Round 4: 菅谷 裕信(千葉) vs.
平賀 優宏(神奈川)

Posted in Event Coverage on June 23, 2012

By Wizards of the Coast

 ラウンド4を迎え、3Byeプレイヤーたちの名前がペアリングボードに書き込まれたことで、ようやくすべての参加者がトーナメントフィールドに出揃う。著名人同士のマッチアップが頻発する中から、近頃好調子な二人のゲームに注目してみた。

菅谷 裕信

 先日のグランプリ・マニラ2012において渡辺 雄也(神奈川)が優勝したことは記憶に新しいが、同大会において唯一、予選ラウンドで渡辺が敗北を喫したプレイヤーこそが菅谷 裕信(千葉)だ。グランプリ・マニラ2008の優勝者として知られる菅谷は、当時最強を謳われた全盛期の八十岡 翔太(東京)を下してチャンピオンの座に輝いている。

 これらの勝利に菅谷は、「まあ、マニラだったからね。地理的に相性がいいからさ」と謎の謙遜を返すが、マニラだろうとラッキーだろうと、プロプレイヤーレベル最高位の渡辺や八十岡を倒すのは容易なことではない。

 今回は残念ながらマニラではなく横浜であるため地理的な加護(?)は受けられないかもしれないが、ならばこそいっそう今大会での勝利には価値があるだろう。

 そんな決意を胸に秘めた菅谷を迎え撃つのが、グランプリ・神戸2012における鮮烈な勝利が記憶に新しい平賀 優宏(神奈川)だ。八十岡と渡辺を打ち破った経験を持つ菅谷だが、その点で言えば平賀も負けていない。彼はプレーオフの後に行弘 賢(和歌山)と渡辺を下して先のグランプリ・神戸での優勝を決めているのだ。八十岡と渡辺と同様に、行弘もプラチナレベルというプロプレイヤーレベルでの最高位のプレイヤーである。ジャイアントキリングは平賀も十八番。

 プラチナキラー同士、グランプリチャンピオン同士の苛烈なゲームが期待される。

ゲーム1

R4_sugaya_VS_hiraga.jpg

 二人はゲーム前にガッチリと握手をかわし、ダイスロールに勝利した平賀の先手でゲームが始まった。

 やや緊張した面持ちの平賀は丁寧な手つきで《湿地の干潟/Marsh Flats》から《血の墓所/Blood Crypt》をフェッチすると、「赤マナを出します」と宣言して《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》をプレイした。

 それを静かにみつめた菅谷は《金属海の沿岸/Seachrome Coast》を戦場に出して平賀の攻撃に備えた。

 2ターン目に平賀は《闇の腹心/Dark Confidant》を慎重に差し出し、菅谷に《呪文嵌め/Spell Snare》への伺いを視線で送る。菅谷はその視線を淡々と受け流すと、エンド前の《四肢切断/Dismember》で除去して平賀に優位は渡さない。

 しかし、平賀の攻めは強烈だった。《夜の衝突/Bump in the Night(ISD)》2枚と《稲妻/Lightning Bolt》を、カードの効果とは対照的な仕草で平賀は1枚ずつテーブルに並べていくと、カウンターのない菅谷のライフはもう僅かしか残されていない。

 前方の火力呪文と後方の《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》。一気に壁際まで追い込まれた菅谷は《聖トラフトの霊/Geist of Saint Traft》に逆転の策を求めるが、平賀の墓地に《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》を2回起動するだけのカードが有ることと自身に残された4点のライフ確認すると、サイドボードに手を伸ばした。

菅谷 0-1 平賀

ゲーム2

平賀 優宏

 落ち着いた二人の挙動から短くないゲーム内容に思えたが、決着がつくまでの所要ターンはわずかに4ターン。高速のコンボデッキが制限されているとはいえ、モダンというフォーマットのスピードには改めて驚かされる。

 そしてまた、このゲームも電光石火の展開を見せた。

 《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》から《タルモゴイフ/Tarmogoyf》と並べた平賀は、菅谷の《流刑への道/Path to Exile》と《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》という妨害を受けるも、《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks》は《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》で退け、2枚目の《タルモゴイフ/Tarmogoyf》と《苛立たしい小悪魔/Vexing Devil(AVR)》で菅谷を追い詰める。

 《苛立たしい小悪魔/Vexing Devil》は4点のダメージを甘受して退場させた菅谷だが、如何せん《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》と《タルモゴイフ/Tarmogoyf》が止まらない。

 さらに平賀は2枚の《稲妻/Lightning Bolt》でごっそりと菅谷のライフを奪い去ると、もはや菅谷の《修復の天使/Restoration Angel》は《タルモゴイフ/Tarmogoyf》のチャンプブロッカーにしかならない。平賀は冷静に菅谷のライフが5点であることを確認し、ゆっくりとした手つきで《裂け目の稲妻/Rift Bolt》を打ち込んだ後に《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》を起動した。

菅谷 0-2 平賀

By Jun'ya Takahashi

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All