Finals: Michael Pustilnik vs. Chris Benafel

Posted in Event Coverage

By 景山太郎

 開始される前に、Benafel が「デッキを置く位置がいつもと逆だから、場所を替えてほしい」とジャッジに頼む。このマッチはテレビマッチのため、デッキの置く位置があらかじめ決めれているのだが、Benafel の座った側はデッキを右に置かなければならず、いつも左に置いている Benafel としてはやりづらいのだ。
 この事自体はすぐに認められたのだが、最初に場所を選んだのは Benafel である。この事実に関して彼は「俺、なんでこっち選んだんだろ?酔っ払ってるのかな?」となかなか楽しいコメント。
 決勝戦は大丈夫なのだろうか。

Game 1

 2ターン目に Pustilnik が《野生の雑種犬/Wild Mongrel》をキャスト。そのまま第3、第4ターンに連続して Benafel を殴りつける。4ターンめには一応 Benafel の場に《蛮族の狂人/Barbarian Lunatic》がいるが、当然ブロックはなし。Pustilnik はここで《野生の雑種犬》の能力で《ワームの咆哮/Roar of the Wurm》をディスカード。戦闘終了後のメインフェイズに、Pustilnik は、今捨てた《ワームの咆哮》をフラッシュバックでキャスト。わずか4ターン目にして 6/6のファッティを場に出してみせる。
 Benafel は《総帥の願望/Patriarch's Desire》で《野生の雑種犬》を除去。だが、さすがにワームトークンはどうすることもできず、あっというまにライフを9まで減らされてしまう。
 それでも Benafel は2体めの《蛮族の狂人》をチャンプブロッカーとして用意し、なんとかしようとする。しかし Pustilnik に《溶岩の飛散/Volcanic Spray》を撃たれ、場を一掃されてしまい勝負あり。「俺もそれ持っているよ」と冗談めかして手札から《溶岩の飛散》を見せるのが Benafel にできる全てのことだった。

Pustilnik 1 - 0 Benafel

Game 2

 初手を見た Benafel が「さっきよりは全然ましだぜ」とご機嫌。Pustilnik の《葉の踊り手/Leaf Dancer》を《炎の稲妻/Firebolt》で、《ナントゥーコの信奉者/Nantuko Disciple》を《無垢の血/Innocent Blood》で殺してみせたあたり、確かに《蛮族の狂人》しか出せなかった1ゲームめより、はるかにましだろう。さらにそこから《パーディック山の火猫/Pardic Firecat》をキャストし、 Benafel が攻勢のままゲームが進むかのように思われた。
 だが、ここで Pustilnik の場に《パーディク山の火猫》より一回り大きい《飛びかかる虎/Springing Tiger》が登場。 Benafel は《火猫》のアタックと《炎の稲妻》のフラッシュバックの複合技で除去するが、さらにその直後に Pustilnik が、お馴染みの《ワームの咆哮》で巨大ワームを呼び出し、場を支配しようとする。
 これに対し Benafel は《埋め合わせ/Recoup》というマニアックカードで《無垢の血》を使いまわし、なんとか除去する。だが、しょせん一時凌ぎ。 Pustilnik が《ゾンビ化/Zombify》をキャストし、今や5/5となっている《飛びかかる虎》を釣り上げ、さらに4/4の《熊人間/Werebear》を手札から出し猛攻を始める。
 追い詰められた Benafel は、ドローのたびに「いいもん引いて来い!」と叫び、それが駄目なカードだと、「No!」とさらに叫ぶ。観衆は彼の言動の前に爆笑。というか、 Benafel、本当に酔っ払ってるんじゃないか?
 閑話休題。話を元に戻そう。その後、Pustilnik はフラッシュバックでさらにワームを追加し、《溶岩の飛散》で Benafel のブロッククリーチャーを除去してゲームにけりをつけた。この瞬間 Pustilnik はマスターズ・ウィナーに輝いたのだ。おめでとう Michael Pustilnik !

Pustilnik 2 - 0 Benafel

Final Result: Michael Pustilnik 2 - 0 Chris Benafel

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All