Round 8: Circle Money Draft VS Loafing Giants

Posted in Feature

By 森慶太

先程のフューチャーマッチにおいて Executioners にしてやられてしまった Loafing Giants 。当然トップ 4 に勝ち残ってシングルエリミネーションラウンドに進出することは必須の条件というか、彼らにとっては既定の事実のようなものだ。したがって、Circle Money Draft が提案してきた Intentional Draw を受け入れることはあり得なかったのだった。何せ、勝てばいいだけの話であるからだ。

ちなみに、一方の Circle Money Draft とは Dci トーナメントセンターでひたすらマネー・ドラフトに励んでいる「マネドラ部」の面々である。マニアックな皆さんはその存在をご存知かもしれない。エース格の平林和哉は、PT 東京においてデッキビルダーとしての声望を高めたのことでも知られている。

平林和哉 VS Michael Putilnik

Game 1

赤黒の平林と赤緑黒タッチ白の Pustilnik というマッチアップ。

このエース級同士の対戦は、後手 Pustilnik の 2 ターン目 Quirion Explorer が 3 ターン 平林に Zap で除去されるという立ち上がりを見せ、平林が Phyrexian Slayer をアタッカーとして召喚すれば、Pustilnik は Eladamri's CallFlametongue Kavu をチューターしてきておいた上で Rooting KavuSerpentine Kavu と続けたのだった。

明らかに Pustilnik の地上戦線が充実しはじめ、平林のアタッカーである Slayer は満を持しての Flametongue Kavu でもって排除されてしまい、形勢は圧倒的であるかに思われたのだった。
押され気味の平林は Sepentine Kavu を Shivan Emissary によって除去し、召喚した Urborg Emissary をコストとした Death Bomb でもって Rooting Kavu を葬った上で、キッカーつきでの Phyrexian Scuta を召喚し、戦線をなんとか五分に持ち込もうとした。

しかし、 残りライフが 8 点の平林の陣営に 5/5 の Scuta が待ち構えているところへ「明らかに不自然な」4/2 の Flametongue Kavu での攻撃を行ってきた Pustilnik。平林は腹を括ってこれを本体に通したところ、Gaea's Might がキャストされてしまったのだった。

Pustilnik 1-0

Game 2,3

またしても後手 Pustilnik の Quirion Explorer を 平林が 3 ターン目に Zap するという立ち上がり。平林が先程同様に Phyrexian Slayer を召喚し、第 5 ターンにも Maniacal Rage をエンチャントしたことで今度は平林有利かと思いきや、Pustilnik は Primal Growth 経由で 4 ターン目に Serpentine Kavu 、第 5 ターン目には Darigaaz, the Igniter !! という素晴らしい展開を見せたのだった。しかも、6 ターン目 に Pustilnik が引き当てたのも Flametongue Kavu !! というトップデックっぷりであった。

「・・・さすがに決まったかな」 そんなムードの中、平林は黙々とキッカーで召喚した Scuta で Serpentine Kavu をブロック。スルーせざるを得なかったドラゴンの攻撃によってライフを 7 点にまで削られてしまった。Pustilnik は Darigaaz の能力を起動せずに、Quirion Sentinel を召喚し、赤マナを浮かせて Assault を 4 点のダメージを食らっている Scuta に打ち込んで除去。さらに、Flametongue Kavu でもって 4/4 となった Phyrexian Slayer を撃ち落し、まさに一方的なシチュエーションを作り上げた。

しかし、平林は反撃の刃を研ぎつづけた。
7 ターン目に Soul Burn で Flametongue Kavu を除去し、なんとか Sentinel と Darigaaz の攻撃にも持ちこたえられる状態とした。もちろん、それは Pustilnik が「色」を指定して起動する Darigaaz の特殊能力の「色選択を誤ることを前提として」のことで、ギャンブル性は非常に高かった。そして、Pustilnik が指定したのは「赤」で、平林のハンドは Agonizing DemiseRecover という 2 枚の黒いカードであった。
ともあれ、平林のライフは 1。
6 マナしか残されていなかった平林は、次ターンに Terminate をトップデッキして Darigaaz を、Agonizing Demise でもって Sentinel を葬り去るしかなかったわけで、余裕綽々といった感のプロツアー王者。

しかし、平林はまさしくその一枚をトップデッキした!!!

そこからは圧倒的に平林主導の流れで、Recover(対象:Scuta)→Scuta 再召喚としてアタッカーを調達し、唯一 Pustilnik が召喚できた Stone KavuVolcano Imp を召喚して生贄に捧げての Death Bomb で除去してみせた。もちろん、平林は必要牌をトップデッキしてみせてのこと。
Pustilnik が Alpha Kavu を諦め顔で召喚すると、やはり平林は Shivan Emissary をトップデッキ。 平林はこの一戦をものにしただけでなく、続く 3 本目も凄まじいドローでの勝利を掴み取ったであった。

平林 2-1 Pustilnik

しかし、その直後に星野裕亮がマナ事故を引き起こして Robert Dougherty に敗れ去り、荒井健一郎も Alex Shvartsman が展開した Armored Guardian の前に敗北を認めざるを得なかった。

平林が一人気を吐いた・・・といった感じであろうか。

Loafing Giants 2-1 Circle Money Draft

Latest Feature Articles

FEATURE

June 24, 2022

Double Masters 2022 Release Notes by, Jess Dunks

Compiled by Jess Dunks Document last modified April 4, 2022 PDF Download Links:English | 中国话,汉语;中文 | Français | Deutsch | 日本語 The Release Notes include information concerning the relea...

Learn More

FEATURE

June 17, 2022

Social Play Opportunities in D&D and Magic: The Gathering by, Wizards of the Coast

We're back, following our third and final Office Hours for the Commander Legends: Battle for Baldur's Gate set. We recently welcomed our final set of guests, Game Designer Ellie Rice, Sen...

Learn More

Articles

Articles

Feature Archive

Consult the archives for more articles!

See All