Round 16 : 森田 雅彦(大阪) vs. Amiel Tenenbaum(ドイツ)

Posted in Event Coverage on April 21, 2007

By Daisuke Kawasaki

悲願達成なるか、森田

ついに、二日間にわたったプロツアーの予選ラウンドも最終戦。すでに、日本人としては、三田村がトップ8入りを決めているが、残り何人の日本人がトップ8に入れるかは、このラウンドの結果次第という事になった。そして、フィーチャリングエリアには、このラウンドにトップ8入りをかける4敗ラインの日本人3人が呼ばれることになった。

グランプリトップ8回数では世界屈指の森田 雅彦(大阪)。今大会でストラテジー的にはもっとも成功しているデックのひとつと目される藤田 剛史(大阪)謹製の青単ビートを操って、最終戦に希望を託す。

対戦相手は、日本では「天然君」の愛称でも知られる強豪Amiel Tenenbaum(アミエル・テネンバウム/ドイツ)。使用しているデックは、藤田と対極的なストラテジーの「多色化を進めた」青黒タッチ白コントロールである。

Game 1

3ターン目に《ヴェズーヴァの多相の戦士/Vesuvan Shapeshifter》を変異でキャストし、4ターン目に《祖先の幻視/Ancestral Vision》を待機した森田。そのまま、手札に抱えるカウンター用のマナを残しながら、変異でのビートダウンを決行する。

一方のAmielは、黙々と《戦慄艦の浅瀬/Dreadship Reef》と《石灰の池/Calciform Pools》にカウンターを貯め続け、《永劫の年代史家/Aeon Chronicler》をX=3で待機する。

2枚目の変異も追加し、完全に攻勢にまわった森田であったが、ここで《取り消し/Cancel》にバックアップされた2連続の《滅び/Damnation》を耐え切ることができず、一度場がリセットされるのを許してしまう。

こうなると、すでに《永劫の年代史家》を待機しているAmielが有利。森田も2枚目の《祖先の幻視》を待機しつつ、《ヴェズーヴァの多相の戦士》で対抗するが、すでに手札の枚数の差が大きすぎる。

そして、《祖先の幻視》が《永遠からの引き抜き/Pull from Eternity》され、《消えない賛歌/Haunting Hymn》が打ち込まれたことでこの格差は決定的なものとなってしまう。

森田も、一度は《永劫の年代史家》をバウンスするのだが、結局は悪あがきにしかならなかった。

Amiel -1 森田 -0

Game 2

アミエル・テネンバウム

2ターン目に《裂け目翼の雲間を泳ぐもの/Riftwing Cloudskate》、3ターン目に《祖先の幻視》と順々に待機する森田。一方のAmielは、黙々と《戦慄艦の浅瀬》の上にカウンターを貯めていく。

森田は、この《戦慄艦の浅瀬》を、待機のあけた《裂け目翼の雲間を泳ぐもの》で手札に戻そうと試みる。ここで《取り消し/Cancel》同士のカウンター合戦が発生し、結果、森田は目的を果たすのだが、その代償として、《取り消し》が《根絶/Extirpate》されてしまう。

そして、森田の土地が4枚でストップしてしまう。2枚目、3枚目と続々《祖先の幻視》を待機させるのだが、やっと待機の明けた1枚目の《祖先の幻視》は、《取り消し》されてしまい、土地にアクセスできない。駄目押しとばかりに、Amielは《神秘の指導/Mystical Teachings》で《永遠からの引き抜き》をサーチする。

だが、ここで、やっと森田は5枚目の土地、しかも待望の3枚目の青マナである《島/Island》をドロー、《ザルファーの魔道士、テフェリー/Teferi, Mage of Zhalfir》を場に送り出す。これは《裂け目翼の雲間を泳ぐもの》もろとも《滅び》されてしまうのだが、森田の手札には後続の《ザルファーの魔道士、テフェリー》がひかえていた。

この後、Amielは《神秘の指導》を駆使し、二度までも《ザルファーの魔道士、テフェリー》を対消滅させるのだが、森田の4枚目の《ザルファーの魔道士、テフェリー》がキャストされると、もはや打つ手は《堕落の触手》のみとなってしまう。

この時、森田は2体の《裂け目翼の雲間を泳ぐもの》でこっそりとビートダウンを続けていた。そう、《ザルファーの魔道士、テフェリー》に除去を向けざるを得なくなったことで、Amielはこれらに対する策を失ってしまったのだ。《入念な考慮/Careful Consideration》で必死に回答を探すAmiel。そしてたどり着いた2枚の《突然の死/Sudden Death》。

だが、森田は、続いて2枚の変異を場に送り出す。

Amiel "Damnation!!!"

Amielは叫びながら、ライブラリーに手をかけた。しかし、その声は、フィーチャリングエリアにむなしく響きわたった。

Amiel -1 森田 -1

Game 3

森田とテネンバウムの死闘は第三ゲームへともつれこんだ

ここで、IDを主張するAmielだったが、森田はゲームを続ける。

1ターン目2ターン目と連続で《祖先の幻視》を待機する森田に対してAmielは、土地を並べ、カウンターを貯め続けるという、この二日間にこの会場でどれだけ行われたかわからないほどありふれた序盤の展開。

3ターン目に変異をキャストし、ビートダウンを開始する森田。《祖先の幻視》は《取り消し》されるものの、その隙に《ザルファーの魔道士、テフェリー》を場に出す。Amielは《滅び》でリセット。

2枚目の《祖先の幻視》は見事解決に成功した森田。《永劫の年代史家》をX=2で待機、続けて変異(《意志を曲げる者》)をキャストと、じわじわと脅威を場に並べていく。一方のAmielは《入念な考慮》で手札を整理、《取り消し》《滅び》《突然の死》と、いう布陣で森田の後続を待つ。

まずは、《滅び》。このターンエンドに2枚目の《ザルファーの魔道士、テフェリー》を場に追加。今日の森田は、完全に《ザルファーの魔道士、テフェリー》に愛されている。

Amielは、《突然の死》で《ザルファーの魔道士、テフェリー》を対処しつつ、《ウルザの工廠/Urza's Factory》からトークンを生み出し、何とか自分のペースに持ち込もうとする。森田も容易にそれを許すわけに行かず、《永劫の年代史家》を待機し、プレッシャーを与える。

この、均衡が、Amielが《神秘の指導》からサーチしてきた《ザルファーの魔道士、テフェリー》によって崩される。森田の《永劫の年代史家》はただのカード一枚に変わってしまう。

Tendrils of Corruption

《ザルファーの魔道士、テフェリー》に対処するべく、森田は、2枚続けて《裂け目翼の雲間を泳ぐもの》をキャストするものの、Amielが2枚残していた手札は全てカウンター。さっきまで、あれだけ蜜月だった《ザルファーの魔道士、テフェリー》が、今度は完全に森田に牙をむいた形だ。

森田は《塩水の精霊/Brine Elemental》を変異でキャスト、Amielが《神秘の指導》のフラッシュバックでタップアウトするのに合わせて表に返し、1ターンの自由を得る。しかし、ドローがそのチャンスを生かせない。この時、森田は3枚の手札を抱えているのだが、それは全部土地。すでに場に並んでいる分も含めれば、森田は14枚の土地を引いていることになる。引いている時と引かない時の差のなんと激しいことか。結局、この《塩水の精霊》にはさきほどサーチしてきた《堕落の触手》で除去され、ここで延長ターンに突入となってしまう。

森田の次のドローが、またも1ターン遅い《塩水の精霊》であったことで、延長ターン中にゲームが終わらないことが決定的になったのであった。

Final Results: 引き分け

Latest Event Coverage Articles

October 7, 2019

Grand Prix Montreal 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Hayne, Alexander [CA] 38 $7,000 2 Bergerac, Michael [US] 37 $3,500 3 Gauthier, Martin-Eric [CA] 37 $1,750 4 ...

Learn More

September 23, 2019

Grand Prix Atlanta 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Corman-Gill, Cyrus [US] 40 $7,000 2 Blackner, Austin [US] 37 $3,500 3 Tomizawa, Shin [JP] 39 $1,750 4 Stech...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All

We use cookies on this site to personalize content and ads, provide social media features and analyze web traffic. By clicking YES, you are consenting for us to set cookies. (Learn more about cookies)

No, I want to find out more