Round 13 : 浅原 晃(神奈川) vs. Pierre Canali(フランス)

Posted in Event Coverage on April 21, 2007

By Daisuke Kawasaki

ピエール・カナーリ

浅原のメガネが壊れたのは、4月1日の事だった。新しいメガネを買わないのか、という筆者の質問に、浅原はこう答えた。

浅原 「いや、このまま横浜いこうかと。なんかチャネル的なものが発生するかも知れませんし」

いくらなんでも、エイプリルフールだと思った。

二日目を今のところ全勝で折り返した浅原のRound 13の対戦相手は、04-05Rookie of the Yearにしてプロツアー・コロンバス王者のPierre Canali(ピエール・カナーリ/フランス)。彼もまた、この地で表彰されたプレイヤーのひとりだ。

使用しているデックは、赤単ビートダウン。緑マナの出る土地として、《菌類の到達地/Fungal Reaches》が入っているが、これは純粋にマナ加速と、巨大な《分解》のためだけに入っているということだ。

Game 1

先手は浅原。

1ターン目に《大いなるガルガドン/Greater Gargadon》を待機するPierreに対して、浅原は2ターン目に「表向きで」《水深の予見者/Fathom Seer》をキャストする。当然、続くターンには変異が。

どうみても、《ヴェズーヴァの多相の戦士/Vesuvan Shapeshifter》なので、Pierreもすぐさま《分解》。2体目も、《分解》。すると、このドローエンジンを当てにしていた浅原の動きが一気に鈍くなる。

なんとか、《戦慄艦の浅瀬/Dreadship Reef》にカウンターを載せて、《永劫の年代史家/Aeon Chronicler》を待機する浅原だが、このタップアウトの隙に、Pierreが勝負をかけてくる。

《特務魔道士ヤヤ・バラード/Jaya Ballard, Task Mage》をキャストすると、土地のほとんどをサクリファイスして、無理やり《大いなるガルガドン》の待機を終わらせ、2体の《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》とフルアタックしてきたのだ。

壊れたメガネの浅原 晃

《取り消し/Cancel》をリムーブしながらの《応じ返し/Snapback》でなんとかこの難を逃れる浅原だが、しかし、青メインの浅原のデックにとって、《特務魔道士ヤヤ・バラード》はあまりにも脅威である。浅原は、《永劫の年代史家》をブロッカーとして残しつつ、《虹色のレンズ/Prismatic Lens》をキャスト。次のターンには《滅び/Damnation》でリセットする構えを作る。

リセット後に再び登場する《特務魔道士ヤヤ・バラード》。しかし、すでに先ほどの《大いなるガルガドン》降臨でマナソースのほとんどを失っていたPierre。この《特務魔道士ヤヤ・バラード》は虎の子である《菌類の到達地/Fungal Reaches》のカウンターを消費してのキャストであった。いつも色気のある微笑を浮かべているPierreだが、これが、《裂け目翼の雲間を泳ぐもの/Riftwing Cloudskate》でバウンスされると、さすがに苦い顔となる。

《モグの戦争司令官/Mogg War Marshal》で《大いなるガルガドン》が再び場に登場する布石は打ったものの、浅原は、守護神とも言える《影魔道士の浸透者/Shadowmage Infiltrator》を次々と場に送り込み、徐々に場を有利にしていく。

1体は《裂け目の稲妻/Rift Bolt》で除去したものの、《裂け目翼の雲間を泳ぐもの》をコピーした《ヴェズーヴァの多相の戦士》が《菌類の到達地》をバウンスし、浅原の体制が整う前に《特務魔道士ヤヤ・バラード》をキャストするプランが封じられてしまう。

《大いなるガルガドン》が場に登場し、《裂け目翼の雲間を泳ぐもの》がチャンプブロック。《死亡/Dead》で《ヴェズーヴァの多相の戦士》を除去して、一応は優位を築くPierreだったが、この優位は再びの《滅び》でリセットされてしまう。そして、《影魔道士の浸透者》。続いて、《永劫の年代史家》。

なんとか、浅原のライフを削りきるプランを模索するPierreだが、《水深の予見者》によって急速に膨れ上がった《永劫の年代史家》が、《応じ返し》の助けで一気にPierreのライフを削りきったのだった。

浅原 -1 Pierre -0

Game 2

2ターン目にPierreが《大いなるガルガドン》を待機する以外は、しばらくドロー後が続く静かな立ち上がり。

だが、またも2ターン続けてキャストされる《硫黄の精霊》が静寂を破る。手札に《堕落の触手/Tendrils of Corruption》を抱える浅原ではあったが、《大いなるガルガドン》の前ではその効果も半減、いや、それ以下である。

浅原は2体の変異(両方とも《水深の予見者》)を場に送り出すが、《裂け目の稲妻/Rift Bolt》と《捕縛の言葉/Word of Seizing》がこれを除去する。Pierreの場に追加される《特務魔道士ヤヤ・バラード》。

浅原 vs. カナーリ

詰め将棋のように、Pierreは浅原のライフを削っていった。

浅原 -1 Pierre -1

Game 3

《ケルドの匪賊/Keldon Marauders》が、《硫黄の精霊》が浅原のライフを削っていく中、《影魔道士の浸透者》が浅原にカードを与えるべく黙々とアタックを繰り替えす。もたらされたカードが浅原の力となる。2枚の《突然の死/Sudden Death》が《硫黄の精霊》《特務魔道士ヤヤ・バラード》を退け、《大いなるガルガドン》の奇襲を《応じ返し》が防ぐ。

徐々に、だが確実に増えていく浅原の軍勢の前に、いつの間にかライフレースは逆転していたのだった。

浅原 -2 Pierre -1

浅原は、冗談のように本気のことを言う。

Latest Event Coverage Articles

October 14, 2019

Grand Prix Bangkok 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Sochurek, Petr [CZ] 37 $6,000 2 Tu, Nan [CN] 37 $3,000 3 Matsumoto, Yuki [JP] 37 $1,500 4 Guo, Cheng [CN] ...

Learn More

October 14, 2019

Grand Prix Utrecht 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Alberyd, Johannes [NL] 39 $7,000 2 Mun, Tian Fa [IT] 39 $3,500 3 Grafensteiner, Tobias [DE] 42 $1,750 4 Joa...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All

We use cookies on this site to personalize content and ads, provide social media features and analyze web traffic. By clicking YES, you are consenting for us to set cookies. (Learn more about cookies)

No, I want to find out more