Round 11: 中村修平 vs. 信下淳

Posted in Event Coverage

By 松井健治

11 回戦の組み合わせは、グランプリ神戸で準優勝を飾った中村と、信下の対戦。
ロチェスタードラフトという事も有り、お互い大体のデッキ内容を知っているので、軽口をいろいろ交わしているが、二人とも胸の内は穏やかではなさそうだ。

Game 1

先手中村で始まるファーストドラフト最終戦。
3 ターン目に《 Dusk Imp 》から、《 Fledgling Imp 》と動きは上場。
返す信下も《 Fledgling Imp 》、《 Chainflinger 》と出したところで《 Blessed Orator 》で対抗と、スピーディーに攻防が行われている様は、見ていて非常に楽しい。

この早い展開の中で、信下が《 Braids, Cabal Minion 》をキャストしたところからゲームの展開が変わる。
1 枚 1 枚パーマネントが削られていく中で手札を完全に使いきり、場をコントロールしていくのは中村。
単純に引きが良いの含め、ライブラリの上が中村の声に応えているかのようでる。
逆に信下は自分のカードに首を締められる結果になるが、自分を生贄に捧げていると、確実にもう勝てない様な状況。
必死に《 Braids, Cabal Minion 》を信下は維持し、巻き返しを図ったが、中村の引きには一歩及ばなかった。

中村 1 - 0 信下

Game 2

先手の信下の 3 ターン目にキャストしたカードは《 Ember Beast / 》と幸先が悪いが、 4 ターン目には《 Fledgling Imp 》を引き、なんとかデッキが動き出す。
だが、対する中村は土地が沼 2 枚で止まってしまったようだ。
ディスカードを繰り返しながら《 Ghastly Demise 》を使ってなんとか交わそうとするのだが、一度殴りに来た《 Ember Beast 》はなかなかに強大。
もちろん、急場を凌ぐのにも無理があり、

信下 1 - 1 中村

Game 3

先攻の中村は先ほどの不運を引きずらなかった結果、《 Patrol Hound 》《 Fledgling Imp 》《 Dusk Imp 》とすばやい展開を見せ、《 Patriach's Desire 》などの除去もしっかり引いており、完全に中村の独壇場。
信下も地上はなんとか止めることが出来ているのだが、飛行クリーチャーがなんともならない上に、《 Mystic Zealot 》まで登場し、これに抵抗することが全く出来ない信下は投了を宣言。

激回り、事故、激回りと、信下が少し可哀相になる試合であった。

Win 中村 2 - 1 信下

Nobushita Jun

Download Arena Decklist

Nakamura Shuhei

Download Arena Decklist
Instant (2)
2 Ghastly Demise
Land (17)
8 Plains 9 Swamp
Other (3)
1 Zobie Assassin 2 Patriach's Desire
40 Cards

Latest Event Coverage Articles

December 19, 2019

Grand Prix Oklahoma City 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Carlson, Matt [US] 37 $6,000 2 Foreman, Matt [US] 37 $3,000 3 Cole, Conor [US] 36 $1,500 4 Majlaton, Alex [...

Learn More

December 11, 2019

Grand Prix Brisbane 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Gibson, Kyle [AU] 36 $6,000 2 Yeh, Chih-Cheng [TW] 37 $3,000 3 Thompson, Chris [AU] 37 $1,500 4 Lee, Anthon...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All