Round 9 : Jose Luis Echevarria Paredes(チリ) vs. 三田村 和弥(千葉)

Posted in Event Coverage on April 20, 2007

By Yukio Kozakai

Shadowmage Infiltrator

初日不敗だった2人の頂上対決をお届けしよう。

プレイヤーネームの後ろの国籍欄に「チリ」という国名を書き表したのは、筆者はこれが初めてである。Jose Luis Echevarria Paredes(ホセ・ルイス・エチェバリア・パレデス/チリ)は、プレイヤーとしてのキャリアも、過去に1度GPでトップ8に進出したという以外記録は無く、今大会はPTQを突破しての参戦である。

しかし、「まだ見ぬ南米の強豪」がその後スターへの階段を駆け上がっていく図式は、過去何度もあった。繰り返しになるが、マジック・オンラインの普及により、グローバル・スタンダードとも言うべき、ボーダーレスな世界になっているのだから、もはや驚くことではないのかも知れない。

三田村 和弥は、有田 隆一と75枚全く同じデッキを使用しており、初日7勝1分けで2位につけている。2人合わせて13勝2敗1分けと抜群の安定感を誇っており、初日終了後に、2日目に向けての自信を語ってくれたものだった。

彼らの所属する千葉のコミュニティでは、3月に入ってからというものFNMや草の根大会でブロック構築戦を毎週のように開催しており、その中で練り上げられ、鍛え上げられたデッキは、確かな結果をもって、コミュニティに対して見事にフィードバックを果たしている。

チーム戦である2006年のPTチャールストンでのトップ4というのが、三田村自身がクレジットしているキャリアの全てであり、理論派にして実力派と玄人好みするキャラクターであるものの、戦績の個人戦で際立った戦績は今のところはない。だが、このPT横浜が1つのターニング・ポイントになるのではないかと、期待されているプレイヤーの1人なのは間違いない。

両者のデッキは、もう何度目かになる青黒のミラーマッチだ。

Game 1

Echevarriaの《影魔道士の浸透者/Shadowmage Infiltrator》を三田村が、三田村の変異をEchevarriaが除去し合う立ち上がり。Echevarriaの場に先に《ザルファーの魔道士、テフェリー/Teferi, Mage of Zhalfir》が通るが、これはフェイスアップした《ヴェズーヴァの多相の戦士/Vesuvan Shapeshifter》がしっかりキャッチ。

今度は三田村が《ザルファーの魔道士、テフェリー》を通し、Echevarriaは《ファイレクシアのトーテム像/Phyrexian Totem》《ウルザの工廠/Urza's Factory》と、ソーサリータイミングでは如何ともし難いダメージソースを有し、事実、《滅び/Damnation》で吹き飛んだのは三田村の《ザルファーの魔道士、テフェリー》のみ。

再び《ザルファーの魔道士、テフェリー》にアクセスする三田村だったが、これには《陰鬱な失敗/Dismal Failure》が突き刺さり、1枚きりだった手札に残されていた切り札、《塩水の精霊/Brine Elemental》が落とされ、三田村は小さく舌打ち。

こうなると、俄然《ウルザの工廠》の破壊力は際立ってくる。2/2トークンの群れが三田村を襲い、《影魔道士の浸透者》で守りを固めるも、Echevarriaがプレイした《影魔道士の浸透者》の登場を妨げようとした《吸収するウェルク/Draining Whelk》が再び《陰鬱な失敗》されると、残り時間と相談した上で三田村は投了を宣言した。

Echevarria -1 三田村 -0

Game 2

Draining Whelk

三田村が、早々と《影魔道士の浸透者》でイニシアチブを握る。同系対決では、先手でこのカードをプレイしたほうが圧倒的に優位に立つ。除去するにしても合わせ打つにしても、リアクションしか取れないからである。2マナのカウンターがないというのは、つまりそういう事なのだ。

そして、回答を用意できていないEchevarriaが《ファイレクシアのトーテム像/Phyrexian Totem》を起動し、リソースを失ってまで食い止めたのには、それほどの理由があるからだ。そこで生まれた差が、結果として三田村の「ピクルス」完成につながったわけだが、限定構築環境におけるこの1/3クリーチャーの破壊力がいかなるものか、改めてお分かり頂けたかと思う。

Echevarria -1 三田村 -1

Game 3

今度は逆に、Echevarriaが最速で《影魔道士の浸透者》をプレイする。このパターンはつまり、三田村の大ピンチを予言している。

さらに土地が2枚で止まってしまい、3マナ以上無いと展開が出来ない青黒にとって致命的なロス。続くターンに3枚目の土地を引き当てはしたが、既にEchevarriaの場には《疫病スリヴァー/Plague Sliver》が、《虹色のレンズ/Prismatic Lens》を置けた時には2枚目の《影魔道士の浸透者》がEchevarriaの陣営に加わっていた。

Dismal Failure

黒マナが足りない三田村は《滅び》を打ち込む事は出来ず、何とか出した変異をフェイスアップするもピッチで《応じ返し/Snapback》。ようやく2枚目の黒マナにたどり着いた三田村が遅ればせながら《滅び》を解き放つも、《陰鬱な失敗》が見事に打ち返した。

マナトラブルで敗れた三田村。一方で、「単色による安定感」を打ち出して好発進していた藤田 剛史もフィーチャーエリアに招かれていたのだが、こちらは青単ではどうにもならない《憤怒の天使アクローマ/Akroma, Angel of Fury》を前に敗北を喫した。

多色か、単色か。メリットを表現した初日とはうって変わって、2日目にはそれぞれが抱えるデメリットを早くも明確に表していた。日本勢トップを走っていた2人の敗北。2日目に与えられた試練を乗り越えられるのは、果たして。

Echevarria -2 三田村 -1

Latest Event Coverage Articles

October 14, 2019

Grand Prix Bangkok 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Sochurek, Petr [CZ] 37 $6,000 2 Tu, Nan [CN] 37 $3,000 3 Matsumoto, Yuki [JP] 37 $1,500 4 Guo, Cheng [CN] ...

Learn More

October 14, 2019

Grand Prix Utrecht 2019 Final Standings by, Wizards of the Coast

Rank Player Points Prize Money 1 Alberyd, Johannes [NL] 39 $7,000 2 Mun, Tian Fa [IT] 39 $3,500 3 Grafensteiner, Tobias [DE] 42 $1,750 4 Joa...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All

We use cookies on this site to personalize content and ads, provide social media features and analyze web traffic. By clicking YES, you are consenting for us to set cookies. (Learn more about cookies)

No, I want to find out more