Live Coverage of 2005 Grand Prix Osaka

Posted in Event Coverage on January 8, 2005

By Isamu Fujieda

またしても身内同士とくくれそうな対戦。かなり組み合わせが適当な感じのする両チームは、ASAYAN がBlog といわれるネット上での日記システムのつながりといえそうな面々。対するAiko.comの方は一体なぜこんな組み合わせになったのだろう……という感じの3人で、理由は恐らく「余っていたから」とか「なんとなく」だろう。だが、その実力は既に証明済み。Aiko.comは名古屋においてPTQを通過、今回も中村 修平のプロポイントで1Byeとなっている。ASAYANの方は世界3位の小倉 陵を擁し他の2人も実力はかなりのもの。チームの組み合わせこそなんで?という感じの両チームだが、実力はまさに日本トップレベル。白熱した戦いを期待したい。

Aiko.com、左から真木 孝一郎、中村 修平、熱田 直央

ASAYAN
Player A :大澤 拓也(黒白):2004年グランプリ・香港ベスト8。埼玉県選手権優勝。
Player B :小倉 陵(赤青):2004年世界選手権3位。
Player C :高桑 祥広(黒緑):浅原連合の中でもトップクラスのリミテッド巧者だが、大きな大会ではその実力をまだ発揮されていない。

Aiko.com
Player A :熱田 直央(赤青):2003年日本選手権ベスト8。
Player B :中村 修平(黒緑):2004年日本代表。プロツアー・コロンバス準優勝。
Player C :真木 孝一郎(赤白):プロツアー出場多数。最近ではライター業など色々なところで活躍中。

3卓とも順調な展開なようなのでA卓から順番に。

A卓は大澤が《古の法の神/Kami of Ancient Law》を出せば熱田が《川の水神/River Kaijin》とお互いにクリーチャーを並べる普通の展開で開始。こちらはほぼ互角といった感じで大澤の手に握られている除去の使いどころが勝負を分けそうだ。

B卓は《燃えさし拳のずべら/Ember-Fist Zubera》2体に《伝承の語り部/Teller of Tales》と並べている小倉が優勢。《木霊の手の内/Kodama's Reach》をうって6マナとなった中村がどう盛り返すか。

C卓は序盤高桑の《松族のおとり/Matsu-Tribe Decoy》に《伍堂の大槌、天鎖/Tenza, Godo's Maul》がついて高桑優勢。だが真木の出すクリーチャーが《狐の刃遣い/Kitsune Blademaster》《蛾乗りの侍/Mothrider Samurai》《無垢の神/Innocence Kami》と展開したために膠着した。

はじめに動きがあったのはA卓。《川の水神/River Kaijin》から始まった熱田が《空民の学者/Soratami Savant》《降る星、流星/Ryusei, the Falling Star》と展開。

ドラゴンは流石にいかん、とすかさず《霊魂の奪取/Rend Spirit》で殺すが、大澤3:熱田2の痛い交換となってしまう。

B卓では小倉の《伝承の語り部/Teller of Tales》を中村が《汚れ/Befoul》で殺そうとするが、これは《消耗の渦/Consuming Vortex》で阻まれて小倉が有利に進めている。

だがその次の中村ターンに《伝承の語り部/Teller of Tales》をブロックさせての《忌まわしい笑い/Hideous Laughter》で場を一掃。さらに《花の神/Hana Kami》《小走りの死神/Scuttling Death》と展開、一気に中村有利の場となる。

だがその後後続の続かない中村に対して小倉が押し返して1本先取。(小倉 1 – 0 中村)

さてC卓はというと、2体の《狐の刃遣い/Kitsune Blademaster》が場に並び、高桑の《苔の神/Moss Kami》を《無垢の神/Innocence Kami》で押さえ込んでいる真木有利といった感じに進んでいた。

ライフも真木13に対して高桑8、真木の《蛾乗りの侍/Mothrider Samurai》がどうしても止まらない。だがそんな状況を一変させるかのような《清められし者、せし郎/Seshiro the Anointed》の登場。高桑の場には既に5体の蛇がおり、ここから逆転を狙いたい。

佳境となったC卓で真木が長考に入ったため、A卓をみてみると熱田がデッキのレアパワーを存分に発揮して、2枚目となる爆弾カードである《曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror》が場に登場。手札2枚の大澤も一応《天空のもや/Ethereal Haze》があるブラフをかけるも熱田は気にせず6体出して勝利。(大澤 0 – 1 熱田)

長考していたC卓を見てみると、どうやら高桑は何もせずにエンドしたようで次の真木ターンでも《かまどの神/Hearth Kami》を出すくらいで特に動きも無く続いていた。

他の卓では2ゲーム目が始まり、状況的にはA卓が大澤の飛行軍団が除去のサポートで攻撃を続けており、ここはこのまま2本目が終わりそうだ。……と書いたところで小倉が3体展開のフルタップ状態から、中村がフルアタックで勝利。(小倉1 – 1 中村)

その時ようやくC卓にも動きがあり、高桑の2体目となる《大蛇の卵張り/Orochi Eggwatcher》が登場。1ターンは何もしなかった真木だが次のターンには負けてしまうと踏んで、勝負の《すさまじい吹雪/Unearthly Blizzard》からのアタック。

相打ちを取ろうとブロックすると死んでしまう高桑は不利なブロックしか出来ず、ブロック宣言を終えると更に駄目押しとなる《抑えきれない怒り/Uncontrollable Anger》を真木がキャスト。長かったC卓1本目は真木の勝利となる。(高桑0 – 1 真木)

2本目は予想通り大澤が勝利しての1 – 1となったA卓は熱田が《燃えさし拳のずべら/Ember-Fist Zubera》2体に《川の水神/River Kaijin》とガッチリかためて《空民の雲乗り/Soratami Cloudskater》が殴ると言う展開。

最悪な《空民の学者/Soratami Savant》こそ《肉体の奪取/Rend Flesh》で殺すが押される大澤。だが8ターン目に大澤が《明けの星、陽星/Yosei, the Morning Star》を引き当て状況は一変。

熱田の手には《曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror》《沈黙の預言者、ウヨウ/Uyo, Silent Prophet》《風見の本殿/Honden of Seeing Winds》と眠っているために土地さえ引けばという状況なのだが4枚で完全にストップ。

地上はガッチリしているのだが上はどうしようもなく2対5の殴りあいを2回して、大澤が《貪る強欲/Devouring Greed》をキャストして勝利。(大澤2 – 1 熱田)

そのころC卓では高桑の《せし郎の息子、そう介/Sosuke, Son of Seshiro》が真木の事故気味なところに襲い掛かりかろうじて止めていた《無垢の神/Innocence Kami》を《霊魂の奪取/Rend Spirit》で除去すると2本目を高桑が勝利する。(高桑 1 – 1 真木)

B卓も佳境。勝てばチーム勝利となる小倉は中村の転生スピリット+《花の神/Hana Kami》という凄まじい回転デッキに対して《翡翠の彫像/Jade Idol》や《伝承の語り部/Teller of Tales》で対抗。

ASAYAN、左から大澤 拓也、小倉 陵、高桑 祥広

途中からみていると中村の《北の樹の木霊/Kodama of the North Tree》を《密の反抗/Hisoka's Defiance》でカウンターからはじまり、その次のターンにはトップデッキした《降る星、流星/Ryusei, the Falling Star》を召喚。

打開策を引くため、《松族のおとり/Matsu-Tribe Decoy》を犠牲にして《降る星、流星/Ryusei, the Falling Star》をタップさせる中村だったが、ここで解答を見出せず、小倉の勝利となった。(小倉2 – 1 中村)

だが、小倉のトップデッキがなくとも高桑には《せし郎の息子、そう介/Sosuke, Son of Seshiro》《清められし者、せし郎/Seshiro the Anointed》と揃っており、最後は《影の舞い/Dance of Shadows》で決める異常な回りで真木を粉砕していた。(高桑 2 – 1 真木)

Final Results :ASAYAN Win

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All