《モルグの窃盗/Morgue Theft》で《ボールシャンの協力者》を回収し、更に守りを固めて行く。

 出したクリーチャーはブロッカーとして中村の盾となり、石田がが更に繰り出すクリーチャー達と相打ちになって行く。
 でもそこは青黒らしく、時間を引き伸ばせばカード枚数差で勝利するのを見せ付けるかのようにフラッシュバックの《モルグの窃盗》でクリーチャーを回収し、やっと中村の反撃が始まった!

 と思った瞬間。

 中村はマナが全てタップアウト。
 そこで石田がドローしたのは《野生の雑種犬/Wild Mongrel》。
 ちょっと考えた石田はこれをキャストし、《野生の雑種犬》の能力のコストとして手札を 3 枚ディスカード。

 そして石田の手に残るスペルを《野生の雑種犬》にプレイした。
 《無謀なる突進/Reckless Charge》である。

 《モルグの窃盗》を打った瞬間、攻守がやっと入れ替わったと思った中村だが、反撃する間も無く、石田の《野生の雑種犬》に押しきられてしまった。

中村 0 - 2 石田

Final Result : 石田 Win

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All