準決勝:Sam Black(アメリカ) vs. 北山 雅也(神奈川)

Posted in Event Coverage on March 2, 2013

By Hisaya Tanaka

 ついに準決勝。

 ナヤカラーのビートダウンを擁し、準々決勝であっというまに日比野を下したSam。一方、北山のデッキはオルゾフ。ビートダウンに戦うためのカラーとしては十分だ。果たしてSamの強力ビートダウンを北山は止めることができるのか。

ゲーム1

 スイスラウンド順位による権利で、Samが先攻を選びゲーム開始。2ターン目に《真火の聖騎士》を出すと、北山は《徴税理事》で対抗する立ち上がりとなった。

真火の聖騎士徴税理事

 《真火の聖騎士》が北山のライフを削ると、Samは《爆弾部隊》を展開して《グルールのギルド門》を置いてエンド。一方、北山は《徴税理事》で攻撃すると、《カルテルの貴種》をプレイし強請を行った。

 Samは4ターン目も続けて《真火の聖騎士》で攻撃、《ザリーチ虎》も展開して、北山の攻勢を止めにかかる。一方北山は、4ターン目に何もせずエンド。それを見たSamは、《門の維持》をプレイしクリーチャーのバックアップを図ると、3体での攻撃を行った。《爆弾部隊》のダメージもあってうまくブロックできない北山は、すべてのクリーチャーをスルーし5点のライフを失った。

 しかし北山は、ターンエンドに《忌まわしい光景》で《真火の聖騎士》を除去。返す5ターン目に《ヴィズコーパの聴罪司祭》をプレイし、Samの手札から《債務者の演壇》を除外する。

ヴィズコーパの聴罪司祭債務者の演壇

 これで盤面を制圧したかと思った北山だが、Samはここで《はた迷惑なゴブリン》をトップデッキ。またも3体で攻撃をはかる。「めんどくせーな、このカード」といいながら《門の維持》を一目見ると、北山は《ヴィズコーパの聴罪司祭》と《カルテルの貴種》で《爆弾部隊》をダブルブロック。だがSamは《守られた道》をプレイし、この大隊の維持を図る。この攻撃で北山のライフが6になり、なおますます《爆弾部隊》の1点が大きくのしかかる。

 しかし北山は6マナ目となる土地を置いてエンド。対するSamは《空騎士の軍団兵》を引くと、それを召喚して全軍で攻撃。《爆弾部隊》のダメージは北山に与えられて、そのライフはまず5となった。

 《ヴィズコーパの聴罪司祭》が《はた迷惑なゴブリン》、残りの2体が《爆弾部隊》をブロックし、北山の残りライフは1になるも、直接ダメージを与える《爆弾部隊》をなんとか除去することに成功する。

爆弾部隊

 次のターンで《空騎士の軍団兵》に対する回答として《突撃するグリフィン》をプレイした北山。強請を2回使用してライフを3に回復する。

 Samはもちろん3体で攻撃。飛行クリーチャー同士は相打ちをし、今度は残り2体が《ザリーチ虎》をダブルブロック。手数が尽きてきたSamに無駄な攻撃を仕掛けさせるため、《はた迷惑なゴブリン》は《ヴィズコーパの聴罪司祭》で、生き残るようにするブロック方法だ。そして《ザリーチ虎》は、そのまま《徴税理事》と相打ちとなった。

 ここで《聖堂の金切り声上げ》がプレイされ、北山が盤面を掌握したかに見えた。しかしSamに残された1枚の手札は《瓦礫鬼》!

瓦礫鬼

 さきほど生かされた《はた迷惑なゴブリン》の能力でこの6/6クリーチャーが速攻で攻撃してきたのだ。北山はひとまずブロックをすると、温存していた《守られた道》でお茶を濁す。

 北山はドローをするが何も引けず、《聖堂の金切り声上げ》でアタックするのみ。次のターンのSamの攻撃を《ヴィズコーパの聴罪司祭》と《カルテルの貴種》のブロックでしのぐが、《瓦礫鬼》のサイズは全く止まらない。

 なんとかしのぎきりたい北山は、チャンプブロッカーを出して何ターンも粘るのだが、Samは《破滅のワーム》《闘技》《聖なるマントル》とトップデッキを重ね、しのぎきれずに北山のライフは0となってしまった。

Sam 1-0 北山

ゲーム2

 ゲーム2はSamのマリガンでスタート。先手の北山は7枚をキープした。

 お互いに《カルテルの貴種》と《真火の聖騎士》をプレイし、ゲーム1を思い起こさせる展開。しかしその後はまったく別展開。北山は《宮廷通りの住人》、Samは《くすぶり獣》を召喚した。

 北山が《聖堂の金切り声上げ》を出すと、ここでSamからボムカードの《サンホームのギルド魔道士》が登場。

サンホームのギルド魔道士

 少し考えた北山は、2体目の《宮廷通りの住人》をプレイすると、《くすぶり獣》をタップして攻撃をしかける。これでSamのライフは12となった。

 しかしSamは《闘技》を使い、アンタップ状態の《宮廷通りの住人》を除去すると全軍攻撃。北山のライフを12にすると、《爆弾部隊》を追加してターンを返す。

 地上の戦線が崩壊しかかっている北山は、《聖堂の金切り声上げ》だけでアタックし、何もせずターンを返す。北山がマナと手札を残したのを見て、Samは訝しげな表情で少考をしたが、結局全軍で攻撃をし《爆弾部隊》のダメージを北山に与えた。

 《カルテルの貴種》と《宮廷通りの住人》は、それぞれ《サンホームのギルド魔道士》と《真火の聖騎士》をブロック。すると北山はプロテクション能力を起動して《カルテルの貴種》を守り、《サンホームのギルド魔道士》を討ち取る。

 Samは《冠角獣》を戦場に追加するが、ターンエンドに北山が《処刑人の一振り》を《くすぶり獣》に唱え、脅威の増加を許さない。

処刑人の一振り

 またも自分のターンに何もしなかった北山の挙動に、Samはまたも訝しげな表情。しかしアタックをしないわけにはいかない。《冠角獣》が北山に攻撃を行うと、《カルテルの貴種》がこれをブロック。北山の手札から《天駆ける進撃》がプレイされ、《冠角獣》は一方的に除去されてしまう。

 Samはそれでも後続の《ザリーチ虎》をプレイするが、今度は北山がSamの手札を攻める。残った手札に《不敬の粛清》が突き刺さり、虎の子の《聖なるマントル》が捨てさせられてしまう。

 こうなるとSamが持つゲームを終わらせられるパワーがあるカードは《真火の聖騎士》のみ。ところがこの《真火の聖騎士》も、《守られた道》を駆使した北山に討ち取られてしまい、万事休す。

 2体目の《カルテルの貴種》が追加された次のターン、Samはドローしたカードを少し見るとカードを片付け始めた。

Sam 1-1 北山

ゲーム3

 最後のゲームはもちろんSamが先攻。しかしお互いにマリガンをして6枚でゲームが開始される。

 ところがSamの土地が山2枚でストップ。北山の《カルテルの貴種》は《強盗》で除去するものの、後続に干渉することもできない。

 数ターンにわたってクリーチャーを召喚し続ける北山を前に、Samはただドローゴーするのみ。

 結局一枚も土地を引かないまま、投了することになってしまった。

Sam 1-2 北山

 これで北山が決勝進出。

 2297人ものプレイヤーの頂点を目指して、最後の戦いに挑む。

Latest Event Coverage Articles

March 18, 2019

Grand Prix Tampa Bay 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Pro Points Prize Money 1 Eapen, Roshen [US] 38 8 $7,000 2 Costa, Matthew [US] 37 6 $3,500 3 Demars, Brian [US] 37 5 ...

Learn More

March 18, 2019

Grand Prix Bilbao 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Pro Points Prize Money 1 Matignon, Guillaume [FR] 39 8 $7,000 2 Deltour, Louis-Samuel [FR] 39 6 $3,500 3 Garcia, Joseba Ina...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All

We use cookies on this site to personalize content and ads, provide social media features and analyze web traffic. By clicking YES, you are consenting for us to set cookies. (Learn more about cookies)

No, I want to find out more