Final Draft Analysis: 池田剛

Posted in Event Coverage on May 11, 2003

By 平林和哉

ここまで 4 回のドラフト全てを青赤で勝ち抜いてきた池田。

今回もなるべく青赤をやりたいとのことだが・・・・

-オンスロート 1 パック目

1. 《輝きを放つ者/Glarecaster》《カタパルト兵団/Catapult Squad》《上昇するエイヴン/Ascending Aven

2. 《毒吐きゴルナ/Spitting Gourna》《風土病/Endemic Plague

3. 《ゴブリンのそり乗り/Goblin Sledder》《幸運を祈る者/Wellwisher》《エルフの戦士/Elvish Warrior》《孤立した砂州/Lonely Sandbar

4. 《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk》《激浪の生物学者/Riptide Biologist

5. 《ダールの癒し手/Daru Healer》《祖神の預言者/Ancestor's Prophet》《締めつける綱/Choking Tethers

6. 《餌の取り合い/Feeding Frenzy》《孤立した砂州》《大闘技場/Grand Coliseum

7. 《優雅の信奉者/Disciple of Grace》《名も無き者/Nameless One》《針刺の殴り獣/Spined Basher

8. 《急降下爆撃兵/Dive Bomber》《蒸気の連鎖/Chain of Vapor》《締めつける綱》

9. 《苦難の魔除け/Misery Charm》《無頓着の波/Wave of Indifference》《忘れられた洞窟/Forgotten Cave

10. 《砂の皮膚/Sandskin》《撹乱するピット魔道士/Disruptive Pitmage》《脅迫状/Blackmail

11. 《血統のシャーマン/Bloodline Shaman

12. 《共同の一撃/Unified Strike

13. 《エルフの開拓者/Elvish Pioneer

14. 《情報屋/Information Dealer

15. 《諜報網/Spy Network

そもそもの初手に何の火力も無く、《上昇するエイヴン》で強引に決め打つかどうかの選択をせまられる。
ここはさすがのカードパワーで《輝きを放つ者》。

その後は徹底して緑を避け続け、青黒も念頭に置きつつも白黒に。

実は上家も白黒だったりするのだが、そもそもまともなカードに恵まれていないため非常に苦しい。

-オンスロート 2 パック目

1. 《残酷な蘇生/Cruel Revival》《ショック/Shock》《プラズマの連鎖/Chain of Plasma》《狙いすましたなだれ/Pinpoint Avalanche
2. 《祖神の預言者》《アフェット式底ざらい/Aphetto Dredging》《卑劣なアヌーリッド/Wretched Anurid》《溶岩使いの技/Lavamancer's Skill

3. 《戦場の衛生兵/Battlefield Medic》《カタパルト兵団》

4. 《鞭縄使い/Whipcorder》《疾風衣の侵略者/Gustcloak Harrier

5. 《天然の城塞/Crude Rampart》《ただれたゴブリン/Festering Goblin》《やせた原野/Barren Moor

6. 《平和な心/Pacifism》《圧倒する防衛者/Daunting Defender》《うつろう爆発/Erratic Explosion

7. 《戦場の衛生兵》《疾風衣の侵略者》

8. 《優雅の信奉者》《不敬の祈り/Profane Prayers》《ゴブリンのそり乗り》

9. 《ダールの槍騎兵/Daru Lancer

10. 《アフェット式底ざらい》

11. 《鳴き叫ぶウミタカ/Screaming Seahawk

12. 《慰めの防御円/Circle of Solace

13. 《疾風衣の走り手/Gustcloak Runner

14. 《疾風衣の走り手》

15. 《鳴き叫ぶウミタカ》

うって変わって怒濤のごとく回ってくる白いカード。
なにしろ《ダールの槍騎兵》が 1 周してしまうぐらいなのだ。

確かに除去はあまり取れなかったものの、デッキの形は整ってきた。

-レギオン

1. 《アフェットの駆除屋/Aphetto Exterminator》《岩片の精霊/Rockshard Elemental

2. 《エイヴンの救い手/Aven Redeemer》《エイヴンの戦鷹/Aven Warhawk 》《虚ろの死霊/Hollow Specter

3. 《鞭草の絡め手/Whipgrass Entangler》《アクローマに仕える者/Akroma's Devoted》《死体の収穫者/Corpse Harvester

4. 《白騎士/White Knight》《鞭草の絡め手》《アクローマに仕える者》《煙吐く発動者/Smokespew Invoker

5. 《鞭草の絡め手》

6. 《墓所スリヴァー/Crypt Sliver》《ゴブリンの裏切り者/Goblin Turncoat》《冥府の世話人/Infernal Caretaker

7. 《陽光弾の軍団兵/Sunstrike Legionnaire

8. 《護法スリヴァー/Ward Sliver

9. 《希望の壁/Wall of Hope》《雲に届く騎兵部隊/Cloudreach Cavalry》《枝折りロリアン/Branchsnap Lorian》《暴れまわるマーロドント/Berserk Murlodont》《針撃ちゴルナ/Needleshot Gourna

10. 《ゴブリンの闘士/Goblin Grappler

11. 《活性スリヴァー/Quick Sliver

12. 《低地の足跡追い/Lowland Tracker

13. 《ハンドルーグ/Hundroog

14. 《ゴブリンの監視人/Goblin Lookout

15. 《エイヴンの特使/Aven Envoy

これまたクレリックが良くパックから出る。
しかも同じパックから複数。

これだけ出るなら戻ってくるか、と一抹の期待はするが残念ながらそうはならず。

何しろ上家と 2 色被り、おまけに対面の Ben Seck も白黒クレリック。
やや許容人数をオーバーしている状態のためそこまでの楽はさせてもらえなかった。

デッキ的には可もなく不可もなくといった感じだが、ここまで勝利に導いてくれた青赤をあっさりきちんと見切ったのはさすがというところか。

なにしろカードの出が悪く、青赤に直行していたら間違いなく死んでいただろう。

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All