グランプリ・チーム戦の賞金増額について

更新日 Feature on 2013年 9月 25日

By Wizards of the Coast

先日発表された2013年12月に始まるグランプリ個人戦における賞金の増額に続き、グランプリ・チーム戦も同様に賞金額が増額されることが決定しました。

Place Prize Money Pro Points
1 $8,100 6
2 $5,400 5
3–4 $3,000 4
5–8 $2,025 3
9–12 $1,275 2
13–16 $1,125 1
17–20 $1,050 0
21–24 $900 0
25–36 $750* 0
37–51 $600* 0
  • 上記の賞金はチームごとに支払われる額です。
  • プロ・ポイントは個人に与えられるものです。
  • 賞金額の表示は、USドルです。
  • 参加チーム数によって、賞金額は変動します。

2013年11月に行われる、グランプリ・京都を皮切りに最低賞金総計額は4万5千ドルになり、24位(チームの成績)まで賞金が支払われます。グランプリ個人戦と同じように、全体の参加人数によって賞金総計金額は変動します。参加チーム数が400から799チームの場合、賞金総計金額は5万4千ドルで、36位のチームまで支払われます。参加チームが800を超えると、賞金総計金額は6万3千ドルまで引き上げられ、51位チームまで支払われます。

さらに、上位2チームにその後行われるプロツアーへの招待権とその開催地への無償航空券が供与されます。大会の参加チーム数が400を超えた場合は、上位4位チームプロツアーへの招待権とその開催地への無償航空券が供与され、さらに惜しくも上位4位チームから漏れた36ポイント以上のマッチ・ポイントを獲得した全てのチームに、プロツアーへの招待権が授与されます。

この新しい賞金体制は、グランプリ・京都(2013年11月22-24日)よりスタートし、2014年に予定されている4人チーム戦のバルセロナ(2014年2月28日-3月2日)、サンパウロ(2014年5月30日-6月1日)、ポートランド(2014年8月8-10日)、ナッシュビル(2014年10月31日-11月2日)で適用されます。

チームならびの個人グランプリでの賞金額の詳細は こちらでご覧になれます。

最新Feature記事

FEATURE

2021年 9月 16日

『イニストラード:真夜中の狩り』プレリリース入門 by, Gavin Verhey

マジック・プレイヤーのみんなが大好きな次元の1つ、「イニストラード」を再訪するときがきた。 このゴシック・ホラーをテーマにした(吸血鬼に人狼、ゾンビ、スピリット、そしてもちろんそれらに対抗する人間がたくさんいる)不気味な次元は、楽しさとフレイバーに満ちている。私たちは今回、そんなイニストラードの真髄へ回帰する。早くみんなに体験してもらいたくて仕方がないよ。 君たち...

記事を読む

FEATURE

2021年 9月 2日

『イニストラード:真夜中の狩り』メカニズム by, Matt Tabak

多元宇宙の中でも、イニストラードほどその次元の住人たちの恐怖をかき立てるものはありません。私達も怖れるべきでしょうか?もちろん、その必要はありません。なにせ、カードゲームだから。ここは素晴らしい舞台です。だから、『イニストラード:真夜中の狩り』で再び訪れるのです。では、一体どんな能力やメカニズムやキーワードが我々を待ち構えているのでしょうか?その答えを知るただひとつの方法...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る