Round 10 : 藤田 剛史(大阪) vs. 有田 隆一(東京)

Posted in Event Coverage on April 20, 2007

By Keita Mori

藤田 剛史

ここまで二敗というラインで奮闘している二人の日本人の対決が注目の対戦に選ばれた。ともに黎明期から大阪のコミュニティで活躍してきた十年選手で、プロツアーシーンでも数々の戦果をあげてきた名手、藤田 剛史(大阪)と有田 隆一(東京)である。藤田は日本マジック界の歴史を語る上で欠かせないキーパーソンであり、有田も4度のプロツアーサンデーを踏みしめている超一流だ。

もっとも、ここでクレジットされているように有田はいまや東京都在住で、かつての「チーム宗男」時代ように藤田たち大阪勢とともにプレイテストしているという間柄ではない。しかし、旧友、あるいは腐れ縁とでも言うべき二人はなごやかに談笑しながら互いのデッキをシャッフルしていた。

もっとも、そのトラッシュトークの内容は北山 雅也(東京)のお株を奪うかのようなボヤキ全開の愚痴合戦でもあった。藤田はブロック構築のプロツアーにおける二日目の戦いがいかに無意味で不毛なものであるかを嘆き、有田は注目の対戦でなかなか勝ち越せないことを嘆いていたのである。

藤田 剛史: 青単色
有田隆一: 青黒コントロール

Game 1

青単色の藤田が多用するトリック「待機」というのは、まさしくこの時のらせん=ブロックのテーマそのものをフューチャーしたゲームメカニズムだ。数々の災厄によって傷ついた多元宇宙ドミナリアの時間軸はもはや崩壊寸前の有様で、そこにタイムホールとでも言うべき「裂け目」が生じてしまった。そして、その「裂け目」から伝説的人物やクリーチャー、あるいは強大な呪文が突如として出現し、多元宇宙に大きな影響を及ぼす。このストーリーラインをゲームの上で具現化したのが「待機」なのだ。

有田 隆一

先手ダブルマリガンの有田の前に、《祖先の幻視/Ancestral Vision》「待機」、《裂け目翼の雲間を泳ぐもの/Riftwing Cloudskate》「待機」と軽快にスタートをきったのが藤田だ。

初手5枚スタートながらも、なんとかマナだけは伸ばして《ファイレクシアのトーテム像/Phyrexian Totem》を展開し、これをクリーチャー化してアタック宣言する有田。これを藤田は《応じ返し/Snapback》で受け流すという攻防であった。

藤田が最初に次元の狭間から呼び出した《裂け目翼の雲間を泳ぐもの》こそ《絞殺の煤/Strangling Soot》で退けることができた有田だったが、《祖先の幻視》によるドロー供給からもたらされた後続、「待機」X=1の《永劫の年代史家/Aeon Chronicler》による手痛い一撃を食らってしまう。

状況を打開すべく有田はをタップするのだが、それを見て藤田もただちにをマナプールに加えた。《滅び/Damnation》が《吸収するウェルク/Draining Whelk》に打ち消され、第一ゲームは幕引きとなる。

藤田-1, 有田-0

Game 2

第2ゲームもマナカーブどおりに呪文を「待機」していく後手の藤田。《祖先の幻視》、《裂け目翼の雲間を泳ぐもの》という緒戦を髣髴とさせる流れだ。対する先手有田は《虹色のレンズ/Prismatic Lens》を置けたものの、第3ターンに土地がストップ。なんとか変異を展開して不満げにターンを返すが、これは藤田の変異と相打ちということになった。裏向きだった二体はともに《ヴェズーヴァの多相の戦士/Vesuvan Shapeshifter》として墓地におかれる。

Psionic Blast

「待機」のあけた藤田の《裂け目翼の雲間を泳ぐもの》を《絞殺の煤》する有田だが、藤田は「裂け目」から3枚のカードを補充し、マナベースを強固にしていく。なんともマナがつまってしまいがちな有田は「瞬速」《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》でのビートダウンに活路を見出したかったが、藤田はドミナリアの英雄《ザルファーの魔道士、テフェリー/Teferi, Mage of Zhalfir》を「瞬速」召喚してブロック宣言。そのゲームプランを打ち砕いた。

順調に手札とマナを伸ばし、藤田がゲームの主導権を握り続けた。有田の後続の変異を《取り消し/Cancel》し、「対消滅」を狙って召喚してきた《テフェリー》も《陰鬱な失敗/Dismal Failure》で許さない。ならば、と有田は伝説的マジックプレイヤーJon Finkelを呼び出し、その上で《ファイレクシアのトーテム像/Phyrexian Totem》を起動してのビートダウンを狙う。

しかし、石像となって現代によみがえった《ファイレクシアの抹殺者/Phyrexian Negator》へと藤田が詠唱した「青い除去」がすべてを決定付け、有田の戦意をくじいた。文字通りに心を折る魔法、《心霊破/Psionic Blast》である。

藤田-2, 有田-0

Latest Event Coverage Articles

October 14, 2019

Grand Prix Bangkok 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Sochurek, Petr [CZ] 37 $6,000 2 Tu, Nan [CN] 37 $3,000 3 Matsumoto, Yuki [JP] 37 $1,500 4 Guo, Cheng [CN] ...

Learn More

October 14, 2019

Grand Prix Utrecht 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Alberyd, Johannes [NL] 39 $7,000 2 Mun, Tian Fa [IT] 39 $3,500 3 Grafensteiner, Tobias [DE] 42 $1,750 4 Joa...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All

We use cookies on this site to personalize content and ads, provide social media features and analyze web traffic. By clicking YES, you are consenting for us to set cookies. (Learn more about cookies)

No, I want to find out more