Round 4: Michael Pustilnik vs. Noah Boeken

Posted in Event Coverage

By 景山太郎

 プロツアーロサンゼルスのチャンピオン Michael Pusilnik とABU のレギュラーメンバー Noah Boeken との一戦。 Pustilnik は緑赤白。 Boeken は緑黒青。

Game 1

 緑マナを引かずにやや苦しむ Boeken 。《沼の漂流物/Bog Wreckage》を《地図作り/Cartographer》で使いまわし、《野生の雑種犬/Wild Mongrel》をキャストするが、《森》を引いてこず、かなり苦しい状況。一方 Pustilnik は《精励する農業労働者/Diligent Farmhand》の助けもあり、白赤緑の3色を早い段階で揃えることに成功し、《くすぶり獣/Ember Beast》や《飛びかかる虎/Springing Tiger》を展開。押し気味にゲームを進める。
 Boeken は少しでも状況をよくしようと《地図作り》《野生の雑種犬》《オタリアの巨大戦車/Otarian Juggernaut》の3体で《飛びかかる虎》をブロック。この場合《オタリアの巨大戦車》と《地図作り》だけでもいいように思われるが、Pustilnik の場には《野生の雑種犬》が存在するため、Pustilnik は手札を捨てるだけでいつでもスレッショルドにできる。そのことにより《飛びかかる虎》が 5/5 クリーチャーになってしまうのを警戒してのプレイングである。だが、Pustilnik はそれだけでなく手札の《筋力急伸/Muscle Burst》をキャストし《飛びかかる虎》をさらに大きくする。しかも墓地に2枚の《農業労働者》が落ちているため、《筋力急伸》は+5/+5 の修正を与える。これにより《とびかかる虎》は10/10になり、Boeken のブロッククリーチャーを一掃。押し気味の展開から、圧倒的な展開へと移行する。
 結局この攻防が後々まで響き、Boeken が《森》を手に入れたころには、すでに Pustilnik のクリーチャーが山のようなダメージを与えており、手遅れになっていたのである。

Pustilnik 1 - 0 Boeken

Game 2

 1ゲームめは思ったように土地を引けなかった Boeken だが、この2ゲームめでは、4ターンめまでに3種類の土地を揃えることができた。そこから《小枝を歩くもの/Twingwalker》、《エイヴンの魚捕り/Aven Fisher》、と繋ぐ。 Pustilnik は《エイヴンの魚捕り》を戦闘によって葬り去るが、 Borken は《グレイブ・ディガー》で《エイヴンの魚捕り》を回収し、再び場に戻す。墓地に送られるたびにカードをドローできる《エイヴンの魚捕り》は、使いまわすのにうってつけのクリーチャーだ。
 だが Pustilnik のほうはそれに輪をかけて、いい感じのドローを繰り返す。引いてくるクリーチャーこそ小粒だが、《筋力急伸》や《避難/Shelter》などのカードでサポートし、実戦力以上の活躍をさせ、ジリジリとではあるが、 Boeken のライフを削り、Boeken を追い詰めていく。Pustilnik は全力を使って有利な流れを作っているために、ハンドアドバンテージでは明らかに Boeken に分があるが、それ以外のところでは Borken を圧倒。一気にゲームを決めようとする。
 それに対し Boeken も必死の抵抗を見せ、何とか残りライフが1の状態で踏みとどまる。1体でも Pustilnik のクリーチャーが Boeken のそれを上回った段階でゲームが終了するという、非常に厳しい状況だが、《ワームの咆哮/Roar of the Wurm》などでブロッククリーチャーの数を増やしとにかく粘りまくる。ここにきてやっと Boeken のハンドアドバンテージが生き始めてきた。
 そしてそれは、押しているはずの Pustilnik に大きなプレッシャーを与えることになった。Boekenがわざと見せた隙に引っかかってしまったのである。ブロッククリーチャーが足りないと見せかけて Pustilnik の全軍突撃を誘い、《活気/Vivify》でブロッククリーチャーを増やし、ワームトークンと共にこれを迎撃。Pustilnik のクリーチャーを、この一度の戦闘だけで全て葬り去ったのである。もちろん Pustilnik も何かあるだろうとは思っていた。そう、例えば《一瞬の平和/Moment's of Peace》とか。だが、まさか自分のクリーチャー戦線が崩壊するとは思ってもみなかったのではないだろうか。
 その後は Boeken の2体のワームトークンがほとんど無人の荒野と化した Pustilnik の場を蹂躙し尽くし、boeken が派手な逆転勝利を手中にしたのである。

Pustilnik 1 - 1 Boeken

Game 3

 前のゲームの嫌な負け方を振り払うかのようにPustilnik が序盤からクリーチャーを召喚し続け、Boeken を激しく攻撃する。《野生の雑種犬》を始めとする軽量クリーチャーから、フラッシュバックで出した《ワームの咆哮》まで、大小様々なクリーチャーで Boeken を攻めたてる。結局このゲームは Boeken がほとんど何もできず、そのまま Pustilnik が勝つこととなった。

Final Result: Michael Pustilnik 2 - 1 Noah Boeken 

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All