Round 9: 東野将幸 vs. 小野田倫久

Posted in Event Coverage

By 松井健治

2 日目第 1 回戦は 99 年日本チャンプ東野将幸と、 00 年日本代表の小野田倫久との対決。 最近は 2 人ともあまり大きな成績を残していないが、昨日は 2 人とも 7 - 0 - 1 と、素晴らしい結果を残して、本日に望んでいる。
だが、全勝から決勝ラウンドに残れないことも十分ありえるだけに、 2 日目の 1 戦目ぐらいは勝っておきたいものである。

Game 1

東野先攻。
立ち上がりはお互いゆっくりで、先に動いたのは 3 ターン目の東野。
小野田の場に青マナが出る土地が《Volcanic Island》のみであったので、これを《Vindicate / 名誉回復》で破壊しようとするが、これを《Force of Will》。
返す小野田のターンに《Waste land / 不毛の大地》で小野田のデッキにとって危険な《Dust Bowl / 黄塵地帯》を破壊し、《Call of the herd / 獣群の呼び声》と、順調に小野田のデッキは回ってるようだ。

順調な小野田のペースを崩すべく、東野も《Gerrerd's Verdict / ジェラードの評決》を 2 回決めて、小野田の手札は 1 まで落ちるが、残った 1 枚は《Fact or Fiction / 嘘か真か》と、アドバンテージを取っては取られのいたちごっこになっている。

最後に残った《Fact or Fiction》を撃ち、スペルの応酬が終わった後には、手札の枚数でこそ負けているが、青いドロー強化が入ったデッキだけあって、手札は充実している。
そろそろ攻撃をはじめる時と、小野田は《Call of the herd》を 2 ターン連続で唱え、クロック完成と思われたが、ここで東野の手札で腐っていた《Pernicious Deed / 破滅的な行為》 3 枚が猛威を振るいだす。
1 枚目こそカウンターすることが出来た小野田だが、 2 枚目が通り、象トークンが消え去ってしまう。
そこにもう 1 押しと、《Morphling / 変異種》をキャストするが、これも 3 枚目の《Pernicious Deed》によって破壊されてしまう。

この間に《River Boa / リバー・ボア》でこつこつ削り、それをなんとか《Wrath of God / 神の怒り》で除去するのだが、その返す東野のターンに当然スレッショルドしている《Mystic Enforcer / 秘教の処罰者》が通り、攻撃を始めようとすると、小野田の手札にこれを処理するカードはなにも用意されていなかったのだが、《Fire + Ice / 火 + 氷》でタップし、《Swords to Plowshares / 剣か鋤か》をトップデッキし、なんとか除去に成功。
だが、東野もまだまだ攻め手を失ってはいない。
返すターンに《Call of the herd》をキャストし、流石にもうどうすることも出来ないのか、小野田はそのまま象トークンに殴りきられる事になった。

東野 1 - 0 小野田

Game 2

小野田の先攻。
1 ターン目に東野の置いた《Treetop Village / 樹上の村》を《Waste land》で破壊し、しっかりデッキとして動いているのだが、 3 ターン目の《Spectral Lynx / 幽体オオヤマネコ》を処理できず、ぽこぽこ殴られる事となる。

《Phyrexian Furnace / ファイレクシアの炉》、《Call of the herd》と通り、万全な状態となった東野の対し、返すターンに小野田はサイドボードから投入した《Orth of Druids / ドルイドの誓い》をキャスト。
この事態を大体予測していたのか、東野はさくさくとクリーチャーを並べだし、小野田の《Orth of Druid》が回りだす。 これで出てくるのが《Spike Weaver / スパイクの織り手》。

これで万全と、ターンエンドを宣言すると、エンドステップに東野は《Diabolic Edict / 悪魔の布告》で《Spike Weaver》を除去しようとしてくるが、これをカウンターで守る小野田。

返す東野のメインで《Vindicte》を《Orth of Druids》に撃ち、ロック解除に成功。
このまま勝負がつくかと思われたが、《Spike Weaver》で 3 ターン耐えている内に《Wrath of God》を小野田が引き当て、そこから《Call of the herd》と《Morphling》で強引に押し切ろうとするが、東野がブロッカーとして用意した《Mystic Enforcer》をカウンターすると、次に《Pernicious Deed》が通ってしまい、これでまた場にクリーチャーが 0 に戻る。

そこから、小野田は手札から続々と《Call of the herd》や《Spike Weaver》を呼ぶのだが、東野も《Mystic Enforcer》、《Call of the herd》と、その上に《Diabolic Edice》を撃ち、小野田に反撃を許さない。

序盤に攻撃されすぎた為に、《Sipke Weaver》の能力で耐えることを強要されていくが、ここで 2 枚目の《Orth of Druids》を引き、耐えたか?と思ったが、小野田は手札にクリーチャーを引きすぎたために、《Orth of Druids》を回してもクリーチャーが入っていないのを小野田は理解しているが、これを守り通さないと小野田に勝ち目は無い。
そこに東野が引いてきたカードはなんと、再び《Pernicious Deed》を引きあて、これを小野田が《Force of Will》しようとするのだが、なんと手札には青いカードが無く、マナを支払って打とうとしたのだが、なぜかすぐにこれを手の中に引っ込めた。

なぜ?

《Pernicious Deed》は今、是非ともカウンターしたいのだが、この《Force of Will》を打ってしまうとマナが総て寝てしまい、《Spike Weaver》の能力が使えなくなってしまうのだ!

結局この《Pernicious Deed》はカウンターされず、《Orth of Druids》が流れ、《Spike Weaver》の能力も使いきり、どうにもならなくなった小野田は、《Mystic Enforcer》 に殴りきられる事となった。

Final Result :東野 2 - 0 小野田

Masayuki Higashino

Download Arena Decklist
Instant (10)
4 Swords to Plowshares 4 Tithe 2 Contagion
Other (1)
1 Extended
57 Cards

Michihisa Onoda

Download Arena Decklist

Latest Event Coverage Articles

November 13, 2019

Grand Prix Richmond 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Corrigan, Abe [US] 36 $7,000 2 Duke, Reid [US] 38 $3,500 3 Kiihne, Zachary [US] 38 $1,750 4 Wang, Haotian [...

Learn More

Mythic Championship VI

November 13, 2019

Mythic Championship VI Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Mythic Points Prize Money 1 Strasky, Ondrej [CZ] 37 50 $50,000 2 Damo Da Rosa, Paulo Vitor [BR] 37 42 $20,000 3 Christensen...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All

We use cookies on this site to personalize content and ads, provide social media features and analyze web traffic. By clicking YES, you are consenting for us to set cookies. (Learn more about cookies)

No, I want to find out more