準決勝: 高橋優太・山本賢太郎 vs Chris Lachmann・Jacob van Lunen

Posted in Event Coverage on July 1, 2007

By NAOKI SHIMIZU

ライフ30のリミテッド・フォーマットで樽元気(神奈川)・金子真実(東京)ペアを4ターンキルしてみせたのはChris Lachmann(クリス・ラクマン)(アメリカ)、Jacob van Lunen(ジェイコブ ベン ルニン)だ。その方法は至って単純だ。3体の《悪性スリヴァー/Virulent Sliver(FUT)》に《陰影スリヴァー/Shadow Sliver(TSP)》によってシャドーを持たせ、10個の毒カウンターを溜めさせたのである。これには樽・金子ペアのキノコデッキも為すすべが無い。

Lachmann、van Lunenペアはこのプロツアーサンディエゴのドラフトをこうしたスリヴァー戦略で勝ちあがってきた。「アドバンテージ環境」と言われた中でただひたすら安いスリヴァーたちをかき集め、双頭巨人戦におけるスリヴァーのパワーを最大限に発揮させたのだ。スリヴァーに関してはもはや彼らの右に出るものはないだろう。

一方高橋優太(東京)山本健太郎(埼玉)のデッキはLachmann、van Lunenのデッキとは対極的に、オーソドックスなアドバンテージ重視型のデッキである。ドラフトレポートでも言及したが序盤さえ凌ぐことができれば勝てる、という形だ。《流動石の抱擁/Flowstone Embrace(FUT)》などの軽い除去やスリヴァーデッキのコンセプトを崩壊させる《乱暴/Rough+転落/Tumble(PLC)》を初手にキープしたい。

シナジー重視か、アドバンテージか。果たしてプロツアーサンディエゴの栄冠はどちらの双頭巨人に輝くか。

Game1
両チーム全員が7枚の初手をキープ。だが高橋の手札には前述したような除去呪文がない。そして先手のLachmann, van Lunenペアが繰り出した行動がこれだ。

《島/Island(TSP)》から《奇声スリヴァー/Screeching Sliver(TSP)》。

通常はこのようなカードはデッキに入らない。だがLachmann, van Lunenペアにとってスリヴァーはどれもこれも初手級の強さなのだ。これは《深夜の魔除け/Midnight Charm(PLC)》で退場するが続いて《筋力スリヴァー/Sinew Sliver(PLC)》《双頭スリヴァー/Two-Headed Sliver(TSP)》が召喚される。これらに対して高橋・山本ペアは除去呪文を唱えることが出来ない。Lachmann, van Lunenペアは更に《双頭スリヴァー/Two-Headed Sliver(TSP)》をして攻撃を続けるが土地が止まってしまう。《サーシの騎士/Knight of Sursi(FUT)》を待機してこれを好機にスリヴァーを捌きに入りたいところだが《覆われた奇異/Veiling Oddity(PLC)》《厚皮のゴブリン/Thick-Skinned Goblin(TSP)》で迎え撃つことくらいしかできない。《精油スリヴァー/Essence Sliver(TSB)》を追加され、更に《厚皮のゴブリン/Thick-Skinned Goblin(TSP)》も除去されてしまう。
Lachmann, van Lunenペアの攻撃はやまず、《誘導スリヴァー/Homing Sliver(FUT)》も場に送られる。

Two-headed Sliver

高橋は1ターン土地が止まるものの《連合の秘宝/Coalition Relic(FUT)》で回復し、《覆われた奇異/Veiling Oddity(PLC)》に《新緑の抱擁/Verdant Embrace(TSP)》をエンチャントすることにより打開を図る。そして6ターン目、《サーシの騎士/Knight of Sursi(FUT)》の待機が明け、これ以上クロックを作られるわけにはいかない山本はこれを《取り消し/Cancel(TSP)》するが、《太陽の槍/Sunlance(PLC)》で苗木トークンが除去され、さらに追加された《断骨スリヴァー/Bonesplitter Sliver(TSP)》によってパワーアップした5体のスリヴァーたちが、高橋・山本をダイレクトに襲い掛かる。状況から右手を差し出そうとした山本に対し、なんとかならないか、実は助かっていたりしないのか、と制止する高橋だったが、やはりどうすることもできず、二人は右手を差し出したのだった。

高橋優太・山本賢太郎 0-1 Chris Lachmann・Jacob van Lunen

高橋は試合の後こう語る。

「実はあれがソリューション?」
「俺達が喜んで《消えない賛歌/Haunting Hymn(TSP)》を取っていたとき、あいつらはニヤニヤしながらスリヴァーを取っていたんだ」
「もう一回ドラフトしたいんだけど」

そう、こうしてみればまさにLachmann,ven Lunenたちの作戦勝ち。もう一度ドラフトしたいという高橋の台詞もうなずける。
それにしてもこれほどまでにスリヴァーが強かった瞬間は見たことが無い。Lachmann, van Lunen達こそが世界一のスリヴァー・マスター、そしてプロツアーサンディエゴ・チャンピオンだ!

おめでとう、Chris Lachmann, Jacob van Lunen!

Latest Event Coverage Articles

Grand Prix Milwaukee 2018

November 18, 2018

Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Pro Points Prize Money 1 Sullivan, Adrian [US] 39 8 $10,000 2 Lynn, Brian [US] 39 6 $5,000 3 Krut, Isaak [CA] 43 5 ...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All

We use cookies on this site to personalize content and ads, provide social media features and analyze web traffic. By clicking YES, you are consenting for us to set cookies. (Learn more about cookies)

No, I want to find out more