Live Coverage of 2005 Grand Prix Osaka

Posted in Event Coverage on January 8, 2005

By Isamau Fujieda

東京は板橋で行われている『五竜杯』のスタッフチームである3人。ここまで好調に全勝ときたが、立ちふさがったのは今大会最強チームと言われるwww.shop-Fireballpros.com

Toro Toro Demon

言うならば挑戦者となる3人にコメントを聞いてみると「今年から『五竜杯』は会場が変わるので、よろしくお願いします。2月にはPTQもあります!」とかなり心強いコメントをいただけた。ゲームの方も当然気合十分、健闘を期待したい。

Ton_Toro Demon
Player A :久保田 健太:普段の仕事は『五竜杯』でのジャッジ。まだレベル0だがこれからの成長に期待。
Player B :工藤 耕一:『五竜杯』の主催者。こちらはレベル1ジャッジ。
Player C :梅咲 直瑛:こちらもレベル1ジャッジ

www.shop-Fireballpros.com(2004年プロツアー・シアトル準優勝チーム)
Player A :岡本 尋:2003年世界選手権準優勝。APAC優勝。
Player B :池田 剛:プロツアー・横浜3位。2000年日本代表。
Player C :石田 格:グランプリ・神戸優勝。マスターズ・チーム戦準優勝2回。
他にも岡本と石田はMagic Invitational経験者。

では、早速始まっているB卓の状況から。

池田の黒緑に対して序盤から押しているのは工藤の赤白。《狐の易者/Kitsune Diviner》《かまどの神/Hearth Kami》と展開して、さらに《兜蛾/Kabuto Moth》が登場。

それに対して《よだれ舌のずべら/Dripping-Tongue Zubera》《刻みを継ぐもの/Burr Grafter》と池田の方は芳しくない。その後に出すクリーチャーもことごとくスピリットで《狐の易者/Kitsune Diviner》がかみ合ってしまっており完全に試合は工藤ペースで進んでいた。

他の卓を見てみると、A卓:久保田 vs. 岡本は、緑白の岡本が《手の檻/Cage of Hands》や《金之尾師範/Sensei Golden-Tail》の能力で場を優位に進めている。久保田も巻き返しを図りたいのだが、《松族のおとり/Matsu-Tribe Decoy》の前にタフネスの低いクリーチャーが展開できずにとても苦しそうだ。

C卓の方は……石田が手札に《氷河の光線/Glacial Ray》、場には赤と青の本殿という感じで圧勝。(梅咲 0 – 1 石田)梅咲の場には青マナしかなく、手札の赤いカードが泣いていた。

一通りみたところでB卓に目線を戻すと、場には土地が8枚以上ならんでいる状況で《兜蛾/Kabuto Moth》がまだ生き残っている……簡単にいうと池田は工藤の前に圧敗を喫してしまった。(工藤 1 – 0 池田

A卓は4枚で土地の止まっている久保田が窮屈そうにプレイしている。手札にある《蛇の皮/Serpent Skin》と《木霊の力/Kodama's Might》をいつでも使えるように《松族のおとり/Matsu-Tribe Decoy》しか展開できないのが辛いところだろう。

1本目に石田が圧勝したC卓はどうなっているだろうか。場を見てみると梅咲の方が《川の水神/River Kaijin》と5マナ。石田が《浪人の犬師/Ronin Houndmaster》と5マナという風になっており、既に何回かの相打ちが行われた後だった。ライフは梅咲13 vs. 石田17。
また1から建て直しとなった両陣営だったが、石田の場に《風見の本殿/Honden of Seeing Winds》が登場してドローが倍化。一気に有利となった。

Shop-Fireball.pros.com

その間に池田が工藤の単発除去でクリーチャーを削られるが、息切れを起こさずに黒緑特有の一撃の重さが光り、そのまま押し切る。(工藤 1 – 0 池田)A卓も岡本がようやく引いてきた2枚目の緑マナから《せし郎の息子、そう介/Sosuke, Son of Seshiro》等の蛇軍団を展開。マナがきつきつだった久保田を抑えて1本目を取る。(久保田 0 – 1 岡本

2本目となったA卓では久保田が2ターン目から《大蛇の支援者/Orochi Sustainer》《悪逆な大峨/Villainous Ogre》と並べ4ターン目には《内臓捻りの鬼/Gutwrencher Oni》を召喚。次のターンに2体で殴るかと思われたが、なぜか《悪逆な大峨/Villainous Ogre》は殴らずかなり疑惑のプレイとなる。《木霊の手の内/Kodama's Reach》キャストから《松族のおとり/Matsu-Tribe Decoy》と出すのはわかるのだが、アタックしないのはおそらくミスプレイと言えるだろう。

そんなA卓を見ている間にC卓は石田が《風見の本殿/Honden of Seeing Winds》のパワーも借りて圧勝。(梅咲 0 – 2 石田

B卓では池田が《山賊の頭、伍堂/Godo, Bandit Warlord》を出された返しで、《狂気の神/Kami of Lunacy》に《杉の力/Strength of Cedars》で13点叩き込んでの逆転勝利。この《杉の力/Strength of Cedars》は勿論トップデッキである。

これを見届けた岡本は前日の疲れからか、のこすゲームを戦い終えることなく投了を宣言。
A卓も終了となった。

Final Results : www.shop-Fireballpros.com Win

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All