Round 4: 長岡崇之 vs. 信下淳

Posted in Event Coverage

By 松井健治

バイ明けの 4 回戦に対峙するのは、京都のデッキビルダーである長岡と、岐阜のトッププレイヤー、信下である。
信下は今回のグランプリでももちろんバイを 3 つ持っているのだが、長岡は 1 であるような話をし、信下はしかめ面である。
それもそうである、バイを 1 つしか持たない人間がここにいるということは、ここまで勝ちあがってきたと言う事。
それは、その本人、そのデッキが良いデッキであるという証拠でもあるのだから。

Game 1

信下の先手でゲームは始まるが、山と沼で止まったしまったのを後目に、長岡が《 Wild Mongrel 》で攻撃を開始。
少しすればお互い土地はそろって来るのだが、信下のがブロッカーとして用意した《 Springing Tiger 》は《 Syncopade 》されてしまい、長岡に完全にコントロールされている。
信下の残りライフが 6 になった頃に、苦し紛れの《 Acceptable Losses 》を打って Mongrel を除去したのだが、返す長岡のターンに《 Aven Windreader 》を 2 ターン立て続けに呼び、これを処理する事の出来ない信下は 1 本落とすことになる。

長岡 1 - 0 信下

Game 2

2 戦目も信下の先手でゲームは始まるが、相変わらず展開が遅く、後手の長岡は《 Diligent Farmhand 》《 Cephalid Scout 》《 Nantuko Elder 》と綺麗にデッキが展開。

信下のデッキは決して弱くはないのだが、あまりに重いカードが多すぎるため、長岡の軽いデッキには苦戦を強いられることになる。
除去はカウンターされ、とどめの《 Elephnt Ambush 》を《 Morment Peace 》で耐えることしか出来なかった信下は、最後に呼んだブロッカーを無惨にもバウンスされ、信下は勝負に敗れた。

一体、信下の《 Kamahl, Pit Fighter 》はどこへ行ったのだろうか?

Win 長岡 2 - 0 信下

Nobushita Jun

Download Arena Decklist

Nagaoka Takayuki

Download Arena Decklist

Latest Event Coverage Articles

November 4, 2019

Grand Prix Lyon 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Lagarde, Antoine [FR] 49 $7,000 2 Gonzalez Hidalgo, Francisco Jose [ES] 43 $3,500 3 Ramboa, Thierry [FR] 41 $1,7...

Learn More

November 4, 2019

Grand Prix Nagoya 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Kumagai, Riku [JP] 39 $7,000 2 Zhi, Yimin [CN] 42 $3,500 3 Saito, Toru [JP] 39 $1,750 4 Mihara, Makihito [J...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All

We use cookies on this site to personalize content and ads, provide social media features and analyze web traffic. By clicking YES, you are consenting for us to set cookies. (Learn more about cookies)

No, I want to find out more