第2回「カードを作るのは君だ!」

更新日 Feature on 2003年 2月 14日

By Mark Rosewater

Working in R&D since '95, Mark became Magic head designer in '03. His hobbies: spending time with family, writing about Magic in all mediums, and creating short bios.

 ステップ1の投票は実に白熱したものとなりましたが、アーティファクトが僅差で白と黒を破りました!

     
アーティファクト 2956 26.20%
2431 21.54%
2394 21.22%
1860 16.48%
1643 14.56%
合計 11284 100.00%

 人々は更なるアーティファクトを求めているようですので、こいつを“ベーコン”ブロックに入れるチャンスを与えるとしましょう。アーティファクトをデザインするというのは実に微妙なことなので、これはなかなか面白いレッスンになると思います。カードには雰囲気と言うのが必要ですが、それは特定の色の雰囲気に偏ったような物ではいけませんし、カードを強力にしたくても、それがどのデッキにも入るようではいけないのです。

 というわけで、ここからがあなたの役目です。2つ目の質問です。

 あなたはこのカードを、アーティファクト・クリーチャー(Artifact creature)にしたいですか? それともクリーチャーではないアーティファクト(Non-creature artifact)にしたいですか?

 投票はもう始まっています。終了は2月23日(日)の24時です(太平洋標準時)。

 登録がお済みでしたら、投票はここをクリックしてください。

 登録がまだでしたら、登録はここをクリックしてください。

 あなたがどちらを選ぶか、非常に興味深く見守らせてもらうとしましょう。

マーク・ローズウォーター

最新Feature記事

FEATURE

2022年 5月 23日

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』のメカニズム by, Jess Dunks

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』では、「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の大人気の冒険が再びマジックへやってきます。このセットではD&Dで最も有名な場所の1つを訪れ、エキサイティングな新メカニズムや「d20を振る」などの人気の再録メカニズム、そしてひと味加えた再録メカニズムも登場します。ですがはじめは詳しく語り過ぎず、背景からお話ししましょう。 背景 ...

記事を読む

FEATURE

2022年 5月 17日

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』をコレクションする by, Max McCall

編注:《正体を隠した者》にはエッチング・フォイル仕様やフォイル仕様が用意されないことをお伝えいたします。 『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』は、フォーゴトン・レルムの重大な岐路となるだろう。そこでは意匠を凝らしたマジックのカードをはじめ、異国情緒あふれる品々が何でも手に入るんだ。 6月10日にお近くのゲーム店やAmazonのような通販サイトで発売されるこの...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る