Round 11 Feature Match: Benedikt Klauser VS Olivier Ruel

Posted in Event Coverage

By 森慶太

2000 年世界選手権でベスト 4 を果たしている Klauser と、O'Mahoney-Shwartz 兄弟に次いで有名な兄弟 Duelist である Oliver。Team Challenge 2000 において世界の頂点をとった Black Ops の Ruel あの兄弟の兄貴のほうである。
これだけの顔ぶれとなると 3-0 ないし 2-1 ラインからの 4 戦目かと思えてしまうものだが、実際は 1-2 というライン。通算で 7-3 ということは、まさしく崖っ淵そのものであった。

そして、驚くほど間単に決着のついてしまった一戦でもあった。

Game 1

先手の Ruel がトリプルマリガン。
4 枚の、しかも土地の含まれていないハンドでのスタートではそもそもゲームになるわけもなかった。
結果論として、Ruel は不満の残る 7 枚の初手をキープすべきであったようだ。

Klauser 1-0

Game 2

1 戦目を終えた後の Sideboarding において、どうやら Ruel は 5cG であるらしいことが判明。ちなみに、Klauser は赤緑白のビートダウンデッキである。Klauser の Draft に関する記事が掲載してあるので、興味のある方はご参考にされたし。

1 ターン目にセット沼、2 ターン目にセット Terminal Moraine という立ち上がりの Ruel であったが、今度はここで土地がストップしてしまうという有様。
一方の Klauser はすまなさそうな顔をしつつ、いわゆる鬼回り。2 ターン目に Thornscape Familiar 、3 ターン目に Fires of Yavimaya 、4 ターン目には Quirion Explorer と Yavimaya Barbarian 、5 ターン目と 6 ターン目には Kavu Climber を 2 連続して召喚し、あっさりとゲームに決着をつけたのだった。

Benedikt Klauser 2-0 Oliver Ruel

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All