Live Coverage of 2005 Grand Prix Osaka

Posted in Event Coverage on January 8, 2005

By Isamu Fujieda

 さあここで今大会初のビックネーム同士のマッチアップが組まれる事となる。

 プロツアーで活躍したチーム"Hato Beam"から桧垣 貴生が脱退し、そこへ新たにファイナルズ連覇の浅原 晃を迎え、チーム名も新たに"AAbeam"として、大礒、上野の両名と共には復活した。これはプロツアー・ボストンでも実現していたチームだが、上野の多忙ゆえにシアトル行きは出来なかったユニットだ。
 
そんな大物チームに対するのは、さらなる大物。
2002 年のグランプリ名古屋を制してマスターズ本戦の出場権利を手に入れ、更にはそのマスターズを優勝のしてしまったモンスターチーム、P.S.2 だ。

そう、互いに今大会の優勝候補にあるチームが、このラウンド 4 で対戦する事になったのだ。では本日のハイライトとなるであろう一戦を追ってみよう。

AABeam、左から 上野 一樹、大礒 正嗣、浅原 晃

AAbeam
Player A : 浅原 晃
Player B : 大礒 正嗣
Player C : 上野 一樹

P.S.2
Player A : 黒田 正城
Player B : 森 勝洋
Player C : 森田 雅彦

C 卓、上野 vs. 森田

 赤黒のお手本のような上野のデッキに対し、森田は緑 5 色のレア & 本殿デッキ。

 森田の 1 マリガンから先手の上野がゲームを開始。

《血塗られた悪姥/Wicked Akuba》、《鼠の浪人/Nezumi Ronin》とならべ、 4 ターン目には《残忍な詐欺師/Feral Deceiver》と《鼠の殺し屋/Nezumi Cutthroat》の 2 枚を設置。
 高速展開を見せる上野の猛攻を、森田は 2 ターン目の《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》でブロックしつつ土地をサーチし、 3 ターン目に《夜陰の本殿/Honden of Night's Reach》を場へ。

 既に上野の猛攻を受けている森田は、とりあえず耐える事を目標として《松族のおとり/Matsu-Tribe Decoy》を出すも、上野がこれを即《汚れ/Befoul》で除去して攻撃を加えると、森田のライフは挽回不可能なところまで到達し、ものの 2 分で一本目が終了。(上野 1-0 森田)

 続けて二本目、再び 1 回のマリガンを経て、森田先手。

 3 ターン目で土地が止まるも、《よだれ舌のずべら/Dripping-Tongue Zubera》と《無神経な詐欺師/Callous Deceiver》を出して場を固め、対する上野は《鼠の殺し屋》を引くことなく淡々とクリーチャーを並べるに終わる。

 ゲームを長引かせてこっちのペースに持ち込まないといけないのが森田のデッキであるが、勝負に出る為のカードを引かず、場を膠着させるだけに。

PS2、左から黒田 正城、森 勝洋、森田 雅彦

 そこへ上野、《血の儀式/Blood Rites》を設置し、更にクリーチャーを並べてターンエンドを繰り返す。そして、森田がやっとの事で引いた《昇る星、珠眼/Jugan, the Rising Star》を土地フルタップで出したところへ、上野が森田へ一気に切りかかる。

 《影の舞い/Dance of Shadows》を使用して総攻撃を開始し、森田のライフは一気に 20 から 6 。返すターンに森田は次のドローを確認すると、後に来る上野の《血の儀式》によるダメージに耐え切れぬと、投了を宣言した。(上野 2-0 森田)

 ここで、AAbeam 側が一歩リードと思えば、P.S.2 の棟梁である黒田が、浅原から勝ちをもぎ取り、チームの成績はイーブンとなり、残るは大礒と森の勝敗に全てが懸かっていた。

B 卓、大礒 vs. 森

 一本目は森が制し、さて 2 本目。

  B 卓に目を移した頃には既に場は出来上がっており、大礒が白青の地上止めつつ飛行で攻撃を開始し、赤白である森は大礒の布陣を突破できずにこのまま二本目終了かと思ったところで森が《すさまじい吹雪/Unearthly Blizzard》。そこから《氷河の光線/Glacial Ray》を連携して一気に大礒の 4 体のクリーチャーを退け、ここでの総攻撃によって森は勝利を勝ち取った。(森 2-0 大礒)

Final Results : AAbeam 1 - 2 P.S.2

Latest Event Coverage Articles

December 19, 2019

Grand Prix Oklahoma City 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Carlson, Matt [US] 37 $6,000 2 Foreman, Matt [US] 37 $3,000 3 Cole, Conor [US] 36 $1,500 4 Majlaton, Alex [...

Learn More

December 11, 2019

Grand Prix Brisbane 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Gibson, Kyle [AU] 36 $6,000 2 Yeh, Chih-Cheng [TW] 37 $3,000 3 Thompson, Chris [AU] 37 $1,500 4 Lee, Anthon...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All