Feature Match Round 2: 日高歩 vs. 和栗朗

Posted in Event Coverage on February 16, 2002

By 藤枝勇

ゲームぎゃざや Duelist Japan に連載を持ち、PT への参加を熱望する和栗。GP 名古屋において Best 4 に入った事もある強豪日高との対戦である。

次回で Duelist Japan 誌の「プロツアーを目指そう」の連載が終わる和栗としては、綺麗に最終回で PT への参加権も獲得できるかどうか…正念場であった。早くも日高という大きな壁にぶつかってしまったわけなのだが、はたしてどうなるだろうか?

Game 1

先攻和栗 青黒
後攻日高 青黒緑

両者マリガン無くスタート、序盤は土地を並べ合うだけの展開となった。
一瞬土地が止まるが和栗の《夢繰り/Dreamwinder》を《無垢の血/Innocent Blood》で除去しながら《セファリッドの物あさり/Cephalid Looter》を出せて、ほっと一息の日高。

《セファリッドの物あさり/Cephalid Looter》を除去するために出した《陰謀団の拷問者/Cabal Torturer》を《顔なしの解体者/Faceless Butcher》によって消されてしまい、数少ない除去の一つ《恐ろしい死/Ghastly Demise》を《セファリッドの物あさり/Cephalid Looter》に打つ羽目になってしまった和栗がすこし苦しい展開か?と思われたところで《屍肉ワーム/Carrion Wurm》が登場し、押せる展開になってきた。

その《屍肉ワーム/Carrion Wurm》を殺そうと《顔なしの解体者/Faceless Butcher》と《アクアミーバ/Aquamoeba》でブロックする日高だが《顔なしの解体者/Faceless Butcher》を《やつれ/Waste Away》され、更に手札が真っ青なのに場には島が 1 枚しかないという最悪の展開となる。

《のぞき見/Peek》で《ひどい憔悴/Crippling Fatigue》を引き、《陰謀団の拷問者/Cabal Torturer》が場に出ることは阻止し待望の 2 枚目の島を手に入れた日高は《綿密な分析/Deep Analysis》を打つが《クローサの獣/Krosan Beast》等を引いてしまい今一ドローが良くない。

《公証人/Scrivener》で《リフレッシュ/Refresh》を戻す等、騙し騙しの展開となってしまい再び《屍肉ワーム/Carrion Wurm》を除去するためにダブルブロックするが《アクアミーバ/Aquamoeba》を《ゾンビの暗殺者/Zombie Assassin》で除去され、きつい展開が続くが、和栗も土地ばかり引いていた。

和栗:《屍肉ワーム/Carrion Wurm
日高:《空翼のエイヴン/Skywing Aven》《ハイドロモルフのカモメ/Hydromorph Gull》《ボールシャンのグリフィン/Balshan Griffin

と完全に場の状況が逆転し、和栗が勝ってるのはライフくらいとなってしまった。

和栗は《異形の這うもの/Frightcrawler》を出し次のターンで《荒れ狂う夢/Turbulent Dreams》が握られておりマッドネス起動の《強迫的な捜索/Obsessive Search》と併せて打ち( 起動コストは 2 枚 )日高のライフを削り切ろうとする。

だが日高の飛行クリーチャーの方が強力で、先に和栗のライフが 0 になってしまった。

和栗 0 - 1 日高

Game 2

Game 2 も両者マリガン無くゆっくりした展開となった。
《陰謀団の拷問者/Cabal Torturer》を《無垢の血/Innocent Blood》で除去できた日高の方が有利か?

《セファリッドの仲介人/Cephalid Broker》を出し軽快に回って行く日高のデッキ、 6 ターン目には無理矢理スレッシュショルドに到達して《クローサの獣/Krosan Beast》が 7 / 7 で登場、一気に勝負にかかる。 それに対し和栗のデッキは少々パワー不足の感が否めない、《クローサの獣/Krosan Beast》を除去しようと出した《ゾンビの暗殺者/Zombie Assassin》も《霊気の噴出/Aether Burst》で戻され、更に《中略/Syncopate》によってカウンターされてしまった。

和栗の出すブロッカーを次々とバウンスや除去で排除して日高が勝つかに見えたところで、なんと和栗キャスト《激動/Upheaval》!また一からやり直しとなってしまったが和栗の手にも軽いクリーチャーは居らず、日高の《空翼のエイヴン/Skywing Aven》が和栗のライフを削りきった。

Final Results : 日高歩 2-0

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All