2014年、第4プロツアーが開催されます

更新日 Feature on 2013年 2月 18日

By Wizards of the Coast

原文を読む

 ウィザーズ・オブ・ザ・コーストは、2014年に第4のプロツアーを追加することを宣言致します。このイベントは夏のマジック基本セットの発売に合わせたもので、世界最高のプレイヤーたちの晴れ舞台であるとともに、この新セットに合わせてプレイヤーを活気づける高レベルの機会となります。

 マジックの全世界的な発展、特にイベントへの参加数の増加は、競技マジックへの強い需要を示しています。第4のプロツアーを加えることによって、世界中で開催されるプロツアー予選の数は現在の660から800に増え、何千人ものプレイヤーにプロツアーに参加する機会を与えることになります。プロツアー予選の増加は、また、プロツアーの参加者を約350人に保つことになります。プロツアーを特別なイベントであり続けるようにすることは重要で、そしてこの目標を忘れて拡大していくと多くのプレイヤーにとってのその体験の価値を損なわせてしまいます。

 プロツアーを4回に増やすので、プロ・シーズンの開始・終了時点を再検討することが必要になります。なお、現在の2012年〜2013年シーズンは、プロツアー「ドラゴンの迷路」で終わり、2013年〜2014年のプロクラブ・レベルを設定します。2013年〜2014年シーズンは5月25日〜26日のグランプリ・グアダラハラから始まり、2014年の基本セット・プロツアーで終わります。2014年の夏からは、プロ・シーズンは基本セット・プロツアーの次のグランプリから始まり、その次の年の基本セット・プロツアーで終わりとなります。

 第4プロツアーによってプロ・ポイントが増加することになるので、プロ・プレイヤーズ・クラブのレベルも2013年〜2014年から調整されることになります。2013年〜2014年プロ・プレイヤーズ・クラブの詳細は、4月上旬に告知される予定です。2013年〜2014年シーズンの間も、プロ・クラブ・レベルは細かく監視され、将来のシーズンにおいて4つのプロツアーならびに40以上のグランプリのスケジュールに合わせてプロ・シーズンが調整された場合に変更される可能性があります。

 第4プロツアーは、プロツアーの構築フォーマットに最適のスケジュールの見直しももたらしました。スタンダード、モダン、ブロック構築がプロツアーで行なうにふさわしい構築フォーマット3つなので、その中でどれか1つを2回行なう必要があるということになります。レガシーは世界中でのカード入手難度に問題があるので、プロツアーでやるにはふさわしくありません。

 これらを踏まえると、プロツアーで2回行なうべきフォーマットはスタンダードであることは明白です。秋のローテーションはメタゲーム上最も重要なポイントなので、スタンダードのプロツアーを行なうべきタイミングは秋のローテーションの直後と、それから基本セット・プロツアーの後にもう一度ということになります。

 2013年〜2014年シーズンに関しては、プロツアーのフォーマットは以下のようになります。

プロツアー「Friends」 10月11日〜13日 アイルランド・ダブリン スタンダード+ブースタードラフト
プロツアー「Romans」 未定 モダン+ブースタードラフト
プロツアー「Countrymen」 未定 ブロック構築+ブースタードラフト
プロツアー「基本セット」 未定 スタンダード+ブースタードラフト
 

 プロツアー4つへのスケジュール変更に伴い、プロツアー「Friends」ダブリン大会のフォーマットはモダンからスタンダードに変更されました。

 プロツアーのスケジュール再編に伴い、各年4つのプロツアー予選シーズンが存在することになります。2つは構築、2つはリミテッドです。プロツアー予選が、各シーズンにWPNの選ばれた場所約200カ所と、マジック・オンラインで16回開催されることになります。このプロツアー予選の増加により、成長が認められた国々にさらなる機会を与えることができるようになります。

 プロツアーの増加は、マジックの最高のプレイヤー、新しいカード、最高のデッキを世界のプレイヤーに広めることになりますし、世界中にプロツアー予選を増やすことにもなります。プロツアーに参加することを夢見る一般プレイヤーの野心は、プレミア・プレイに欠かせないものです。私たちはこの第4プロツアーによって訪れる光景、そして起こりうるあらゆる可能性に興奮しているのです。

 

(Tr. YONEMURA "Pao" Kaoru)

最新Feature記事

FEATURE

2022年 5月 23日

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』のメカニズム by, Jess Dunks

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』では、「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の大人気の冒険が再びマジックへやってきます。このセットではD&Dで最も有名な場所の1つを訪れ、エキサイティングな新メカニズムや「d20を振る」などの人気の再録メカニズム、そしてひと味加えた再録メカニズムも登場します。ですがはじめは詳しく語り過ぎず、背景からお話ししましょう。 背景 ...

記事を読む

FEATURE

2022年 5月 17日

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』をコレクションする by, Max McCall

編注:《正体を隠した者》にはエッチング・フォイル仕様やフォイル仕様が用意されないことをお伝えいたします。 『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』は、フォーゴトン・レルムの重大な岐路となるだろう。そこでは意匠を凝らしたマジックのカードをはじめ、異国情緒あふれる品々が何でも手に入るんだ。 6月10日にお近くのゲーム店やAmazonのような通販サイトで発売されるこの...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る