Photo Essay : 神戸国際展示場より ― 土曜日編

Posted in Event Coverage on April 18, 2009

By Keita Mori

Photo Essay : 神戸国際展示場より ― 土曜日編
By Keita Mori

Put this picture at the center of this page: PE_00.jpg

モニターの前にみなさんに、グランプリ神戸のちょっとしたニュースや風景写真をお届けします。ぜひぜひ最後までスクロールしてご覧ください!

ようこそグランプリ神戸へ!

神戸国際展示場にて、皆さんをお出迎えするのはWizards of the Coast組織化プレイ部のRon FosterとScott Larabeeです。

まばゆい輝きを放つ宝石たち・・・。

グランプリ会場には海外からシングルカードバイヤーが来日し、カード販売ブースを開いています。写真のパワーナインをはじめ、貴重な絶版カード類も多数取り扱っています。

Dustin Johnson 「みなさん、こちらのブースでは販売だけでなく、御不用のカードの買い取りも絶賛受付中です」

円高もあって、平時よりもお値打ち価格。掘り出し物を探してみてはいかがでしょう?
ちなみに、会場内では原則的に一般参加者のみなさんの金銭トレードは厳禁です。

Ultra Pro社製のマジック公式ライセンスグッズをはじめ、数多くの周辺商品も取り扱っている販売コーナーもあります。

コンフラックスより、《プレインズウォーカー、ニコル・ボーラス/Nicol Bolas, Planeswalker》がデザインされたデッキケースです。

本日は快晴なり! ということで、場外の喫煙エリアで談笑するプレイヤーたち。

マジックアーティストのサイン会はいつにも増した長蛇の列が。「お一人様8枚まででお願いします」の貼り紙も。

長蛇の列も納得。超人気アーティストのRob Alexander氏が今回のゲストです!

いわゆる元祖デュアルランド、ラヴニカのギルドランド、オンスロートのフェッチランドなど、数多くの土地カードの美麗なイラストを手掛けてきたのがAlexander氏です。

カードだけでなく、本、ファイルといった様々なグッズにサインしてくれます!

「拡張アート」とよばれるかなり特殊な加工を要するアート作品の紹介もあります。こちらは別料金ですが、まさに「世界に一枚だけ」の贅沢なコレクションといえそうです。

すでに《山/Mountain》をタップして遊んでいるという将来有望なプレイヤー。
それもそのはず、お父さんが・・・

グランプリ札幌2001で準優勝を飾った深田 崇聖なのです!

写真の通り、二十歳の頃に袈裟をまとった「正装」で中村聡と決勝戦を戦っていた彼も、八年の時を経て、いまや一児の立派なパパです。

「久しぶりにマジックのために時間とるんですから、みんながいるところでできるのが一番」と、来場の理由を語る深田。

本当の意味で長く付きあえるゲーム、ずっと付き合える友達ができるコミュニケーションツール、それがマジックなのです。

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All