Round 4:斉藤 友晴(東京)vs. 中村 修平(大阪)

Posted in Event Coverage on November 30, 2005

By Yusuke Osaka

斉藤 友晴

3勝同士でぶつかりあう日本人対決は、今期世界各国のGPを巡り、PTアトランタ(チームリミテッド)トップ4にも入賞した斉藤 友晴(東京)とPTコロンバス(エクステンデッド)でベスト8に食い込んだ中村 修平(大阪)の一戦。

互いに白緑の《制圧の輝き/Glare of Subdual》デッキを使い、微妙に異なるチューンが施されたどっちのデッキが、どっちのプレイヤーが優れているのかを決める興味深い同キャラ対戦だ。

昨日ホテルで森 勝洋(東京)、大礒 正嗣(広島)、津村 健志(広島)の3人にインタビューしてみたところ、白緑の対戦は《明けの星、陽星/Yosei, the Morning Star》のアンタップしない能力によってロックを決めるパターンと、トークンを大量に並べて勝つパターンがあり、その両方に対応したシークレットテク《種子生まれの詩神/Seedborn Muse》が斉藤のデッキに搭載されている。

白緑《制圧の輝き/Glare of Subdual》というデッキテーマ自体が日本では有名だが、海外のプレイヤーにはあまり知られていないため

「《種子生まれの詩神/Seedborn Muse》が日本人メタのようになってしまうから全員で抜かないか」

という話が大礒の口から出たという笑い話もある。

斉藤はデッキ登録用紙に、「デッキ名:貴公子」と記入した。

Game 1

ダイスで中村が先攻を選ぶ。後手の斉藤がマリガン。

斉藤のマリガンを受けて、中村の口調が軽快になる。2年程前に口三味線を弾くのが得意なために、「しゃみしゅー」として一斉を風靡しただけあって、追い詰められた相手に最後の一撃を加えるのは得意技だ。

先手中村は《寺院の庭/Temple Garden》をタップインで出すのみ。斉藤は《森/Forest》から《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》。中村は2ターン目に《セレズニアの聖域/Selesnya Sanctuary》をセットし、対する斉藤は《低木林地/Brushland》から《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》と《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》を出してタップインランドのみで後手後手に回っている中村にプレッシャーを与える。

中村は《真髄の針/Pithing Needle》で《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》を禁止し、《セレズニアのギルド魔道士/Selesnya Guildmage》を追加した。斉藤は《制圧の輝き/Glare of Subdual》で場のコントロールを得ようとするが、中村の《火花の結実/Seed Spark》によって《制圧の輝き/Glare of Subdual》を壊された上に2体のトークンまで出され、互いに譲らない展開だ。

中村が《セレズニアのギルド魔道士/Selesnya Guildmage》の+1能力を後ろ盾に攻撃を開始。斉藤はブロックせずに本体でダメージを受け、中村は更に《ロクソドンの教主/Loxodon Hierarch》までも追加して、ゲームを有利に運ぶ。返すターンで斉藤は何もプレイできずにターンを終了する。

中村はフルアタックし、斉藤も必死に考えてブロックするが、《ロクソドンの教主/Loxodon Hierarch》の再生能力によって、不利なブロックになってしまった。斉藤は《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》しかプレイする事ができず、意味のあるカードを引けない。

中村3度目のフルアタックを命からがら凌いだ斉藤だが、追加された《明けの星、陽星/Yosei, the Morning Star》を見て斉藤はカードを片付け始めた。

Yosei, the Morning Star

中村 1-0 斉藤

黙々とサイドボードをする二人。対戦前のなごやかの雰囲気が嘘のように張り詰めた空気が漂っている。

筆者は斉藤と6年来の付き合いで斉藤の事を良く知っているが、真剣な斉藤の勝負強さは半端じゃない。筆者が知る中でマジックに対しての情熱が一番高いプレイヤーだとも思うほどだ。

Game 2

先攻は斉藤。斉藤は自分の顔を平手で叩き、気合を入れ初手を見る。互いにマリガンなし。

斉藤が《低木林地/Brushland》から《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》。中村もまったく同じ動き。斉藤は《ウッド・エルフ/Wood Elves》を、中村は小考の後に《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》をプレイ。

斉藤は《火花の結実/Seed Spark》を持ってるために《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》を割るか迷った結果、《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》から展開を進める事を選択。中村も思うように土地が伸びないため、《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》を装備して殴ることができない。

4ターン目に斉藤は土地4枚と《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》2体をコントロールしていて、手札は「《火花の結実/Seed Spark》、《北の樹の木霊/Kodama of the North Tree》2、《明けの星、陽星/Yosei, the Morning Star》」相手の《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》にカウンターを乗せられると《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》のマナが無くなってしまうが、《明けの星、陽星/Yosei, the Morning Star》を出してマナが伸びきらない相手を畳みかけてしまいたいという気もする。

結局、《ウッド・エルフ/Wood Elves》で攻撃した後に《火花の結実/Seed Spark》で中村の《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》を破壊して、自軍の《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》を守るプレイをした。中村は、《ウッド・エルフ/Wood Elves》で森を持ってきた上で《ロクソドンの教主/Loxodon Hierarch》も追加。

友晴はノータイムで《明けの星、陽星/Yosei, the Morning Star》をキャスト、中村は《制圧の輝き/Glare of Subdual》を出して《明けの星、陽星/Yosei, the Morning Star》を牽制。

友晴は《制圧の輝き/Glare of Subdual》の解決策として、手札に2枚持っていた《北の樹の木霊/Kodama of the North Tree》を巧みに使い中村へプレッシャーをかける。

ライブラリーを強く叩いた友晴が引いたカードは《ロクソドンの教主/Loxodon Hierarch》。《北の樹の木霊/Kodama of the North Tree》と5体のトークンでアタックし、互いのクリーチャーを減らしながら中村のライフを減らす。

《空を引き裂くもの、閼螺示/Arashi, the Sky Asunder》を引いた中村は《制圧の輝き/Glare of Subdual》を巧みに使いながら《空を引き裂くもの、閼螺示/Arashi, the Sky Asunder》の攻撃を2回通す。互いのライフが8になった所で斉藤がドローしたカードは《種子生まれの詩神/Seedborn Muse》。即出して、毎ターントークンを4体ずつ生産するシステムを作り上げた。

《種子生まれの詩神/Seedborn Muse》を出され劣勢になった中村だが、《よりよい品物/Greater Good》を引き当て、《空を引き裂くもの、閼螺示/Arashi, the Sky Asunder》を生贄に捧げ5枚引いて3枚捨てる。引いた《ロクソドンの教主/Loxodon Hierarch》をキャストして斉藤にターンを渡す。

斉藤はカードを引いた後、トークンを出すのみでターンを終える。中村の《ロクソドンの教主/Loxodon Hierarch》をトークン1体でブロックし、中村のエンドステップに《夜明けの集会/Congregation at Dawn》で《明けの星、陽星/Yosei, the Morning Star》を3体サーチした時点で中村投了。

斉藤 1-1 中村

互いに普段はよく喋るタイプの二人なのだが、この一戦はとても重いもののようで、中村が残り時間を確認した以外の会話は交わされなかった。残り時間はわずか12分で、競るようなゲーム内容になった場合、白緑というディフェンシブな色だけに引き分けになるであろう。

Game 3

先攻は中村。手早くシャッフルを終え、待機している中村に対し、目をつぶって自分のデッキを入念にシャッフルして集中を高める斉藤。より一層の強さで自分の頬を叩き気合を入れる斉藤。

中村は《寺院の庭/Temple Garden》をタップイン。斉藤も同じ。

2ターン目中村は《森/Forest》から《セレズニアのギルド魔道士/Selesnya Guildmage》。斉藤もまったく同じ。

中村は3ターン目に《セレズニアのギルド魔道士/Selesnya Guildmage》で攻撃を加え、斉藤はブロック。戦闘後に《セレズニアの聖域/Selesnya Sanctuary》を出してターン終了。斉藤も同じように《セレズニアの聖域/Selesnya Sanctuary》を出すのみ。

Greater Good

出る土地までが全て同じ展開なので、引き分けを予感した。

しかし、5ターン目からは流石に違う展開になり、中村は2体目の《セレズニアのギルド魔道士/Selesnya Guildmage》を追加した。斉藤も《木彫りの女人像/Carven Caryatid》を引き、場を膠着させたかと思ったが、中村の第6ターン目のアクションは《明けの星、陽星/Yosei, the Morning Star》。

斉藤も一気に攻めさせはしないと、《ウッド・エルフ/Wood Elves》から《制圧の輝き/Glare of Subdual》を出して《明けの星、陽星/Yosei, the Morning Star》をタップするシステムを用意。中村は《セレズニアのギルド魔道士/Selesnya Guildmage》のトークン生産用に4マナを残しながら行動し、斉藤は2枚目の《制圧の輝き/Glare of Subdual》と《よりよい品物/Greater Good》を出した。

一番パワーが高いクリーチャーが《木彫りの女人像/Carven Caryatid》のために、《よりよい品物/Greater Good》が起動しずらかったのだが、次の斉藤のドローが《ロクソドンの教主/Loxodon Hierarch》。勢いよくプレイマットに叩きつけると、《ロクソドンの教主/Loxodon Hierarch》にスタックで中村が《帰化/Naturalize》で《よりよい品物/Greater Good》を破壊した。

ここから互いに殴れないまま数ターンが経過するが、中村は毎ターントークンを2体製造。斉藤はトークンを生み出すカードを引けないため、中村の場にだけクリーチャーが増え続ける。

トークンが8体になった所で制限時間が終了し、斉藤から始まるエクストラ5ターン。

中村 修平

苦笑いしながら友晴が3枚目の《制圧の輝き/Glare of Subdual》を出して手札を0にしてエクストラ1ターン目が終了。

口調が早くなりあせりだす中村。攻撃宣言で2,3分考えたのちにトークン7体でアタックした。斉藤のライフは19だが、12マナ持っている中村が《セレズニアのギルド魔道士/Selesnya Guildmage》の+1能力を3回起動して中村勝利。

中村 2-1 斉藤

斉藤は試合後に「負けてもへこまないもん」と前に向かう姿勢を見せていた。

4連勝スタートを決めた中村だが、本人は「これであと2敗できる」と冗談のように言っていたが、今日のスタンダードラウンドは是非とも6-0して欲しい。

Kikoushi - Selesnya

Download Arena Decklist

Selesnya - Glare of Subdual

Download Arena Decklist

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All