Live Coverage of 2005 Grand Prix Osaka

Posted in Event Coverage on January 8, 2005

By Kenji Matsui

 ロチェスター考察はこちらを

 初日のチームシールド 7 回戦を終え、二日目に進出したプレイヤー達を待つのがチームロチェスタードラフト。個人戦で行われるドラフトとは違い、こちらはチームワークが重要なレギュレーションとなっている。そんな彼らの中でも、初日を優秀な成績で抜けたチームを二日目一発目の記事としてお伝えしようと思う。
 
 P.S.2 Triple Mulligan

  6 勝 1 分けと、全勝の成績で席に着く彼らの勝敗の行方は。

P.S.2
Player A : 黒田 正城
Player B : 森 勝洋
Player C : 森田 雅彦

Triple Mulligan
Player A : 下地 愛
Player B : 有田 隆一
Player C : 秋山 貴志

B 卓、森 vs. 有田

 すばやいゲームプレイに定評がある二人。

 先手の有田が 3 ターン目のセットランドかなわず、森の一歩遅れでクリーチャーを展開していく。

 森側が《浪人の犬師/Ronin Houndmaster》を 3 ターン目に走らせると、次ターンから突然有田の本体へ《溶岩の撃ち込み/Lava Spike》をキャスト。

 少し有田はたじろぐも、《希望の盗人/Thief of Hope》をプレイしてあった有田は、落ち着いてゲームを再開するが、森は気にも留めず有田のターンエンド宣言を聞くと、有田の本体へ《山伏の炎/Yamabushi's Flame》。

 本気でこのまま焼き殺す気なのかと、森は《浪人の犬師》で攻撃を加えながら再び《溶岩の撃ち込み》。

 残りライフも乏しくなってきた有田はスリピットか秘術のカードを引き、 1 点でもライフを欲しいところだが、あいにくその手のカードを持ち合わせていない。手札に残ったクリーチャーをフルタップで展開すると、森が手に残る火力を有田に開示して、抵抗できない有田は投了を宣言。(森 1 - 0 有田)

 続けて二本目。

 再び先手をとった有田は、前回の教訓を生かすようにライフを守りつつのプレイを始める。

 《無神経な詐欺師/Callous Deceiver》、《空民の鏡守り/Soratami Mirror-Guard》と並べて攻撃をはじめ、森が《浪人の犬師》を走らせてくると、《無神経な詐欺師》は 2 点のライフを守るための捨て駒として解決。
 
 更に森は《霜投げ/Frostwielder》を中心にクリーチャーを並べて、有田にどんどん攻め入る。

 兎に角ライフを削ろうと攻めに移る森に対し、1 点でもライフを確保しようと有田はブロックを行う。

 ここで有田は再び《希望の盗人》を引いてライフ合戦にリードを見せると思ったが、森はそれをも気にせず《山伏の炎/Yamabushi's Flame》を有田の本体へ打ち込んで行く。

 返すターンに森は《霜投げ》のみ残して総攻撃を繰り返し、先ほどの同じく持てる火力を有田本体にたたきつけ、勝利は森に。(森 2 - 0 有田)

 まさに速攻で有田を焼き尽くした森だが、その間に秋山が、圧倒的な勢いで森田を倒してチームの成績は五分へ。(森田 0 - 2 秋山)

 そんな中、黒田が下地と戦っており、一本目は黒田の勝利で現在二本目へと試合が動いているようだ。(黒田 1 - 0 下地)

A 卓、黒田 vs. 下地

 一本目は振るわなかった下地だが、二本目はマナカーブに沿った動きで黒田を攻める。

 《灯籠の神/Lantern Kami》、《薄青幕の侍/Samurai of the Pale Curtain》、《鼠の浪人/Nezumi Ronin》と並べて攻撃を始め、追加で《血に飢えた大峨/Bloodthirsty Ogre》を配置。

 黒田側は《大蛇の葉詠み/Orochi Leafcaller》、タッチカラーの《空民の雲乗り/Soratami Cloudskater》を 2ターン目にと、序盤の動きとしては微妙に悪い。

 下地の攻撃を受けつつ、なんとか 4 ターン目に《義理に縛られし者、長雄/Nagao, Bound by Honor》を出した所で下地の猛攻を阻止する事は出来たが、《灯籠の神》が確実に黒田のライフを奪っていく。

 そんな中、下地が《灯籠の神》で攻撃をする時に、《薄青幕の侍》と一緒に攻撃に参加。

 このままでは下地の《薄青幕の侍》が一方的に《義理に縛られし者、長雄》にブロックされてただ損をするように見えるが、なにか策があっての攻撃であろう。

 勿論なにか策があると解っている黒田だが、これをただ通すわけにもいかずに上記のように戦闘が解決すると、下地の《薄青幕の侍》は墓地へ。

 戦闘終了後に下地、《内臓捻りの鬼/Gutwrencher Oni》をキャスト。

 これによって能力を得た《血に飢えた大峨》が、黒田の《義理に縛られし者、長雄》を葬り去る。

 さて、守りの要であった《義理に縛られし者、長雄》を除去されて少々危険なクリーチャーになってしまった《血に飢えた大峨》を黒田は《山伏の炎》で除去する。

 まだ決まった攻め手をを引けない黒田は防戦一方で、更には下地の《内臓捻りの鬼/Gutwrencher Oni》にも対応しなければいけない。

 と、そこで黒田が引いたのは《せし郎の息子、そう介/Sosuke, Son of Seshiro》。

 下地もデメリットを抱えるクリーチャーをずっと攻撃せずに維持し続けるのもどうかと、黒田へ攻撃を仕掛け、《せし郎の息子、そう介》でブロックして双方墓地へ。

 ここでやっと攻撃のタネを失ったか下地、《亡霊の牢獄/Ghostly Prison》で黒田に攻めにくくさせて篭城。

 欲しいパーツやマナは揃ったが、ただ攻め手に欠く黒田は、《空民の雲乗り》の能力を使用してどんどんライブラリを掘り進め、《蛾乗りの侍/Mothrider Samurai》と《大蛇の卵張り/Orochi Eggwatcher》を場へ。

 既にクリーチャーは大漁に出していた黒田は、《大蛇の卵張り》を《育み手のしだ子/Shidako, Broodmistress》へと変化させ、《蛾乗りの侍》で攻撃を開始。

 今の所、下地には攻め手も守り手もなく、《育み手のしだ子》の能力で大きくなった《蛾乗りの侍》がごっそり下地のライフを奪っていく。

 そこへ、やっとの事で下地が引いた《引き込み/Pull Under》。黒田の《育み手のしだ子》に向けてこれを放つと、黒田は待ってましたと言わんばかりに《横殴り/Sideswipe》でこれを回避。

 あとは野となれ山となれと、万策尽きた下地に攻撃を加えて、黒田はチームに勝利をもたらした。(黒田 2 - 0 下地)

Final Results : P.S.2 2 - 1 Triple Mulligan

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All