ブロック・フォーマットの デッキ構築について

更新日 記事 on 2005年 3月 1日

(2014年2月2日更新)

デッキは最低60枚のカードで構築されている必要があります。デッキ枚数の上限はありませんが、補助なしでシャッフルできなければなりません。サイドボードを使用する場合、カードはきっちり15枚でなければなりません。

同一の英語名を持つ基本土地でないカードは、1つのデッキにメインデッキとサイドボードを合わせて4枚までしか入れられません。平地、島、沼、山、森のカード名を持つカードはすべて基本土地です。(アイスエイジ・ブロックの冠雪の平地、冠雪の島、冠雪の沼、冠雪の山、冠雪の森も基本土地です。注意:冠雪の土地はアイスエイジ・ブロックからのエキスパンションの使用が許可されているフォーマットでのみ使用可能です。)

DCI認可のブロック構築フォーマット:

  • テーロス・ブロック(テーロス、神々の軍勢 [2014年2月7日より]、ニクスへの旅 [2014年5月2日より])
  • ラヴニカへの回帰・ブロック(ラヴニカへの回帰、ギルド門侵犯、ドラゴンの迷路)
  • イニストラード=アヴァシンの帰還・ブロック(イニストラード、闇の隆盛、アヴァシンの帰還)
  • ミラディンの傷跡・ブロック(ミラディンの傷跡、ミラディン包囲戦、新たなるファイレクシア)
  • ゼンディカー=エルドラージ覚醒・ブロック(ゼンディカー、ワールドウェイク、エルドラージ覚醒)
  • アラーラの断片ブロック(アラーラの断片、コンフラックス、アラーラ再誕)
  • ローウィン=シャドウムーア・ブロック(ローウィン、モーニングタイド、シャドウムーア、イーブンタイド)
  • 時のらせんブロック(時のらせん、次元の混乱、未来予知)
  • ラブニカ・ブロック(ラブニカ:ギルドの都、ギルドパクト、ディセンション)
  • 神河ブロック(神河物語、神河謀叛、神河救済)
  • ミラディン・ブロック(ミラディン、ダークスティール、フィフス・ドーン)
  • オンスロート・ブロック(オンスロート、レギオン、スカージ)
  • オデッセイ・ブロック(オデッセイ、トーメント、ジャッジメント)
  • インベイジョン・ブロック(インベイジョン、プレーンシフト、アポカリプス)
  • マスクス・ブロック(メルカディアン・マスクス、ネメシス、プロフェシー)
  • ウルザ・ブロック(ウルザズ・サーガ、ウルザズ・レガシー、ウルザズ・デスティニー)
  • テンペスト・ブロック(テンペスト、ストロングホールド、エクソダス)
  • ミラージュ・ブロック(ミラージュ、ビジョンズ、ウェザーライト)
  • アイスエイジ・ブロック(アイスエイジ、アライアンス、コールドスナップ)

ブロック構築トーナメントにおける禁止カード:

構築フォーマットおよびブロック・フォーマットに関する公式情報はマジック:ザ・ギャザリング・トーナメント・ルールを参照ください。