Semifinals Report: Anchans VS Dr.no-right

Posted in NEWS on December 29, 2015

藤田剛史

Draft Coverage

石田格 VS Yen-Chang Lee

両チ-ムの司令塔対決、お互い Flametongue Kavu 入りのリースカラー、デッキ構成も非常に似通った2人の対決だが、「基本的なデッキパワーはこちらが上、ただ Dominaria's Judgment さえ引かれなければ」と戦前の格は有利とも不利ともいえない発言をしていたが、果たして結末はいかに。

Game 1

まずは先手の格が Thornscape Apprentice ・ Samite Pilgrim と快調なすべりだしに見えたが、 Fire/Ice でいきなり 2 体まとめて除去られる。次ターン召喚したクリーチャーも返す刀の Flametongue Kavu で除去られいきなりピンチに陥った格。 その後 2 体目の とゴブリン軍団兵で Flametongue Kavu を抑止、相手も Goblin Legionnaire を召喚してきたところで Flametongue Kavu に対して Goblin Legionnaire をサクリファイス。一端、場を膠着させることを格は選択した。しばらくお互いランドドローを繰り返したが、まず先にトップデッキをしたのは Voice of All を引いた格の方であった。
全く Flying の止まらない Lee のデッキに対してプロテクションのついたこの美しい天使は毎ターン 2 点のダメージを約束してくれた、これで残りライフ 18 の Lee は 9 ターン以内に格のライフ 20 を削りきらなければいけなくなったのである。
相手の地上クリーチャーを止め、 Voice of All でアタックし続ける格。さらに場には Standard Bearer まで登場し、万全の態勢でアタックを続けているかに見えた。しかしその時相手の手札には Dominaria's Judgment が・・・。
ひたすら通らない地上クリーチャーを並べる Lee そして Lee のライフが残り 6 になった時お互いその時が来たのを確信した。メインフェイズにキッカー付きで Explosive Growth を打ってきたのである。 Dominaria's Judgment を打ち全軍アタックをする Lee 合計 21 ダメージをたたき出した Lee は勝利を確信した。しかしここで Lee はとんでもないものを見落としていた。格に場には Goblin Legionnaire と白マナが残っていたのである。かくしていたるの戦前の言っていた通りの結末は、相手の不注意によって回避されたのである。悔やんでの悔やみきれないミスと言えるだろう。

Game 2

今度は Lee が序盤を優勢に進める。Goblin Legionnaire と Pincer Spider で一方的に攻め立てる Lee 。しかし巧みにインスタントを多用し、 Pincer Spider をしとめた格は何とか場を立て直そうとクリーチャーを召喚する。しかし相手もクリーチャーを呼びつづけ優勢は変わらない。またも Voice of All を引き当てるが今度の天使はアタックには出られない状態にまで押されていた。
しかしこれ以上押されると負ける、といったところで格は Shackles と Manacles of Decay をトップデッキしてきた。この 2 枚を引いたことにより相手の攻勢を抑えることに成功し、ついにはまたも天使を攻撃に送り出せる状態にまで場を回復させたのである。またもじわじわ攻撃をする天使、相手も何とか反撃の糸口を見つけようと必死の抵抗を試みるが、格の場に Flametongue Kavu ・ Standard Bearer が登場し、磐石の守りを敷いたところで勝負あり。残りのライフも全て天使が持っていった。

こうなると残り 2 人の内どちらかが勝てばいい訳で、左の森戦を見た格は安堵の表情を浮かべた。 1 本目を Anavolver に Armadillo Cloak というやりすぎとも言えるデュエルで取っていた森は 2 本目も 2 体の Flying クリーチャーで一方的に攻撃を仕掛けていたのである。相手の最後のドローがランドだった瞬間チームの勝利が確定し、そして 3 人にとって夢にまで見た初タイトルに王手をかけたのである。

Ancahans Wins 2 Games to 1

To the Finals!!