Round 3 : 大澤 拓也(神奈川) vs. Tiago Chan(ポルトガル)

Posted in Event Coverage on April 19, 2007

By Daisuke Kawasaki

大澤 拓也

今シーズンの開幕戦であったPTジュネーブにおいて、「伝説的な」準優勝を飾り、世界的なリミテッドプレイヤーとしての名声と、その「武勇伝」に新たな1ページを加えた、「不遇の王者」大澤 拓也(神奈川)。

海外のグランプリには積極的に遠征しているにもかかわらず、何故か国内グランプリであるGP京都を欠席したりと謎の多い大澤。その秘密は公私ともに蜜月な小倉 陵(愛知)が握っているともっぱらの評判である。

さて、ここまでの話と一切関係ないが、大澤の対戦相手はTiago Chan(ティアゴ・チャン/ポルトガル)である。プロツアーでのフィーチャリングマッチは基本的にRandy Buehler(ランディ ビューラー)が選んでいるのだが、なんというか「ランディ、狙いすぎ!」なチョイスなのではないだろうか。筆者も喜び勇んでフィーチャリングテーブルへと走ってしまったわけだ。

閑話休題

大澤の使用しているデックは、Round 1で紹介したように、「帝王」森 勝洋謹製「ベイビースター」である。青黒タッチ赤をベースに、サイドボードがJim Roy(アメリカ)を想起させる5色対面メタ祭りというのがメインのコンセプトであるようだ。

一方のTiagoの使用するデックは、同じ3色の黒系コントロールでも、軸を赤によせた《虚空/Void》コントロールである。今回日本人では「華麗なる天才」小室 修(東京)が選択しているが、Tiagoのデックは、メインボードから《呆然/Stupor》や《疫病スリヴァー/Plague Sliver》が投入され、《ファイレクシアのトーテム像/Phyrexian Totem》も4枚という、メタゲームがコントロール対決になると読みきった調整となっている。

森自身をして、「メインではコントロール対決は少しきつい」という「ベイビースター」と、完全に対コントロールにシフトしたTiagoの《虚空》コントロールによる対決。

メタゲームを読みきったTiagoが素直に勝利するか、それとも大澤が圧倒的な相性差を覆すか。

Game 1

お互いが2ターン目に《虹色のレンズ/Prismatic Lens》をキャストするという開幕だったが、大澤の土地が《島/Island》《戦慄艦の浅瀬/Dreadship Reef》なのに対して、先手のTiagoの土地は《島》《ウルザの工廠/Urza's Factory》となにやらきな臭い雰囲気。

そして、Tiagoは3枚目の土地を置けず、《ファイレクシアのトーテム像》でかろうじてマナの伸びが止まるのだけは防げた、という厳しい状況に追い込まれる。大澤は、土地をセットしつつ《影魔道士の浸透者/Shadowmage Infiltrator》をキャストし、一気に優位を築こうとする。

やっと引き当てた土地が、すでに場に出ている《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》と不遇なTiago。2枚目の《ファイレクシアのトーテム像》で無理やりにでもマナを伸ばし、やっとたどり着いた5マナで《永劫の年代史家/Aeon Chronicler》を待機する。この《永劫の年代史家》には1回のアタックの後に《突然の死/Sudden Death》が。

2枚の《ファイレクシアのトーテム像》が殴り始めることができれば、場のクロックで優位に立てるTiagoなのだが、それを可能とするだけのマナがない。

そんな苦しいTiagoの前に登場する、《ザルファーの魔道士、テフェリー/Teferi, Mage of Zhalfir》。大澤も《ファイレクシアのトーテム像》を場に出し、潤沢なマナを背景にビートダウンを決行する。パーマネントに不自由するTiagoは守ろうにも守れない。

Tiagoの希望である2連続の《虚空》を、2枚の《取り消し/Cancel》で打ち砕いたところでTiagoは次のゲームの準備をするのだった。

大澤 -1 Tiago -0

Game 2

Tiago Chan

今度はワンマリガンスタートとなる大澤。マリガン後のハンドは、十分な枚数の土地と《ザルファーの魔道士、テフェリー》というそれなりのもの。一方のTiagoは、《突然の死》以外は全てマナソースという手札をキープ。

Tiagoの《虹色のレンズ/Prismatic Lens》を《古えの遺恨/Ancient Grudge》で破壊したりといった細かい攻防はあったものの、基本的にはただお互いがマナソースを伸ばす淡々としたゲーム展開が続く。均衡をくずすかと思われたTiagoの《ファイレクシアのトーテム像》も、《虹色のレンズ》から緑マナが供給されフラッシュバックされた《古えの遺恨》によって破壊される。

大澤が《ファイレクシアのトーテム像》をキャストすれば、Tiagoも、2枚目の《ファイレクシアのトーテム像》で応戦する。もともとコントロール対決を制する要素となるこのアーティファクト。メタゲームをコントロールに絞って、4枚投入しているTiagoの方が、構造的に有利なのである。

大澤 「ミスでしたね…《虹色のレンズ》なんて壊してる場合じゃなかったですね。《ファイレクシアのトーテム像》に備えるべきでした。」

お互いがマナソースばかり並べるという展開だったが、しかし、Tiagoの場に並ぶマナソースは、前述の《ファイレクシアのトーテム像》に《ウルザの工廠/Urza's Factory》と、ダメージソースにもなりうるマナソースなのだ。

大澤も、カウンターを抱えつつ、2体の《永劫の年代史家》を順に待機させ、《ザルファーの魔道士、テフェリー》につなげるという理想的な動きを見せるのだが、しかし、Tiagoが「たまたま」ひいていた除去が全て《突然の死》という不遇。

最終的には、トークンが大澤のライフを削り続け、刹那持ちの《硫黄の精霊/Sulfur Elemental》がキャストされるに至って、大澤は手札のカウンターを恨めしげに睨み付けるのだった。

大澤 -1 Tiago -1

Game 3

Tiagoの土地事故だったGame 1。

お互いが土地ばかりを引いたGame 2。

となれば、Game 3は?そう、今度は大澤の土地が事故ってしまったのである。

3ターン目まで順調に土地を置いたものの、ここで土地がストップ。《虹色のレンズ》経由で《熟慮/Think Twice》をキャストし、ドローを進める大澤だったが、引いてきた土地が、すでに自身がコントロールしている《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ》という不遇さを発揮する。

結果的には続くターンに土地を引き当て、大澤の土地事故自体は1ターンですんだのだが、ドローを進めるためにタップアウトした隙に、Tiagoの《疫病スリヴァー/Plague Sliver》が場に出ることを許してしまう。

ここで大澤は解決策を引き当てるのだが…それは、またもやタップアウトを余儀なくされる《分解/Disintegrate》であった。この隙にTiagoが打ち込んだ《呆然/Stupor》が、大澤の手札を《吸収するウェルク/Draining Whelk》1枚にまで減らす。

2枚目の《疫病スリヴァー》、そして《永劫の年代史家》待機と立て続けに脅威を連打するTiago。

《永劫の年代史家》に対して《吸収するウェルク》を重ねていった大澤だが、時すでに遅し、というやつだった。

大澤 -1 Tiago -2

Latest Event Coverage Articles

October 14, 2019

Grand Prix Bangkok 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Sochurek, Petr [CZ] 37 $6,000 2 Tu, Nan [CN] 37 $3,000 3 Matsumoto, Yuki [JP] 37 $1,500 4 Guo, Cheng [CN] ...

Learn More

October 14, 2019

Grand Prix Utrecht 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Alberyd, Johannes [NL] 39 $7,000 2 Mun, Tian Fa [IT] 39 $3,500 3 Grafensteiner, Tobias [DE] 42 $1,750 4 Joa...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All

We use cookies on this site to personalize content and ads, provide social media features and analyze web traffic. By clicking YES, you are consenting for us to set cookies. (Learn more about cookies)

No, I want to find out more