第3回「カードを作るのは君だ!」――フレイバー・テキスト募集

更新日 Feature on 2005年 9月 22日

By Mark Rosewater

Working in R&D since '95, Mark became Magic head designer in '03. His hobbies: spending time with family, writing about Magic in all mediums, and creating short bios.

Translated by Yoshiya Shindo

 投票が行われ、名前が決まりました。3枚目の皆さんが作ったカードの名前は《記憶への消失/Vanish into Memory》です。以下は投票の詳細です。

カード名 票数 %
記憶への消失/Vanish into Memory 3978 15.5%
夢の塵/Dust of Dreams 3491 13.6%
夢の放浪/Wander in Dreams 3420 13.3%
夢の中の旅/Journey Through Dreams 3196 12.4%
砂の試練/Trial of Sands 2675 10.4%
霊体の巡礼/Astral Pilgrimage 2560 9.9%
夢無き眠り/Dreamless Sleep 1882 7.3%
睡眠術/Somnomancy 1873 7.3%
霊体の逗留/Astral Sojourn 1480 5.8%
夢送/Tranceport 1174 4.6%
合計 25729 100.0%

 ということで、現状のカードはこうなっています。

Vanish into Memory

 残るは1つだけです。ちょっとした文章、いわゆる“フレイバー・テキスト”ですね。我々はカードのテンプレートを若干変更し(先週分と比べてみてください)、なんとか2行分の空間を生み出しました。2行分の長さは英文で80文字(日本語で44文字)になります(もちろん、これにはすべて――文字も句読点も空白も――が含まれます)。このとき、何かを引用するような文章にすると、それには独自の行が要りますから、文章自体は英文で40文字(日本語で22文字)しか入りません。そして、上級セットでは現実世界の引用は使わない規則になっています。フレイバー・テキストを作るヒントとしては、これまでにいくつかの記事が発表されていますから、そちらをご覧になってください。

 他のクリエイティブな要素と同様に、今回も投稿は1人1つだけに限らせていただきます。英文で80文字(日本語で44文字)を越える文は審査対象になりません。締め切りはこのコラムがアップされてから1週間になりますので、9月28日の夜までとさせていただきます。

 皆さんの文章をお待ちしています。準備が出来たら、最後のステップに行くことにしましょう!

最新Feature記事

FEATURE

2022年 5月 17日

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』をコレクションする by, Max McCall

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』は、フォーゴトン・レルムの重大な岐路となるだろう。そこでは意匠を凝らしたマジックのカードをはじめ、異国情緒あふれる品々が何でも手に入るんだ。 6月10日にお近くのゲーム店やAmazonのような通販サイトで発売されるこのセットには、統率者戦ファンにとって素晴らしいカードにあふれている。ここでは、君たちが出会うであろう感動的なも...

記事を読む

FEATURE

2022年 5月 17日

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』 by, Harless Snyder

ようこそ、旅のお方! 長期にわたるダンジョン探索を経て、あなたは休息をとるために近くの街へ向かいました。今日は朝から季節外れの暖かさでしたが、1時間ほど前から空は深い灰色に覆われ、雨も降り出しています。未舗装の道は濡れてぬかるみになり、一歩進むごとにブーツから足が抜けそうです。それでもあなたは、苦心しながらなんとか進みます。疲れ切って凍えそうなあなたの目に宿屋の看板が映...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る