Round 4:森 勝洋(東京) vs. Jelger Wiegersma(オランダ)

Posted in Event Coverage on November 30, 2005

By Yusuke Yoshikawa

最近の構築戦線で大活躍のモリカツ

ここまで3連勝と波に乗る、「モリカツ」こと森 勝洋(東京)。操るデッキは既に今大会おなじみとなった感のある白緑である。

対するは、和風のフィーチャーマッチ・エリアと親和性を感じさせる妙な雰囲気を持つJelger Wiegersma(オランダ)。デッキはいまや古典的な感もある青黒のパーミッション。

ここも軽くクリアするようだと、上も十分望める森だが、果たして。

Game 1

ダイスロールで先攻の権利を手にしたのは森。Wiegersmaは1マリガンのスタート。

白緑の森は《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》から《セレズニアのギルド魔道士/Selesnya Guildmage》の好スタート。Wiegersmaは《島/Island》《流砂/Quicksand》で待ち受ける、古式ゆかしい守りの立ち上がりである。

森はWiegersma第3ターンの終了時に《夜明けの集会/Congregation at Dawn》。ちょっと考えながらもこれを通す。プレイングの速いことで知られるスピードスター・モリカツも、ここではじっくりとプランを練りながら《北の樹の木霊/Kodama of the North Tree》と《空を引き裂くもの、閼螺示/Arashi, the Sky Asunder》を提示し、この順番でライブラリに積んだ。

森は、静かに待ち受けるWiegersmaに対し、これらの脅威をすぐに出すことはせず、《都市の樹、ヴィトゥ=ガジー/Vitu-Ghazi, the City-Tree》で静かに圧力をかけていく。

2ターンが経過したところで、マナが厳しいWiegersmaはたまらず《不忠の糸/Threads of Disloyalty》を《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》へ。アンタップの土地は《流砂》1枚のみとなった。森のコントロール下には《セレズニアのギルド魔道士/Selesnya Guildmage》とトークンが2体である。

ここで森は《真髄の針/Pithing Needle》で《流砂》を指定した上で《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》をプレイ、《セレズニアのギルド魔道士/Selesnya Guildmage》に装備して攻撃。そして即座に寝返ったエルフを取り除き、受けるWiegersmaが苦境から脱することを妨げる。
そのまま抵抗らしい抵抗もできず、Wiegersmaは投了した。

森 –1 Wiegersma –0

Game 2

先ほどはハードラックであったWiegersmaも、今回は第2ターンの《呪師の弟子/Jushi Apprentice》と好スタート。

森も《セレズニアのギルド魔道士/Selesnya Guildmage》からスタートし、《ウッド・エルフ/Wood Elves》で土地を伸ばす。今回はWiegersmaも万全、《呪師の弟子/Jushi Apprentice》ドロー後に《セレズニアのギルド魔道士/Selesnya Guildmage》を《最後の喘ぎ/Last Gasp》で葬る。

しかし5枚目の土地を置き《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》を通した森は、《ウッド・エルフ/Wood Elves》にこれを装備して攻撃。Wiegersmaも《呪師の弟子/Jushi Apprentice》とこれの交換を受け入れざるを得ない。

Vitu-Ghazi, the City-Tree

クリーチャーがいなくなって何とか、という青黒のWiegersmaだが、《都市の樹、ヴィトゥ=ガジー/Vitu-Ghazi, the City-Tree》がプレイされると、あからさまに苦い顔。場にはまさに伝説の装備品が残っているのだ。

それでも何とか《不忠の糸/Threads of Disloyalty》でしのぐWiegersmaだが、森は追い討ちをかけるように《塵を飲み込むもの、放粉痢/Hokori, Dust Drinker》。一度は《差し戻し/Remand》で阻まれるも、いつの間にやら8枚目となった土地をプレイした森は再度《放粉痢》を場へ。

生ける《冬の宝珠/Winter Orb》がWiegersmaを苦しめる中、森は《流砂/Quicksand》に気を配りながらの攻撃を進めていく。パワーを攻撃のみに振り向けた《梅澤の十手》の一撃は本当に、重い。

苦しい状況を一度は《処刑/Execute》から《潮の星、京河/Keiga, the Tide Star》で脱したかに見えても、森は《セレズニアのギルド魔道士》、その2体目がカウンターされると、致命的な《北の樹の木霊/Kodama of the North Tree》、淡々と脅威を打ち出していく。

受けてばかりいても勝ち目のないWiegersmaは、2枚目の《不忠の糸/Threads of Disloyalty》で《セレズニアのギルド魔道士》を奪い、敢然と《潮の星、京河/Keiga, the Tide Star》での攻撃を宣言するが、《北の樹の木霊》を前にして既にライフは4。

オランダのヴィーガーズマ

《水辺の学舎、水面院/Minamo, School at Water's Edge》と《潮の星、京河》でなんとか守りの陣を敷き、これを使ったところで《不忠の糸》に飛んできた《帰化/Naturalize》はギリギリ《邪魔/Hinder》でかわすが、ここでフルタップ。ライフの減少を嫌って《潮の星、京河》《セレズニアのギルド魔道士》で《北の樹の木霊》をブロックするが、《梅澤の十手》のカウンターを1個使用されて守るクリーチャーがいなくなり、目の前には2枚目の《塵を飲み込むもの、放粉痢》が…。

Wiegersmaの抵抗もむなしく、これは森の完勝譜となった。

森 –2 Wiegersma -0

森はこれで4連勝。

「とっても楽なマッチアップだった」とは森の戦後の感想だが、それにしても安定した立ち回りで曲者を一部の隙も与えず寄り切ったあたり、デッキという戦術面に加えて精神面の充実も感じさせた。

森の世界選手権最高順位は9位。それを上回るとなれば、答えはおのずから見えている。

Muneo’s Deck - Selesnya

Download Arena Decklist

Blue Black Control

Download Arena Decklist

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All