モダン・メタゲームブレイクダウン2日目

Posted in Event Coverage on February 22, 2014

By Nate Price

A longtime member of the Pro Tour and Grand Prix coverage staff, Nate Price now works making beautiful words for all of you lovely people as the community manager for organized play. When not covering events, he lords over the @MagicProTour Twitter account, ruling with an iron fist.

原文を読む

 プロツアー『神々の軍勢』初日の記録がまとまった! 今回のプロツアー・カバレージをご覧の皆さんはもうご存知だと思うが、初日を終えて唯一、マイケル・ヘトリック/Michael Hetrickと彼の操る「死せる生」デッキが全勝を果たした。初日を通して驚かされることはいくつもあったが、ヘトリックの大躍進は格別だ。《死儀礼のシャーマン》禁止後、モダンでは墓地を利用するデッキの多くが危機を脱し、追い風を受けている。ヘトリックは今年、自身の配信で「死せる生」に力を入れ、このデッキを手に馴染ませてきた。成功の秘訣は、流れに乗ったデッキとそれに精通するプレイヤーの組み合わせだ。ヘトリックの初日の成績がそれを証明しているのだ。

 ヘトリックだけに留まらず、今大会は「死せる生」を使うプレイヤーたちが目ざましい活躍を見せた。このデッキを選択した14人のうち実に12人が2日目に進出し、2日目進出率で上位を記録しているのだ。2日目に進出したデッキの内訳は以下の通りだ。

アーキタイプ2日目進出1日目時点
Zoo4464
双子2345
メリーラ・ポッド2133
白青赤フラッシュ1929
呪禁オーラ1824
風景の変容1314
親和1222
死せる生1214
ジャンド1027
ストーム912
ブルー・ムーン78
キキ・ポッド710
マーフォーク78
バーン615
感染67
トロン58
アミュレット45
白青コントロール35
フェアリー36
その他2230

 今大会では、明確に「勝ち組」となっているデッキがいくつかある。まず大成功がひと目でわかるのは、コンボ・デッキの数々だ。「風景の変容」は使用者との割合で見ると最も多くのプレイヤーを2日目へ送り出し、「死せる生」がそれに続く。「アミュレット」デッキは5人の使用者のうち4人の2日目進出を支えた。そのひとりがマシアス・ハント/Matthias Huntで、昨日は最終ラウンドまで負け無しだった。「マーフォーク」と「感染」もまた、その強さを見せている。それぞれ初日落ちをひとりしか出さなかった。

 一方で、2日目進出率が芳しくなかったデッキもあった。最も大敗を喫したのは「ジャンド」だったが、これは驚くことではないだろう。27人いた使用者のうち17人が2日目進出を果たせず、これは《死儀礼のシャーマン》がいかに重要であったかを雄弁に物語っている。「親和」も同じような憂き目にあい、使用者のおよそ半分が今日の試合を「見る側」に回っている。「バーン」と「欠片の双子」も大打撃を受け、それぞれ半分のプレイヤーが日をまたぐことができなかった。

 このデータはリミテッド・ラウンドも含まれるため、やや正確性に欠けるところはある――「風景の変容」がこれだけのパフォーマンスを見せた大きな理由は、ここにある。このデッキはチーム「ChannelFireball」の面々が使ったデッキのひとつであり、このチームには世界有数のリミテッド・プレイヤーが所属しているのだ。実際のところ、リミテッド・ラウンドを除外してデータを出し直せば、「風景の変容」は勢力を落とすだろう。

 続けて、2日目に残っているデッキについて、それぞれの初日の勝率を以下にまとめた。

アーキタイプ勝率
白青コントロール75.6%
フェアリー73.3%
ストーム69.9%
ブルー・ムーン65.7%
双子64.6%
バーン63.3%
死せる生62.8%
白青赤フラッシュ62.5%
呪禁オーラ62.2%
親和61.7%
メリーラ・ポッド60%
マーフォーク57.1%
感染56.7%
風景の変容55.4%
キキ・ポッド54.3%
ジャンド54%
Zoo50.6%
アミュレット50%
トロン48%

 ご覧の通り、モダンは《》の入ったデッキが優位を築いている。初日最も高い勝率を誇ったのは「白青コントロール」だ。2日目へ送り込めたのは5人中3人とやや苦戦したものの、彼らは75.6%という強烈な勝率を出した。もうひとつ、驚くべき勝率を叩き出したのが「フェアリー」だ。6人いた「フェアリー」使用者はわずか3人(八十岡翔太、ヨエル・ラーション/Joel Larsson、アレックス・シットナー/Alex Sittner)しか2日目に進出できなかったが、彼らはひたすらに勝利を重ねていった。ほとんどのチームが「フェアリー」の検討を諦めたようだが、この「フェアリー」使いたちが「諦めるべきではなかった」と示したのだ。

 今大会の最大勢力「Zoo」は2日目進出プレイヤー数も最多となったが、同時に勝率は下位を争う形となった。その母数の多さが仇になったところはあるものの、それでも初日を通した勝率が下位という結果は事実だ。このままでは初日と同じ勝率が危ぶまれ、「Zoo」で2日目進出への壁を突破したプレイヤーたちも、結局この先は苦戦を強いられそうだ。

 勝率下位のデッキでもうひとつ驚いたのは、「トロン」のあまりに酷い負けぶりだ。5人の使用者は2日目に向けて奮闘し、リミテッドでも好成績を収めている。しかしモダン・ラウンドでは3-2、3-2、2-3、2-3、2-3と、勝率最下位となってしまったのだ。これは、この環境での「トロン」というデッキの役割を考えると、実はそれほど意外なことでもなかった。「トロン」は「ジャンド」に対して有利が取れる貴重なデッキであり、「ジャンド」一強を抑えるためのくさびで、環境のバランサーであった。現在、その「ジャンド」が……誤解を恐れず言うなら、弱体化した。それに伴い、「トロン」も弱くなったのだ。さらに、「ジャンド」の衰退により「トロン」が最も苦手とする速いコンボ・デッキに追い風が吹いた。これらが組み合わされ、「トロン」は今大会で使うべきでないデッキとなってしまったのだ。

 最後におまけとして、初日の面白いデータを載せておこう。

(全デッキから選ぶ)勝率ランキング第1位
「むかつき」(モダン・ラウンド5戦全勝……1名、4勝1敗……1名――平均4.5勝)

(全デッキから選ぶ)勝率ランキング最下位
トロン(モダン・ラウンド3勝2敗……2名、2勝3敗……3名――平均2.4勝)

2日目に進出した、面白「その他」デッキ
「黒緑抹消者」(リード・デューク/Reid Duke、マット・コスタ/Matt Costa)
「けちコントロール」(ニコ・ボニー/Nico Bohny)
「クラーク族の鉄工所」(石井泰介)
「黒単コントロール」(アルヤン・ヴァン・ルーネン/Arjan van Leeuwen)
「均衡の復元」(アルフォンソ・バルセロナ・カベサ/Alfonso Barcelona Cabeza)
「白赤プレインズウォーカー」(アレクサンドル・オーレヤク/Alexandre Aurejac)


(Tr. Tetsuya Yabuki)

Latest Event Coverage Articles

June 10, 2019

Grand Prix Taipei 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Pro Points Prize Money 1 Kim, Seokhyun [KR] 39 8 $6,000 2 Kihara, Atsuki [JP] 37 6 $3,000 3 Kakumae, Teruya [JP] 38 5...

Learn More

June 3, 2019

Grand Prix Kansas City 2019 - Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Pro Points Prize Money 1 Friedman, Ben [US] 37 8 $6,000 2 Byars, Michael [US] 38 6 $3,000 3 Madick, Turner [US] 37 5 ...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All

We use cookies on this site to personalize content and ads, provide social media features and analyze web traffic. By clicking YES, you are consenting for us to set cookies. (Learn more about cookies)

No, I want to find out more