Round 7: 尹 壽漢(東京) vs.
原野 誉大(神奈川)

Posted in Event Coverage on June 23, 2012

By Wizards of the Coast

R7_harano_VS_yoon.jpg

 尹 壽漢(ユン スハン)は独自のチューンに定評の有る関東のデッキビルダーだ。
 当然今回も、オリジナルチューンの《シルヴォクののけ者、メリーラ》-《出産の殻》デッキを持ってきた。
 今回はあの渡辺 雄也にもデッキがシェアされ、ユン・渡辺ともにここまで全勝で話題となっている。

 原野は神奈川で練習を積むプレイヤーで、友人の家での練習やPWCに積極的に参加している。デッキの調整を繰り返し、グランプリトライアル上海でトップ8に入って自信を付けての参加だ。
 こちらもかなりオリジナルの構成で、根幹パーツは《出産の殻》デッキに似ているのだが、《けちな贈り物》から様々なユーティリティが飛び出す面白いデッキになっている。

ゲーム1

尹 壽漢

 先手を取った原野、手札を少し確認しキープを宣言。《湿った墓/Watery Grave 》からゲームが始まる。一方のユンもノータイムでキープを宣言し、《極楽鳥》をプレイ。両者順調な立ち上がりのようだ。

 《前兆の壁》でターンを返した原野に対して、ユンは少し考えたうえで《出産の殻》をプレイ。戦場に残れば圧倒的な展開となりえる。

 両者同じく《台所の嫌がらせ屋》をプレイするが、ユンは当然《出産の殻》を起動。《台所の嫌がらせ屋》は頑強したうえで、《エレンドラ谷の大魔導師》が登場する。現在は起動マナが無いが、次のターンからは強烈なプレッシャーとなるだろう。
 これには原田もたまらず《流刑への道》を打ち込むが、自身のターンに打ったためマナ差の不利は否めない。
 ユンの《思考囲い》により公開されたのは《謎めいた命令》と《けちな贈り物》、そして土地が2枚。《けちな贈り物》が指定され墓地へ送られる。

 安全を確認したうえで《イーオスのレインジャー》から《臓物の予見者》を2枚手札に加え、さらに《出産の殻》により《イーオスのレインジャー》が《目覚ましヒバリ》に変化。着々とコンボの準備を整えていく。

 既に準備万端となってしまったユンに対して、手札の有効牌が《謎めいた命令》だけではどうしようもなく、力なくターンを返す。

 ユンは《出産の殻》で《極楽鳥》を生け贄に捧げ、《幻影の像》が《目覚ましヒバリ》となり、さらに《シルヴォクののけ者、メリーラ》がプレイされ、どうやっても「無限ライフ」が止められなくなってしまった原野は投了した。

ユン 1-0 原野

ゲーム2

 お互い7枚をキープし、原野は《貴族の教主》からスタート。
 ユンが《新緑の地下墓地》を置き、原野のターンエンドに起動したところで、《エイヴンの思考検閲者/Aven Mindcensor 》が突き刺さる。上から4枚には森も沼も無かったため、土地がただ消えてしまった。

 しかたなく、といった感じで土地を置き《根の壁/Wall of Roots 》をプレイしていくが、原野の側にも《エイヴンの思考検閲者/Aven Mindcensor 》が追加され、クロックが強化されていく。

 ユンもとりあえずという感じで《出産の殻》をプレイするが、ここで《けちな贈り物》から《堀葬の儀式》と《大修道士、エリシュ・ノーン》「のみ」が持ってこられ、それを見てユンはカードを片付けることになった。いわゆる《けちな贈り物》パッケージの一つである。

ユン 1-1 原野

ゲーム3

原野 誉大

 ユンが《出産の殻》から連鎖でのコンボを、原野が《けちな贈り物》による一発勝利をお互いに見せ合ったところで3本目。

 双方マナクリーチャーをプレイし、原野はユンのドロー後に《ヴェンディリオン三人衆》をプレイする。ここで《出産の殻》を下に送ってしまいクロックが用意できれば、手札の《流刑への道》や《けちな贈り物》、《修復の天使》を構えていける盤石の体制だ。

 …そう、《出産の殻》さえなければ。公開された手札は《エレンドラ谷の大魔導師》、《化膿/Putrefy 》という単品でも強力な2枚に加え、なんと《出産の殻》が2枚!

 片方を下に送ってももう1枚をプレイされてしまうが、しかしそれでも手札に《クァーサルの群れ魔道士》を抱える原野は「1回はしかたない」ということで《出産の殻》の片方を山札の下に。そう、ずっと《出産の殻》を起動され続けるような状況よりは、他のカードのほうがマシだ。

 注文通りこのターンに《出産の殻》をプレイしたユンは《根の壁/Wall of Roots 》を生け贄に捧げ、《オルゾフの司教/Orzhov Pontiff 》により《貴族の教主》と《ヴェンディリオン三人衆》は墓地に送る。原野は何はともあれ《出産の殻》は破壊するが、後手に回ってしまっていることは否めない。場には土地しか無いのだ。

 ユンは《エレンドラ谷の大魔導師》を追加し、盤石の体制を目指していく。

 原野は《オルゾフの司教/Orzhov Pontiff 》の攻撃に合わせ《修復の天使》を場に出してみるものの、ここには見えている《化膿/Putrefy 》が飛びクロックを作れない。仕方なく、マナが無いうちにと自身のターンに《流刑への道》を《エレンドラ谷の大魔導師》へ。

 一応ながら場にクロックはほぼなくなり、手札にはまだ《流刑への道》を2枚と《けちな贈り物》を抱えている原野。盤石に見えるが土地が4枚で止まっており不足気味なのが難点か。

 と、ここでユンは都合3枚目の《出産の殻》をプレイ!
 仕方なく場に出る前に《オルゾフの司教/Orzhov Pontiff 》を《流刑への道》するが、貴重な除去を使わされてしまっている。ユンは《根の壁/Wall of Roots 》を生け贄に捧げ、《永遠の証人》から《化膿/Putrefy 》を手札に戻す。

 《出産の殻》自体に対処することが出来ない原野は、仕方なく《永遠の証人》を《流刑への道》していく。これまた損な取引だが、場を綺麗にしたうえで《けちな贈り物》が打てれば逆転の可能性は十分にある。

 ユンは生け贄に捧げるクリーチャーを手に入れるために、《罪+罰/Crime // Punishment》の《罪/Crime // Punishment》で原野の《ヴェンディリオン三人衆》を釣り上げ、原野に《けちな贈り物》をプレイすることを強いる。原野も仕方なく注文通りの《堀葬の儀式》《大修道士、エリシュ・ノーン》パッケージを。

 ユンはすぐさま《ヴェンディリオン三人衆》を《イーオスのレインジャー》にして、《臓物の予見者》2枚を手札に加えターンを返す。

 原野は《堀葬の儀式》により《クァーサルの群れ魔道士》を釣り上げ《出産の殻》を割ってみるものの、ユンの《イーオスのレインジャー》と追加された《残忍なレッドキャップ》が止められず、守るカードが引けなかった原野はライフが尽きて無念の投了となった。

ユン 2-1 原野

By Masami Kaneko

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All