Round 6 Feature Match: 森勝洋 VS Stephan Valkyser

Posted in Event Coverage

By 森慶太

Stephan Valkyser と言えば、Euro-Alliance を代表する一人でもあったドイツの強豪で、人格者としても知られるという数少ないタイプの得難い人物である。最近では全盛期ほどの時間をマジックにかけている余裕が無いとのことだったが、彼がドラフトしてみせた Waterspout Elemental と Treva ,the Renewer 入りの青白緑デッキはかなりの出来である。
対する森勝洋も、2 枚ずつの Probe と Exclude にはじまる素晴らしいクローシスカラーのデッキを構築しており、戦前から好勝負が期待できるものだった。

Game 1

先手、第 2 ターンに Valkyser から召喚された Spirit Weaver が、このマッチの隠れたMVP であったといって過言ではないだろう。

森勝洋がブロッカーたるべく召喚してきた Trench Wurm と Phyrexian Deliver を Exclude している間に 8 点ものダメージを叩き出し、これによって中盤に森勝洋が制空権を得るべく連打してきた Cavern harpy 、Tower Drake の猛攻を Stormscape Familiar ただ一体でもって未然に防いだからである。

Valkyser が召喚してきた Glimering Angel は Prohibit され、Waterspout Elemental も Exclude されてしまったのだが、Razorfoot Grifin はカウンターされることなく場に登場し、森勝洋のライフを 1 点にまで削りきることに成功した。どのようにかと言えば、森が Probe をキッカーでキャストしたことによってマナを使い切ったタイミングで攻撃し、本体に素通しにされるや否や Explosive Growth でもって 7/7 にまで強大化して見せたのである。

チャンプブロックを繰り返せざるを得なくなった森を尻目に、Valkyser はここぞと Silver Drake を召喚して圧倒的な空力を整備して、勝利を掴み取ったのだった。

Valkyser 1-0

Game 2

大接戦となったのがこの 2 本目。
しかし、ターン数にしてみるとわずか 7 ターンで決着がついてしまったものであった。

先攻を選んだ森は、Nightscape Apperentice 、Stormscape Familiar と続けてアタッカーを召喚したうえで、露骨に Exclude を持っているかのようなプレイを行った。
しかし、Valkyser がこの程度のブラフに左右されるプレイヤーであるわけもなく、Glimmering Angel を第 4 ターンに召喚してきた。

森は Phyrexian Bloodstock を、Valkyser は Silver Drake を召喚して地上対空中でのダメージレースを展開し、ライフが Stephan Valkyser 12 、森勝洋が 15 となった。
Valkyser は 6 ターン目に引き当てた Zanam Djin を召喚し、これに対して森は 3/4 の Djin にむかって 3 体のクリーチャーで突撃することを選択した。Valkyser は「まさか変なことされないよね ?」と呟きながらも Djin で Bloodstock をブロックし、ライフ面の損失を 2 点で食い止めるとともに、実質的な Blood Stock と Silver Drake との 1 対 1 交換を了解した。残り 10 点の Valkyser のライフを削りきるべく森勝洋は Trench Wurm と Phyrexian Deliver を召喚し、自身のライフが 10 点となってしまうのと引き換えに墓地から Phyrexian Bloodstock を取り戻したのだった。

森の側から見れば一気に攻勢に出たわけであるが、Valkyser が 5/6 となった Djin で攻撃を仕掛けてきたあとに召喚したクリーチャー・・・トップデッキした一枚・・・が Treva,the Renewer だったのは大誤算であった。
大攻勢のつもりが一転して崖っ淵となってしまった森勝洋は、自身の第 8 ターンの開始ステップに塚本ばりの長考を行った。

状況を整理すると・・・

森:ライフ 5 ,手札はほとんどゴミ。場には Trench Wurm 、Phyrexian Delver 、Phyrexian Bloodstock 、Nightscape Familiar 、Stormscape Apprentice 。

Valkyser:ライフ 10 ,手札はゼロ。場にはタップ状態の Zanam Djin と召喚されたばかりの Treva,the Renewer 。

Apperentice の能力で Bloodstock をバウンスすれば Treva は除去可能。Familiar が次の Djinn をチャンプブロック出来ればダメージレース的には悪くもない。しかし、 Valkyser が Familiar を除去ないしバウンスできてしまった場合にはこのプランは失敗に終わってしまう。その一方で、もしも森勝洋のドローが Treva を排除できるものであれば、このターンの総攻撃でかたがつく。

そして森は祈るようにドローし、それは Barrin's Unmaking であった !

森は冷静に Apprentice で自分自身をライブラリーに戻し、Treva を Unmaking の適正な対象としてバウンスしての総攻撃で勝利をもぎ取った。

森 1-1

Game 3

第 2 戦を決したトップデックで波にのれるかと思われた森。
しかし、老練な Valkyser はここぞというときに強さを見せつけた。
Gakina's Knight と Silver Drake を高速で展開し、森の召喚してきた Cavern harpy を Prohibit し、Phyrexian Delver を Exclude して押し切ったのである。

Valkyser は森が第 2 戦で見せつけた決断力を褒め称え、しばしの playing に関する議論を交えてから握手を求めたのだった。

Stephan Valkyser 2-1 森勝洋

Latest Event Coverage Articles

December 4, 2021

Innistrad Championship Top 8 Decklists by, Adam Styborski

The Innistrad Championship has its Top 8 players! Congratulations to Christian Hauck, Toru Saito, Yuuki Ichikawa, Zachary Kiihne, Simon Görtzen, Yuta Takahashi, Riku Kumagai, and Yo Akaik...

Learn More

November 29, 2021

Historic at the Innistrad Championship by, Mani Davoudi

Throughout the last competitive season, we watched as Standard and Historic took the spotlight, being featured throughout the League Weekends and Championships. The formats evolved with e...

Learn More

Articles

Articles

Event Coverage Archive

Consult the archives for more articles!

See All